森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今まで床柱やフローリングでしか扱った事のなかった『メルバオ(Merbau』ですが、海外ではどういう用途に使われているのでしょうか。まずその特徴ですが、気乾比重が0.74~0.90と非常に重たく沈木である。その硬さの割りに加工性はよくて、乾燥による歪みやねじれも強くない。耐久性も高くて、シロアリなどの虫に対しても高い防蟻性を持つ反面、防腐剤の注入は困難であるというもの。床柱、フローリング、かけら以外での利用実績が無いので、書いていてもいまひとつ実感が湧かないのですが、典型的な硬質系南洋材の1つです。

こういう木の用途として木材事典などに記されている用途は、主に床材、キャビネット、パネル、家具、楽器、挽物、柄、指物、重構造用材など。つまり、メルバオでなければならないというマストな出口は定まってはいないようです。大きな材加工したから際に、黄色いシュウ酸石灰がどれぐらい刃物に影響を与えるのか分りませんが、いろいろ試してみたもののその事がネックとなって用途が広がりきらなかったのかしれません。折角、この木はメルバオだと断定できるポイント付きなのだから、何かもっと『ならではの用途』があってくれると嬉しいのですが・・・

なんて思っていると、先日思わぬところで違った出口に形に加工されたメルバオに出会いました。それがこちらの太鼓の撥(バチ。まあ、これもいわば先日の『シラガシ(白樫) 』からの引き寄せのようにも感じる撥繋がり。これはメルバオが太鼓の撥に向いているから作ったというよりは、たまたまメルバオがあったので、重たくていい音色が出そうなので作ってみたという事でしたが、持ってみればズシリと重く、叩くにもかなりの力が要りそうで、腕っぷしが強い人向き。サイズにもよりますが持った感覚では白樫よりも重く感じました。

増え琴に撥と音色を出す出口繋がりながら、音の良さなどまったく分らない無粋な人間なので、その有効性が見極め出来ませんが、相当力強い音が出るのは容易に想像できます。その太鼓の撥を扱っていらっしゃるのは松山市内で、太鼓や撥、笛、提灯などなど祭りに関する道具を扱っているお祭り道具専門店『まつり屋 田内』さん。店主の田内さんが防災士の資格をお持ちだという事から、昨年店舗を改装されて店の一角では防災用品や非常食、防災無線などの防災用品などの販売も行われています。

このブログでも何度か書いた『ラミンの丸棒』も残った分はすべて田内さんがお買い上げいただき、練習用などの太鼓の撥として販売していただいています。変わった材を売るには、変わった人と変わった出口とのつながりが不可欠!そこで拝見したメルバオは、メルバオならではの出口というわけではないでしょうが、重硬材の用途を考えるヒントになりました。こういう出会いでもないと『今日のかけら』で取り上げにくいのですが、まさかこんな身近なところでメルバオが使われていたとは。常に高い意識で出会いを求め続けることの必要性を痛感しました。メルバオが招いた僥倖。




昨日の続きです・・・東南アジア産のマメ科の広葉樹、『メルバオ(Merbau』が含まれるIntsaia属という種類には、12種類の木が含まれているそうで、私が認識しているメルバオがその中のどれに当たるのかは分りません。製材されて板になったり床柱やフローリングなどの商品になったものしか見たことがないので、大きな板材の状態で見たことはないのに、見たり触った経験は多いという木の1つです。材木屋仲間では、昔からメルバオといえばこれが見極めるポイントというのが伝えられていて、その特徴が分りやすいので、その特徴のある木はメルバオだと認識してきました。

木の材面を見て、黄色いチョークみたいなのがあったらメルバオや、というもの。左の写真は材面をアップで撮ったものですがところどころに黄色い筋状のものが見えると思いますが、これの事です。専門的に言うと、道管の中に黄色のシュウ酸石灰を含んでいる状態なのだそうですが、私には詳しい事は分りませんが、とにかくこれがメルバオを見極めるポイント。とはいえ、35㎜角の【森のかけら】にしてしまったら、そのサイズの中に都合よく「見極めポイント」が入っているものだろうかと、改めてメルバオのかけらを引っ張り出して観察してみると、

わずか35㎜角の立方体の中すべてにちゃんと「見極めポイント」が入っていました。シュウ酸石灰 やシリカなどの鉱物質が含まれている木は結構多くて、南洋材においては大きな特徴の1つにもなっているほどです。代表的な例で言えば、アピトンレンガス、ホワイトメランチ、チーク、タンギールなどなど。チークなどは、シリカの影響ですぐに刃物が切れなくなるので、なるべく刃物を替えたばかりの時には加工しないようにしています。メルバオについてはそういう話を聞いたことがないのは、板として加工する頻度が圧倒的に少ないためか、含まれる好物質の違いか?

科学的な話は分かりませんが、前述したように荒板などの素材で流通しているケースが少ない(特に愛媛ではほぼ皆無)ため、メルバウを鉋で削った経験値が少ないので、話題にならないだけかもしれません。最初に床柱で加工ミスがあった(それをかけらに転用している)と書きましたが、もしかしたら塗装の問題だけでなく、シュウ酸石灰の影響もあったりしたのかも?ルーペで小口から導管を覗いてみると、黄色いシュウ酸石灰がしっかりと詰まっているのがよく分ります。明日は久しぶりに『かけら』以外のメルバオに会った話。続く・・・




今日のかけら♯225【メルバオMerbau マメ科・広葉樹・東南アジア産

別名はクイラー(Kwila)で、昔はこの木に着色した床柱があったのですが、とにかくやたらめったら重たくて、扱うのが嫌だった記憶があります。当時は、何か別の商業名もついていたと思うのですがそちらは失念しました。メーカーの人に、本来の木の名前はと尋ねると「クイラー」だと教えてもらったので、私の中ではずっとクイラーという認識でした。その後、和室の減少に伴い床柱の需要も激減して、クイラーの床柱を見かけることもなくなりました。あれだけ持つのも嫌だったクイラーの床柱も無くなってしまえば妙に懐かしく思ってしまうものです。

それから月日は流れ、【森のかけら】を作ることになって久しぶりにクイラーを扱う事になります。かけらにに使っているのは、昔加工ミスした床柱の一部です。かまぼこ型に加工した表面をガチガチにウレタン塗装で固めているのですが、そこに鑿を入れると、塗装面が弾けたりして使い物にならなくなってしまった床柱の欠品が残っていて、それを転用してかけらを作っています。なので日々かけらとしては目にしたり、触る事があるのですが、角材や板材としてクイラーに出会う事はすっかり無くなってしまいました。

【森のかけら】を作る際にいろいろ調べていたら、一般的にはクイラーではなくて『メルバオあるいはメルバウ)』の名前の方が浸透しているようで、全国各地の木材関係者に訊いてみても、多くの人が『メルバオ』で認識されていました。もの本によると、メルバオとは『マレー語地域におけるIntsia 属の樹種の総称』らしく、元来はIntsia palembanucaという樹種につけられている通称名で、それ以外はメルバオ〇〇などのように呼ばれていることが多いとありました。クイラー(Kwila)というのは、ニューギニアで使われる名称。

フィリピンではイピル(Ipil)と呼ばれるようです。それで、【森のかけら】を作る際に、日本では一般的に認知度の高いメルバオ(Merbauの方に改めることにしました(メルバウとも表示されますが)。業界の中では、『太平洋鉄木』の和名で呼ぶ方も多いかもしれません。気乾比重が0.74~0.90もあり文字通り鉄のように重たい事が名前の由来です。その名が示すように、タイ、インドシナ、アンダマン諸島、マレー半島から東南アジアの島々を経てニューギニアまで広く太平洋に面した国々に分布しています。続く・・・




昨年は、不思議と『クスノキ』にかなりご縁がありまして、地元の神社をはじめ、公園木や街路樹などからもクスノキの丸太が大五木材に沢山やって来ました。大きさも形も大小ですが、一枚板のテーブルに使えるなんてサイズのものはほとんどなくて、建築・家具以外の出口向きの木が主ですが、弊社にとってはありがたいご縁。手に入った丸太はいつものように兄貴分の瀬村要二郎さんの瀬村製材所さんに持ち込んで、全部板に挽いてもらいます。板になったら会社に持ち帰って一枚ずつ表情を確かめながら桟積みして、乾燥させていきます。

なので実際に使えるまでには、長ければ軽く1、2年はかかるので、その頃にはどうやって入手したのか思い出すのに苦労するぐらい。忘れるぐらい乾かせるというのが基本なので、いついつまでに挽かないといけないという事もないので、挽くタイミングはお任せしていたのですが、そしたら今はちょっと忙しいからという事で・・・気がつきばもうすぐ1年(笑)。耐湿性に強いクスノキだからということもあったのでお互い焦ってもいなかったのですが、ようやく挽き始めてもらいました。そのうちの一部が還って来ました。

まあ急いで挽いてもらっても、こちらの保管スペースの都合があるのでボチボチでいいのです。建築に使うような通直な木ではないので、1枚1枚が「癖のかたまり」ですから、私の目で1枚ずつ確認してどういうものがあるのかという事をザックリと認識しておかねばなりません。こんな形のこういう板が欲しいという折角の出口が舞い込んで来てもその存在に気づかないことがあるので、手持ちの材を把握しておくのがなによりも重要。今は簡単に携帯カメラで保存管理できるので全然楽になりました。

昔はカメラで撮ってフィルムで現像に出してたので、時間も費用もかかっていましたので、その頃から考えれば雲泥の差。全部の在庫というわけにはいきませんが、ある程度以上のサイズになれば、画像送りますなんて出来るようになったので特殊な木が売りやすい時代になったと思います。私が入社した頃はイラストでやり取りしてましたので、互いに共通言語や木の知識が求められました。その根底にあるのは信頼関係。こちらの要望を伝えて、その要望に応えられ目利き力が営業マンに求められました。

画像で簡単に確認できるのは便利ですが、それでいいか悪いかはそちらで判断してね、というのは正直なところ営業マンとしては自己存在の否定のようなものなので、自分で売る時もなるべくその木に対する言葉を添えるようにしています。それが最近は送る写真の枚数や量、スピードがどんどん増えていって、言葉を添え忘れたり、間に合わない事も増えていて反省してます。それならせめて『今日のかけら』のリンクだけでも貼り付けつようにしているのですが、そのためにも早く『今日のかけら』完成させないと💦




恥ずかしながら私は『ネズコ(鼠子)』を、【森のかけら】以外に使った事がないので、その材質や特徴がどうだのこうだの説明出来るだけの生の感覚を持っているわけではありません。なのであくまで小さな「かけらのネズコ」を通してのわずかな知見となりますが、その個性的な名前以上に気になるのは、「とにかく軟らかいので傷をつけないように慎重に扱うという事」です。気乾比重0.30~0.42というデータがありますが、今「かけら」にしているものが粗目なせいかもしれませんが体感的にはもっと軽く感じます。

恐らくもっと年輪の詰まったものであればもう少し印象も違うのかもしれませんが、ちょっと黒みを帯びたスギのよう。別名となっているクロベ(黒桧)には、樹皮がヒノキのそれのように少し薄黒い色をしているのと、葉の裏側が桧よりも黒いのでクロベという説や、富山県には分布量が多く、特に黒部川上流域に多く自生している(それが黒部の地名になったとの説もある)からだという説もあるようですが、前の説が有力視されています。個人的には黒四ダム建設の話が映画にもなって好きなので後者を支持します(笑)。

35㎜角のキューブになってしまうと、ネームシールでも貼っていなければよほどの目利きでもなければそれがネズコであると識別出来る人はほとんどいないと思います。むしろ同類のウエスタンレッドシーダー(ベイスギ)との区別は年輪の密度とその特徴的な匂いで容易に判断できると思います。生木の段階ではどうなのかは知りませんが、乾燥したネズコはほぼ無臭。良質で大径木のネズコだと、天井板や長押、建具材、羽目板などの装飾材や飯櫃や桶、下駄や家具などにも利用されるそうですがそんな立派なネズコにはお目にかかったことがありません。

四国の深山にも自生しているようですが、もし伐採されたとしてもスギと一緒くたにされて出材されて、そのまま誰も気づかず、ちょっと雰囲気の違うスギぐらいの感覚で使われている可能性のあるような気がします。時々スギの中にも雰囲気の違うようなものが混じっていることがありますが、もしかしたらその中にネズコも混じったいたのかも。【森のかけら】でも作らなかったら、私もネズコの事を意識することはなかったかもしれません。灯台下暗し。案外すごく身近なところで気づかずに脇をすり抜けている木があるかも?!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up