森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

兵庫県立美術館の屋外スペースに出ると、高さが2mを超える巨大なリンゴのオブジェがあります。これは同館を設計した建築家安藤忠雄氏のデザインによるもの。傍らの解説文には作品のモチーフとなったアメリカの詩人サミュエル・ウルマンの「青春とは人生のある期間ではない。心のありようなのだ。」という言葉と共に安藤忠雄氏の言葉も添えられていました。『いつまでも輝きを失わない、永遠の青春へ。目指すは甘く実った赤いリンゴではない、未熟で酸っぱくとも明日への希望に満ち溢れた青りんごの精神です。』

この青いりんごは、繊維強化プラスチックで出来ていて、高さ・幅・奥行きはいずれも2.5m。「海のデッキ」と呼ばれる同館3階の屋外部分に設置されています。直径およそ60㎜の『森のりんご』と比べるとおよそ40倍以上。誰もが皆やってみたくなることでしょうが、巨大青りんごを掌の中へ。これでも『森のりんご』と比べるとまだまだ大きい(笑)。よく実物大の『森のりんご』を作ってみたらなんて言われますが、面白さはあるでしょうが、素材の問題も含めてかなり高額になってしまうので実際に売るとなると難しそう。

私的にはリアルな大きさへの追求よりも沢山の種類を作りたいという志向が強いので、今後も大きさにはこだわりませんが樹種数にはこだわっていきたい。掌に収まるサイズとはいえ、それなりの広葉樹で作っているため価格も相応で、飛ぶように売れるようなものではありません。在庫も結構溜まっているので、しばらくは作るの控えようかなと思っていたのですが、安藤さんの言葉でまた火がついてしまいそうです!やっぱり『森のかけら』も400種類になるなら、りんごもせめてその1/4の100種ぐらいは欲しいよね(^^♪

ところで、青いリンゴと言っているが実際には緑のリンゴじゃないかと思われる人がいるかもしれません。『日本人の青と緑の混用』についてはこのブログでも何度か書いてきましたが、平安時代以前の日本人は青と緑を混用していたため、若い竹を青竹と呼んだり、未成熟のリンゴを青いリンゴと表現して今もそれが残ってます。残念ながら木材の中には削って材面が青い木が無いので『青と緑の混用りんご』は出来ません。しかしこの『青春の青りんご』には背中を押されたような気持になりました。

 




りんごの形に加工した掌サイズの『森のりんご』。常に陽の目を浴びる針葉樹に対してスポットライトを浴びることの少なかった広葉樹の出口の1つとして作り始めたのですが、その当時と比べると広葉樹の評価が随分と変わってきたように感じます。保水や治水としての森での役割が評価されてきたこともあるし、コロナ禍で巣ごもりする人が増えて、自宅で木を使ったクラフトに人気が出て広葉樹で作った作品がSNSなどで多くの人の目に触れるようになったのも一因かも。

針葉樹に比べると、小さくしても木の質感があって表情も豊かな広葉樹が「インスタ映え」することから、それまで建築業界では通直なものが少なく、癖も強くて「扱いにくい」と敬遠されてきた広葉樹でしたが、小物の世界ではむしろそこが差別化できる個性、唯一無二のオリジナリティとして迎合されているのですから、人生塞翁が馬。まあこれは私の周辺の小さな世界での話ですが、その反応が愛媛だけではないので、広葉樹への風は全国的にも吹いているのかもしれません。

その影響で、『森のりんご』にも時々問い合わせをいただくようになりました。中でも多いのは、OO(現在作っていない種類)のりんごは作らないのですか?、あと何種類のりんごが出来るのですか?という種のもの。自分ではハッキリ覚えていませんが、「森のかけら400と同じく400種の森のりんごを作る!」なんて妄言をどこかで書いたのかもしれません💦それで今のリストには無い木で出来た『森のりんご』が出来たら買いたいという奇特なお尋ねなんだと思います。

大変ありがたい話で、出来ることなら私もそれを目指したいところなのですが、最初に調子に乗って大量にりんごを作ってしまい、いまだにそれが残っているのです。幸いにも木のりんごなんで腐ったりすることは無いのですが、それゆえに旬を謳うことも出来ずになかなか減りません。一方でイスノキチューリップウッド黒檀などのレアなりんごは先に売れてしまって、やっぱりマイナーなりんごが残ってしまいした。ひと口に広葉樹と言っても産地や特徴によってさまざまで、特にアフリカや中南米産のマメ科あたりは個性が際立ちよく目立ちます。それに比べると国産はどうしても地味な印象があります。このあたりで奇跡のりんごならぬ、りんごの奇跡(お大尽による大人買い)でも起きないと次のりんご製作には進めそうにありません。




たまにはブログで取り上げないと「あの商品もう作ってないんですか?」なんて訊かれることもあるので、本日は久しぶりに『森のりんご』について。あくまでも人間の価値観においてですが、高級な木から安価な木までいろいろある中で「樹種に貴賤なし!」という錦の御旗を掲げて、各種の端材を有効に活用したいというコンセプトでものづくりをしていますが、この『森のりんご』については少し事情が違います。それはこの商品の出自に理由があります。今でこそ多樹種異常溺愛症候群の影響で種類が増えましたが元々は選ばれし木たちでした。

いろいろな木が揃った木の標本を作りたいという事で始まった『森のかけら』のメンバー集めですが、はじめのうちはまだ見ぬ強豪との邂逅を純粋に楽しめていたものの、想像以上にコアな木とかに出会うと、仕入れ値の恐ろしほどの高額さや、奇跡的に出会えた偶然性などから、さすがにこれを240種のワンピースとして加えていいのだろうか?と不安になってきました。これとこれとこれを加えてたら原価が途端に引きあがる!しかしだからといって折角手に入れたこの貴重な木をメンバーに加えないなんて選択があっていいのだろうか・・・。

例えて言うなら黒澤明の名作『七人の侍』で、共に戦ってくれる侍を探していた勘兵衛志村喬)が、長刀を担ぐ農民・菊千代三船敏郎)に出会って、その圧倒的な剛力に惚れながらもいで無頼な振る舞いに仲間に加えるのを戸惑う感じ。そんなスケールの大きな男・菊千代にあたるのが、世界一重たい木・リグナムバイタであり、ルイ16世も愛したチューリップウッドであり、ギタリストの憧れ・ホンジュラスローズウッド、ココボロであり、蛇柄の芸術・スネークウッド、世界三大唐木の一角・鉄刀木などなどの超個性的な面々です。

加えるべきか加えざるべきかというハムレットの心境で出した結論が、レギュラーの240種とは別の特別仕様の『森のかけら・プレミア36』を作るという事でした。その結果、プレミアメンバーに選ばれた樹種たちは名誉は得たものの、あまりに高価な設定となってしまったために超コアな一部の熱狂的ファンに支持されながらも、現実的な出番が少なくなってしまうというジレンマに陥ってしまいました。そこで彼らの出場機会を増やしてやりたいという思いで作ったスピンオフ商品が『森のりんご』なのです。今ではプレミアではないメンバーも増えて、樹種数を増やして『森のりんご100』を目指したいという危険な方向に突き進もうとしていますが、それも仕方がないことなのです。だって世界には菊千代みたいな大きなスケールの木がまだまだいるのですから!




200種類以上の木を扱っていれば(あくまで種類というだけで量は微々たるものですが💦)、同じ日に全然違うところから同じ木に問い合わせが来るということも確率的にはなんら不思議な事でもないのでしょうが、『ムー世代』のロマンチスト材木屋としては、「こ、こ、これはシンクロニシティ!木の神の見えざる力が発動された~!」などと勝手に盛り上がって、その邂逅を授けていただいた「かけらの神」に手を合わせて感謝しています。今回の巡り合わせは『カイヅカイブキとシラカシとサッチーネ』です!

まずは、街路樹として御馴染みのヒノキ科ビャクシン属の木、『カイヅカイブキ(貝塚息吹』。普段からその立ち姿を見ることは多いのですが、通常木材市場に出材されることは稀なのと、貴重な出口であった「和室の意匠」もほぼ壊滅状態にあって、改めてこのブログを見直してみても、6年目に触れて以来まったく取り上げてもいませんでした。以前は床の間の落とし掛けとか、田舎の大きな家の玄関の飾りなどにも使われていたのですが、出番が無くなりずっと倉庫の奥の方に幽閉状態にあったのです。

それではいかんという気持ちから、この木を使って『森のりんご』も作ってみました。それがこの『イブキのりんご』です。削るとその木肌は淡いピンク色をしていて惚れ惚れするような美しさなのですが、経年変化でその美しさはみるみる失われていき、写真のようなくすんだ赤茶色に落ち着いてしまいます。色止めが出来ればなあと切望する木の1つです。このりんごだって、仕上がった当時はそれはそれは美しゅうございました。しかしこのうつろいやすさの中にこそ、本当の美があるのかもしれません。真実の美は儚さの中にありて目の見えぬものなり。

カイヅカイブキはその立ち姿からも分るようにかなりいびつな樹形をしているので、板に挽いても平面が得にくいので、使いどころに工夫が必要になります。それが「りんご」の曲面の中では、心材の赤身と辺材の白身が混ざり合って得も言われぬ表情を醸し出してくれます。遊び心のある人にはそこがたまらない木でもあり、通好みの木とも言えます。イブキは油分も多くて、「かけら」に加工しても持つと小口がねっとりとする事があります。昔はどうにかしなければとも考えましたが、歳とともにエイジングに寛容になってきました。明日に続く・・・




大五木材で作っている商品は、シンプルで多品種というのが特徴で、その代表が【森のかけら】です。販売開始から10年以上経過してようやく850セットを超えましたが、どの商品にも言えることは、とにかく「足が遅い」。日常生活に不可欠な汎用品でもなければ、斬新な機能が組み込まれているわけでもない、ただ木を削っただけの木工品ですから、飛ぶように売れる要素は皆無。ただ種類が馬鹿みたいに多いということだけが他との違いですから、マニアやコレクターの琴線にいつ触れるかどうか待ちというところがあります

そんな商品のひとつが『森のりんご』。私の独断と偏見のみで、希少性が高いと判断したことにより『プレミアリーグ』に分類された【森のかけら・プレミア36】に含まれる、ちょっと硬質な木を中心に作られた「りんご」です。木って丸く削ると、平面で見ていたのとはまったく違く表情が現れてとても面白いんです。それと手触りの滑らかさがたまらない!というだけの理由(プレミアという縛りを作ったがために自ら出口を狭めてしまったことに対する懺悔的意味もある)で作った「りんご」で特別な機能など備わっていません。

文字通り「森のりんご」なのです。面白い、可愛い、と思って作っているのですが、種類が増えるとこれがまた楽しくて、どんどん増殖させているところです。ただし、それだけのモノなので、好きな人が買ってくれればいいと思っていて、あまり強くPRもしていません。会社の中でも棚の隅にひっそり置いている程度なのですが、目ざとく見つけられた方から「これ何に使うのですか?」と問われることが苦痛。なんでおとなは世の中に存在するものに強く意味を求めてしまうのか?ただ楽しい、可愛い、美しいという事じゃダメなの?

一応、比重が大きいのでペーパーウェイトにも使えますよなんてひきつりながら答えたりもしますが、もうそれはただのりんごなんです!触ってみて下さい、ツルツルして心地いいでしょう。幾つか並べてみて下さい、綺麗でしょう。それです、それがこの『森のりんご』のレゾンデートル(存在価値)のすべてなんですそれを直感的に理解していただく方に買っていただければいいと思っていましたが、この最近急に販売数が伸びていて、少しだけ気になって改めて先日数えてみると思いのほか売れていて、今までに出荷された『森のりんご』の総数はのべ180!これはまだまだ種類を増やさねばと思う私の眼前に広がる、その数倍もある未出荷の在庫のりんごの山。少し減ったらまたりんごの種植えます!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up