森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

いよいよプロ野球も大詰め。前半戦の調子だと愛しの阪神タイガースがそのままぶっちぎりの優勝かと思われましたが、昨年の最下位であった伏兵ヤクルトの脅威の快進撃で攻め込まれて近年稀にみるドラマチックな展開になってきました。日々、阪神が勝ってヤクルトが負けたら勝率がこうなってどうなってと妄想が膨らんで仕事も手につかない有様。26日の阪神の最終戦でも結論が出なかった場合は、11月1日まで結果が持ち越されるという歴史的大接戦!

コロナの影響もあって昨年に引き続き今年も無観客になったり入場制限がかかったりと、宿泊まで含めると早くから予約をしないと甲子園(京セラ)遠征が出来ない地方の虎党にとっては我慢を強いられる1年となりましたが、この時期まで楽しませてもらっれ大満足です!願わくば有終の美を迎えたいところですが、主力選手の怪我や離脱でベストメンバーが組めない中での泥臭い勝利に感激しており、来年以降の黄金時代の到来に期待も膨らみます。髙橋遥人も復帰後は無双の活躍を見せてくれたし、来年は藤浪晋太郎とともに左右のエースとして頑張ってもらいたい!ということで恒例の2021年の私的タイガースの振り返り。

ドラフトでは高知の森木大智が取れたし、2位の鈴木優斗、3位の完全試合男・桐敷拓馬と、上位3人は木にちなんだ選手が選ばれたのは嬉しいというか今後のネタになりそう(笑)。いつもならば甲子園に行って来ましたと、試合の勝ち負けに関わらずブログにもアップするところですが、コロナ禍ということもありちょっと控えておりました。今年の野球観戦は、3月に京セラでオリックスとのオープン戦2試合(この試合で、今年宮城紅林、宗、杉本のブレイクを確信)。6月に甲子園でDeNAとの2連戦、7月に初めての次女と一緒に甲子園で巨人戦、同月松山坊ちゃんスタジアムでジュニアオールスター戦、8月に同球場でヤクルトVS巨人の2連戦と合計8試合。コロナ禍の中では致し方ない数字です。秋にはファームの四国遠征(香川、高知)があるのですが今年はそれも中止。今年はファームも日本一になるほど強かっただけに残念・・・

翌年の日程はだいたい年明けの2月ごろに発表されるのですが(今年はオリンピックもあって早めでした)、日程を見ながら泊まり込みで行ける試合を探すのが恒例の楽しみ。来年こそは甲子園・京セラで最低でも10試合は観戦したいと思っています。そんなに熱入れてたら仕事にならないと思われるかもしれませんが、この熱量が遂に仕事につながることにもなったのですが、それはまたタイガースの祝優勝・日本一のブログででもご紹介します。望めば夢叶う!




愛すべき阪神タイガースが13年ぶりの前半戦首位ターン!2位の読売には2ゲーム差まで肉薄されているものの、新人の佐藤輝明、中野拓夢、伊藤将司選手などの活躍などもあって大いに楽しませていただきました。後半戦も頑張って16年ぶりのリーグ優勝を期待しています。タイガースには熱狂的なファンが多くて、勝っても勝ち方が悪い、負ければ誰それが戦犯だと騒ぎまくるので、監督やコーチ、選手は本当に大変だと思います。首位にいてもこれですから・・・まあ野球の楽しみ方はひとそれぞれですが、今年も最後まで応援していきたいと思っています。 20210727 1

20210727 2 地方ファンとしては昨年からコロナ禍で、思うように球場に行けないのがなにより悲しい。それまで毎年10試合近くはタイガースの試合を観に行っていたのですが昨年はゼロ。今年も京セラのオリックスとのオープン戦の2連戦こそ行けたものの、そこから先はコロナの影響でチケット販売も未定となり我慢の日々。もっとも第二土曜日・日曜日とか祝日の2連休とかにたまたまタイガース主催のゲームが無ければ行けないので、確率はかなり低いのです。しかも今年はオリンピックで変則日程。当初から行けるチャンスはかなり限定されていました。

しかも四国のファンにとっては生で試合を観戦できる貴重な機会であるウエスタンリーグの公式戦(毎年、香川の丸亀市と高知の安芸市で計4試合開催)もコロナの影響で開催が中止となりショック。そんな中でもなんとか6月には今年初甲子園を堪能(横浜DeNAとの2連戦)。7月には長女が奇跡的な確率で当てたプレミアム・グリーンシートで巨人戦を観戦と数少ないチャンスをどうにか生かしています。しかし後半戦は日程的に行けるかどうかは微妙。16年ぶりの優勝が見えて来たら、我慢たまらず会社休んで甲子園に行くという暴挙に出るかも(笑)。 20210727 3

20210727 4 そんなファンにとって嬉しいのは球団がいろいろと練ってくださるイベントやプレゼントです。その中での最大イベントが毎年初夏に開催される「ウルトラの夏」。来場者には限定ジャージなどがプレゼントされ、私もしっかりその恩恵に預かっています。他にも女性限定の来場プレゼントなど企画も盛り沢山。ユニファームなんて何枚も持っているじゃないかと言われたって、こんなもの何枚あってもいいんです!オンラインショップでもサマーセールをしたりと、コロナ禍の来場者制限による収益源をあの手この手でカバー。これは見習わなければ!この精神を弊社でも真似させていただき(前半戦首位のお祝いと後半戦の奮闘期待も込めて)、木工ファンの方向けの『ウルトラの夏木工2021』を開催することにしました!

本日7月27日から8月31日までの期間限定で、オンラインショップのスーパーセールを始め「森のかけら」などの特別企画商品、パプアニューギニア産材、愛媛県産モザイクボード、テーブルなどの家具なども順次出品する予定です。世間はウッドショックで大騒ぎですが、弊社にはそんな騒ぎとは無縁のマイナーは木たちが沢山出番を待っています。オンラインではアップ出来るにも限りがありますので、もっといろいろな木を見たいという方はご来店をお待ちしています! 20210727 5




昨年末に待ち望んでいた郵便物が届きました。送り主は「阪神タイガース」。そうです、阪神タイガースファンクラブの会員証及び入会記念品(継続会員も毎年更新時にもらえます)です。地方に住むファンにとっては、チームとの絆を実感できる大切な瞬間。中身はなにかも分っているものの、開封するときのドキドキ感は格別。毎年これを開けるときは、【森のかけら】にもファンクラブ的なものを作って、商品を買ってもらうたびにポイントを付与するシステムが作れたらいいなと思うのですが、とにかく飽きっぽい(笑)

私は途中で継続するのを忘れてしまって、再入会したので現在は、5年~10年目の「プラチナ会員」。継続10年目になると「ダイヤモンド会員」になります。そこから先は年間プラス3万円を払えば、「ダイヤモンドプラス会員」にもなれて様々なサービスを受けられるのですが、さすがに滅多に観戦に行けない地方ファンにはハードルが高すぎます。きっと熱心な木材ファンの中にも、こういう特別なサービスを受けたいなんて思う奇特な人は少なからずいると思うのです。作ってみたいなあ~『森のかけらファンクラブ』。

会員は会員証に好きな背番号を選んでプリントできるのですが、私は今までずっと鳥谷敬選手の背番号「1」を選んでいました。それが残念ながらああいう形で退団してしまったので、今年からは同じ高橋姓の髙橋遥人の背番号「29」を選択。ユニファームも高橋遥人で揃えています。同じ名前という事もありますが、タイガースの将来の左のエースになって欲しいという希望も込めて。今年は外国人8人体制でシーズンに臨むということで、フロントも並々ならぬ決意を示しています。

戦力整備もほぼ終わり、今年の陣容も見えてきましたので、これから開幕まではファンの妄想タイム!先発は誰それ、中継ぎは、抑えは、スタメンは、とそれぞれに期待数字を乗せていくと軽く100勝を超えて、優勝しかないっ!と悦に入るのがこの時期のなにとりの楽しみ♪ 今年は球団創立85周年の記念の年という事ですが、記念の年であろうがなかろうがファンはいつだって勝って欲しい。自分がそうだから強く思いますが、どんな優秀な営業マンも敵わないのがファン。だって愛に理屈が無いですから!やっぱり『かけらファンクラブ』はいるな!




鳥谷選手の退団と同じく残念だったのが、阪神タイガースの投手陣の屋台骨を10年の長きにわたって支え続けてくれた剛腕ランディ・メッセンジャー選手の引退です。毎年ほぼ200イニング近く投げながらも故障知らずの剛腕は、大の日本好きで遠征に行った各地のラーメンを愛した大和魂を持ったナイスガイでした。今年は開幕から我慢の投球が続いて、ファームでの調整もしながらの投球でしたが、全盛期の勢いは取り戻せませんでした。ランディがいるうちに優勝してほしかったなあ・・・

ほぼ2mの長身のランディと173㎝の梅野選手との身長差30㎝の凸凹バッテリーがもう見れないと思うと寂しい。その梅野選手が、ランディの引退に寄せて語った、「(ランディとバッテリーを組んで)成長させてもらった。感謝しています」の言葉も胸を熱くします。引退試合前の練習ではチーム全員が揃いのランディの背番号54の入ったシャツを着て引退に花を添えましたが、いかにランディがチームメイトから愛された選手だったかが分ります。嗚呼、本当なら鳥谷選手の引退試合も甲子園で壮大にしてもらいたかったなあ・・・

最後の試合後は、家族も呼び寄せて奥様とはグランドでアメリカ人らしく熱い抱擁をして、最後はチームメイトと集合写真。ランディには4人も子どもがいるのですが、引退といったってまだ38歳ですから子どもだってまだ幼い。野球選手としてはひと区切りですが、人生はまだまだこれから。スポーツ選手引退のニュースを見て、その年齢が自分より全然若いのに、と思い出してから随分経って、今はその世代が監督までしているぐらいなのですから。そういえば当初は同じように高身長体型のスタンリッジと見分けがつかなかったことを懐かしく思い出しました。

引退と言えば、敵ながら偉大なプレーヤーであったジャイアンツの阿部選手の甲子園での最後の打席は感動しました。ほぼ同世代の阿部と藤川球児選手のストレート対決にはしびれました!1級ごとに湧き上がる大歓声。うなる豪速球、全身全霊のスイング!グランドに流れるふたりだけの凝縮された時間。故障や挫折を乗り越えた互いのチームの看板選手だかたこそ、そに一挙手一投足にファンが思いを寄せるのです。ふたりが背負ってきた重圧やプライドが交錯する素晴らしい対決でした。勝つ野球も大事ですが、見せる野球も大切。ランディも阿部選手もお疲れ様でした。次のステージでの活躍も期待しています。




私は阪神タイガースのファンクラブ歴も長いのですが、会員には名前の入った会員証がもらえます。そこには自分の名前や会員番号の他に、タイガースのユニフォームの絵があってその背中に自分で選んだ任意の背番号をつけられます。私は入会した時からずっと1番を選んできました。最初に購入したユニフォームの背番号は1番。そう阪神ひと筋の鉄人・鳥谷敬選手です。4年前に鳥谷選手がメジャー移籍するのではと騒動になった時にもこのブログで鳥谷選手への思いを綴りましたが、早いものでもうあれから4年。

メジャー移籍は断念して、そこからまた4年間タイガースの選手として頑張ってもらいましたが、若手への切り替えと年齢のことなどもあり、今年は出場機会も減り主に代打での登場となりました。残念ながら代打でも期待された数字はも残せませんでした。しかしそれでも甲子園で、「代打、鳥谷敬」とアナウンスされた時の歓声はいまだにどの選手よりも大きく激しい。背番号1番をつけたユニファームを着ている観客のなんと多い事か。それだけ多くのファンが、甲子園で鳥谷選手を観たいと思っていることの証です。

しかし、江夏、田淵、掛布とかつてのミスタータイガースと球団の軋轢の類に漏れず、鳥谷選手も最後は不本意な形での退団となってしまいました。長年応援してきたファンとしては実に残念。長女と観た試合は最終戦ではありませんでしたが、凡打に倒れても場内からは拍手が送られていました。そしていよいよ阪神での最終戦、球場では観ることが出来ませんでしたが、代打で登場するともの凄い歓声に包まれ異様な盛り上がり。その後もショートの守備に就いて、阪神タイガースの選手としての鳥谷敬の姿は見納めとなりました。

仲間からの胴上げの誘いに対しても、引退するわけじゃないんだからと拒む姿も鳥谷らしい。ベンチに引き上げた後も無人のグランドに響く鳥谷コールに1度だけ現れ、軽く帽子を脱いで会釈するクールっぷり。そして鳥谷がベンチの奥に引き上げたいよいよ最後、オーロラビジョンに『今までも、これからもずっと、君がヒーローだ。鳥谷 敬』の文字が・・・。それを見た瞬間、涙が溢れそうになりました。ありがとう、不屈の名ショート、鳥谷敬。私の中ではずっとずっと君がヒーローだ!!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up