森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

50歳を過ぎてからは誕生日を迎えるたびに、これからは本当に自分がしたい事をやっていこうと思って来ましたが、今年はその思いがより一層強まっています。いずれあれもしたい、これもしたいなんて考えていましたが、やっぱり健康なうちに本当にやりたい事はやっておかねば後悔すると昨今の状況を見ながら思いを募らせ、過日に立ち上げた『森のかけら400プロジェクト』に傾注しております!そのためブログもしばらく休んだりしておりますが、今自分がやるべき事、自分しか出来ない事はこれと見定め今年中の完成を目指してギアを上げたところです。

という事で現在の進捗状況はどうなっているのかというと、240+プレミア30(36のうち6種類はかぶっているため)の合計270種を一気に400種に増やすという遠大な計画ですが、追加分130種を日本と世界で半分ずつ増やそうと考えています。それで日本の65種のうちおよそ60種はリストが固まり、そのうち53種は解説文も書き終わり、徐々に原材料も集まってきています。この調子だと4月~5月頃には全53種のリストが確定して解説文も書きあがりそうな勢いです。むしろいくつかはリストに入りきらない可能性があるかも。

日本の木に関しては240種以降建築や家具に使う木というよりは灌木や公園木、街路樹など日常生活で樹木としては見かける機会はあるものの、材としては見たこともないというマニアックな世界に踏み込んでいますが、蛇の道は蛇といやつで、三重県のビーバー隊長はじめそちらの世界に精通された方も沢山いらっしゃるので非常に心強いのです。こんな木も手にはいったよと情報をいただくたびに、こんな木もあるのかと【森のかけら】を作り始めた頃の初々しい気持ちで樹木図鑑をめくる幸せな時間を過ごしています。

一方、世界の木については早々に65種のリストは固まったものの、その解説文作りが難航していて資料が集まらなかったり情報が混乱していたりで、リストの選び直しに迫られています。状況によっては追加の130種を日本と世界で同数で分けることも見直すかもしれません。樹種確保以上に関連情報の収集が難しい。現在の進捗度合いは20%といったところ。リストが確定すれば後は加速度を増すと思うのですが、この悩ましい時期がものづくりの最大の愉しみでもあったりします。という事で今年必ず【森のかけら400】完成させます!今やならねばいつ出来る

今まで床柱やフローリングでしか扱った事のなかった『メルバオ(Merbau』ですが、海外ではどういう用途に使われているのでしょうか。まずその特徴ですが、気乾比重が0.74~0.90と非常に重たく沈木である。その硬さの割りに加工性はよくて、乾燥による歪みやねじれも強くない。耐久性も高くて、シロアリなどの虫に対しても高い防蟻性を持つ反面、防腐剤の注入は困難であるというもの。床柱、フローリング、かけら以外での利用実績が無いので、書いていてもいまひとつ実感が湧かないのですが、典型的な硬質系南洋材の1つです。

こういう木の用途として木材事典などに記されている用途は、主に床材、キャビネット、パネル、家具、楽器、挽物、柄、指物、重構造用材など。つまり、メルバオでなければならないというマストな出口は定まってはいないようです。大きな材加工したから際に、黄色いシュウ酸石灰がどれぐらい刃物に影響を与えるのか分りませんが、いろいろ試してみたもののその事がネックとなって用途が広がりきらなかったのかしれません。折角、この木はメルバオだと断定できるポイント付きなのだから、何かもっと『ならではの用途』があってくれると嬉しいのですが・・・

なんて思っていると、先日思わぬところで違った出口に形に加工されたメルバオに出会いました。それがこちらの太鼓の撥(バチ。まあ、これもいわば先日の『シラガシ(白樫) 』からの引き寄せのようにも感じる撥繋がり。これはメルバオが太鼓の撥に向いているから作ったというよりは、たまたまメルバオがあったので、重たくていい音色が出そうなので作ってみたという事でしたが、持ってみればズシリと重く、叩くにもかなりの力が要りそうで、腕っぷしが強い人向き。サイズにもよりますが持った感覚では白樫よりも重く感じました。

増え琴に撥と音色を出す出口繋がりながら、音の良さなどまったく分らない無粋な人間なので、その有効性が見極め出来ませんが、相当力強い音が出るのは容易に想像できます。その太鼓の撥を扱っていらっしゃるのは松山市内で、太鼓や撥、笛、提灯などなど祭りに関する道具を扱っているお祭り道具専門店『まつり屋 田内』さん。店主の田内さんが防災士の資格をお持ちだという事から、昨年店舗を改装されて店の一角では防災用品や非常食、防災無線などの防災用品などの販売も行われています。

このブログでも何度か書いた『ラミンの丸棒』も残った分はすべて田内さんがお買い上げいただき、練習用などの太鼓の撥として販売していただいています。変わった材を売るには、変わった人と変わった出口とのつながりが不可欠!そこで拝見したメルバオは、メルバオならではの出口というわけではないでしょうが、重硬材の用途を考えるヒントになりました。こういう出会いでもないと『今日のかけら』で取り上げにくいのですが、まさかこんな身近なところでメルバオが使われていたとは。常に高い意識で出会いを求め続けることの必要性を痛感しました。メルバオが招いた僥倖。

オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up