森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

 

およそ数百個のイチョウ小枝の輪切りが出来ましたが、これが出来るという事は当然同時に発生するのがおが(おが屑という呼び方は極力したくない)。もちろんこれもしっかり採集して乾燥させてます。イチョウのおが粉はほとんど真っ白で、色だけで言えばパンチがありません。しかしいろいろな種類のおが粉を集めて来たコレクター視点から見れば、これほど白いおが粉って案外珍しいのです。枝の樹皮の状態や時期にもよりますが、黄味色を帯びていたり茶褐色だったりと多少色がついているもの。

樹皮ごと切断するので、どうしても多少は樹皮の粉も取り込んでしまい、白っぽいおが粉の中にも茶色いツブツブが混じってしまう事が多いのですが、イチョウはまそれがあまり多くなかった事もあり、白っぽく見えるのかもしれません。それはともかくこうして都市林業で得た小枝はカットして小枝の輪切りとおが粉『森の砂』を作っているわけですが、それも結構溜まってきました。色もカラフルになって種類が増してくるとコレクターの魂の琴線にも触れようというもの。なのでもっと種類は増やしたい。

しかしこれが30種類も越えてくると在庫の保管場所に頭を悩ませることになります。作っていたら自分の方が先に魅入られてしまい(ほぼいつものパターン)、もっともっと種類を増やさねばという強迫観念に支配され、売れるかどうかなど関係なしに増産体制に入ってしまいます。確かに種類が増えれば(しかも極端に)シンプルなモノでも『集合体としての魔力』が生まれる事は『森のかけら』で実証済ではあるものの、そういう論理で『森のりんご』も『森のたまご』も『森のしるし』も『円い森』も『円き箱』も増やしてきてしまい、ストックヤードは満杯に・・・。

本来は、作りながら売れる、売れるから作る、理想なんですがいろいろな木がズラリと並んだ壮観な姿こそが、コレクターの魂に火をつける着火剤だと信じている(自分ならその姿を見て買いたいとなるから、他人もきっとそうだと思うという勝手な決めつけ)ので、まずは揃えようとなってしまうのです。しかしそうやって多くの商品を作ってきたため、コレクターの魂の導火線に火がつく前にストックヤードのスペースが無くなってしまいそう!売れ始めるのが先か、保管する場所が無くなるのが先か!?




近々、近所に釣具屋さんがオープンします。お店から何かもらったりしているわけでもなければ、釣りが趣味で楽しみということでもありません。むしろリアル生き物は苦手で、例え釣ったとしても針を外すのに魚も触れないヘタレです。それどころか成人になる頃までは刺身も食べれないほど苦手(味覚が変わったのかその後は刺身も食べられるようになりましたが)。なので釣り具がオープンするのが楽しみというわけではなくて、当日は朝から道路が混雑するのではないかと心配なだけ。

ではなぜにわざわざここで取り上げたのかというと、少し前に書いた『楽器の木材との引き寄せ』に続いて、最近不思議と『魚関係との引き寄せ』があったから。それまで弊社が関わりのある魚関係というと、北海道でサッチーネランディングネットに使っていただいているぐらいでした。それが去年の末頃に、海水魚を飼育する時に使うプロテインスキマー(小さな泡を発生させその泡で水中の汚れを吸着除去する装置)を木で作りたいという依頼があり試作。その後、別の方から釣りの浮きを浮力のある森のかけら玉で作りたいとのご依頼。

更に少し前にはメダカを養殖販売されている方がご来店され業務用の網の柄にする材をご購入していただきました。先日は香川県の方がいらして話をしていたら、「愛媛の人は木が豊富なんでいいですね。香川は木が少なくて」と仰ったので、香川の県木になっているオリーブの話になりました。以前にこのブログでも書きましたが、香川県小豆島のオリーブは北海道で大豊漁となったニシンをオリーブオイルで加工する目的で国策として植えられたもの。その話をしながら、最近魚にまつわるお客さん多いなと感じていました。

これも新たに出来る釣り具店のお導きなのか?私はこういう「引き寄せの法則」を信じタイプなので、いま大五木材には「魚にまつわる風」が吹いていると勝手に決めて、釣具店オープンしたら何かご縁があるかもしれないので行ってみようと思っています。漢字ひと文字で表わす木偏の漢字って多いのですが、魚編も同様に多くて妙に連帯感を感じたりするのです。また樹形に比べると魚の形って特徴がはっきりしててビジュアル化しても分かりやすくて羨ましく感じます。地面の下で木のご縁の根っこはどこで繋がっているか分りません!




毎月5日は大五の日、という事で毎月5日には会社の敷地内に端材やクラフト商品を並べて木材を特別価格で販売しています。今年の1月から始めたのですが、少しずつ近所の方にも浸透してきて次の開催を楽しみにされる常連さんも増えてきました。弊社は松山市内でも比較的交通量の多い国道に面していて、信号待ちになると停まった車の中からこちらを興味深く眺めてるドライバーの方と目が合う事もしばしば。信号が変わるとまた車は流れていくのですが、もしかしたらそんな方との一期一会の出会いもあるかしらと、少し前から道路に接した場所にこれ見よがしに、大きく値段を書いて端材を並べていました。最初はほとんど反応もなかったのですが、そのうちひとりふたりをお声をかけてくださる方が現われるようになりました。そしたらこちらも調子に乗って追加で端材を並べるように。

弊社の前の道路は車だけでなく、普通に道を行く人、ジョギングされる人、通勤通学で通られる人なども多く、道路から一歩踏み出せば敷地なので割と気軽に入って来れます。それで来られた方に話を伺うと、以前からずっとこの道を通っていて気にはなっていたけど、大工とか工務店でもない一般人を相手にしてもらえるのか分らなくて入れなかったけど、今日は思い切って来てみた、という方の多い事。材木屋ホームセンターなどより専門性が高くて業者販売しかしていないというイメージなんだと思うんです。

だから「一般の方でも歓迎」みたいな看板でもないとかなり敷居が高く感じられるんでしょう。実際に弊社だって昔は業者売りしかしていませんでした。その頃は今みたいに一般の方が倉庫の中で自由に買い物されるなんてイメージはありませんでした。今は『5日の大五の日』以外のいつでも一般の方に普通に販売しています。むしろ来店数だけでいえば業者はほぼ電話かメールが多いので、一般の方のほうが多いぐらいです。それで興味本位で少量低額から木のモノづくりにチャレンジしたい方向けに¥500以下の端材コーナーも拡張!

うちの強みとしては、愛媛県ではなかなか入手しずらい「多種多様な広葉樹」があるという事なので、端材もなるべく広葉樹を多く揃えるようにしています。先日ご縁があってうちにやって来てくれたイチョウですが、丸太を製材して最後に残った樹皮の部分なども、使えるひとと巡り会えれば作品に生まれ変わるかもしれません。近所に居ながらご縁の無かった『市井のアマチュアモノづくり作家』のなんと多い事か!新たな人が新たな人をご紹介していただき、今まで気づかなかった出口がドンドン広がっています!




松山市の柳井町商店街に元気があって個性的なお店が増えているということで、地元の情報紙で特集が組まれていましたが、その中の1軒がバイオリンやビオラ、コントラバスなどの製作、修理、調理などを行う『弦楽器工房 La chiave di bassoラ・キァーヴェ・ディ・バッソ』さん。店主の西村啓志さんが弊社にやって来られたのは昨年のこと。西村さんはイタリアの国立クレモナ国際弦楽器工房で楽器製作を学び、技術を身につけ昨年の春に故郷である松山に戻り、柳井町に工房を開設されました。

楽器に使う材というのは、弊社が家具や造作に使っているような木材とはサイズや木取り、グレード、乾燥状況などが違っていて、本来は楽器には楽器専門の材木屋がありました。しかしこのご時世、誰もがストラディバリウスのような超高級楽器を求めるわけではありません。楽器専門材木屋の業界も相当に厳しいようで、その数も激減。海外からでもネットで気軽に買える時代になってしまいましたから余計に実店舗での販売は難しい。

西村さんも重要な部分の木材は今でもイタリアから取り寄せられているそうですが、送料の問題もあって大きなモノとか汎用性のあるものはなんとか身近なところで手配したいという事で、弊社にご来店いただきました。楽器で使う木材の場合、乾燥しているという事が絶対条件になるのですが、幸か不幸か弊社にはよく乾いた木材が沢山あります(この時のために乾かしていた・・・わけではなくただ単にずっと売れなかっただけ)。西村さんは大きなコントラバスも製作されるのですが、バイオリンなどに比べると使用する材の自由度が高いのだとか。

 

イタリアでも素材にはポプラを使われていたとの事。私はただ単純にいろいろな木に触れたいという好奇心でポプラなど仕入れているわけですが、こうして正当な『出口』に巡り合う事が出来ると嬉しいし、待たせた材に対しても顔が立つというもの。年末には工房にもお邪魔しましたが、小さなものからすべて手作りで貴重な楽器製作の舞台裏を見せていただきました。この数年で「楽器の木」を求められる方急増!端材コーナーにも『音色の端材』スペースを増設しなければ!!




本日4月5日は『大五の日』。毎月5日に開催している『大五の日』ですが、地元の木工愛好家の方を中心にまだまだ少しずつですが楽しみにされる方も増えてきました。この日は、スタッフそれぞれが『5』にちなんで、¥500とか¥5000など、5のつく特別価格で販売をさせていただきます。他にも端材やクラフト商品などを表に広げて特価で販売なども行います。まだまだ手探りで試行錯誤しながらの取り組みですが、会社が交通量の多い県道に面していることもあって、飛び込みで立ち寄っていただく人も結構いらっしゃいます。

今回の私の目玉商品は、オウシュウアカマツ(いわゆる北パイン)のフローリングのB品から作った幅剥ぎ『ワイルドボード』。その名前の通り、節や小傷、虫穴、色染みなど通常のフローリングではNGとされた部分も豪快に取り入れたモッタイナイ起源の商品です。それをオスモカラーなどの植物性オイルでカラフルに着色しました。長さはだいたい900~1000㎜、幅はだいたい500㎜ですが、厚みは14~30㎜までそれぞれバラバラ。何に使うの?というものではなくて、何か用途が思い浮かんだら使ってみてくださいというもの。

本当はこんな事言っちゃいけないのでしょうが、一般の方とやり取りしていて一番イラッとくるのは、材を見られて「これ、何に使えるの?」なんて訊かれる時。用途の定まった商品を買いに来たのではなく、モノづくりの素材を探しに来られてるのに、何に使えばいいのか分らないようなものを買ってどうするの?それを考えるのがモノづくりの面白さじゃないの?って思ってしまうのです。用途が分らないと買えないなんて言われたら、うちで売ってるモノのほとんどが買ってもらえません(笑)。そういう店だということを一刻も早く分かっていただきたい。

という事で、用途の説明なんて野暮な事はしませんので、使えると思ったら買って下さい。そのワイルドボード、通常は¥2,200(税込み)のところを大五の日特別価格で¥1,500(税込み)にて、在庫があるだけ販売致します。目玉はオウシュウアカマツのワイルドボードですが、同じ仕様でナラ版も作っています。こちらは¥2,200(税込み)ですが、倉庫内にて販売しています。また本日は、おべんとう作家の尾原聖名さんもオーガニックお弁当と手作りお菓子を出店していただきます。営業時間は8:00~17:00です。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up