森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先週末に地元のあいテレビの収録がありました。事前に事務所に電話いただいた時に、おっ!もしかして今、弊社が取りくんでいる世界一の樹種数誇る木材標本『森のかけら400』に関する情報がどこからか漏れ出し、すわスクープ取材か?!と思ったのですが、残念ながらそうではありませんでした。とはいえ全然かいけい関係が無いという事もないのです。数年前からよく『SDGs(エスディージーズ』という言葉を耳にするようになりましたが、これはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。今回はこのSDGsテーマの番組に関わる取材でした。

SDGsがどういうものかを伝えるために、それに関わるような企業をいくつかピックアップして紹介するという企画でした。そういう意味では材木屋というのは分かりやすい職業だと思われたのでしょうが、こちらとしてはSDGsなんて意識したことも無ければ、それを売り看板にしているわけでもありません。根本的にやっていることは昔から変わりませんが、扱っている商品が「持続可能な自然素材」というだけで、それを後付けでSDGsの象徴みたいに思わるると背中がこそばゆいのですが。

いろいろ思うところはありますが、何はどうあれ木にスポットライトを当てていただけるのはありがたいこと。ここは「いよいよ時代が追いついて来たか~(笑)」という思い上がりで、来るもの拒まず。ありがたく取材をお受けさせていただきました。今回リポートしてもらったのがあいテレビの山内加菜子アナウンサー。最初に、木に対する知識は少なくてと仰っるので、ならばと宣伝を兼ねて喋りまくり。9時から始まった撮影が終わったのは14時前。番組は5~6分なんですけど、そんな事は関係ありません。

こちらの喉も持続可能性が高い!その中でいろいろな木の話をさせてもらったのですが、そのたびに山内さんが新鮮な驚きの表情を見せていただき(マスクをしているので私がそう感じただけですが)、サービスレスポンスだとは分かりつつも、やっぱり若い人には木の話は「知らない世界」なんだと感じました。山内加菜子アナウンサーの知らない木の世界・・・加奈子の・・・知らない世界・・・はっ!『マツ子の知らない世界』!しかもあいテレビはTBS系列局。これはいける!

という事で取材の途中にこの事が思い浮かんだ私はそこからずっと『カナ子の知らない木の世界』の番組企画を提案。もちろんオープニングは、世界一の種類の木材標本製作を目指す変態材木屋が露払いを務めさせていただきます!いやむしろSDGsきっかけで生まれた発想なので短い5分番組でいいので継続可能な帯番組のほうがいいか。1日1種喋ったとして400日はいけるので休みなしでも1年は頑張れます。『森のかけら400』の発売開始記念と第一回放送日が重なるのが理想の展開。山内可菜子アナウンサー、頑張りましょう(^^♪




先日、地元の南海放送の人気番組『もぎたてテレビ』が弊社に取材に来ていただきました。この番組は、愛媛県内の市や町にスポットをあてて、その地の衣食住に関する人やモノなどを取り上げている長寿番組で、毎週日曜日のお昼に約1時間の枠で放送されていて、1991年の放送開始から延べの放送回数は1300回を超えています。かつてMCを務めて交替で県内各地を訪ね歩き取材を重ねた永江孝子さん&野志克仁さんは、現在は共に政治家(永江さんは衆議院議員、野志さんは松山市長)ですが、この番組の功績も大きかったのでは。

現在は南海放送のアナウンサーである寺尾英子さんと星加奈緒さん、愛媛生まれの異色の漫画家・杉作J太郎さんがパーソナリティを務められています。その杉作J太郎さんは漫画家でもありながら、ラジオでDJをしたり、映画評なども執筆されていて、『映画秘宝』の連載コーナーでのエッジの効いた映画評はいつも楽しみにしていました。その映画秘宝は残念ながら休刊となってしまったのですが、その数月前にJ太郎さんが原稿を落としてしまって、その経緯をラジオで喋られていたのですが、肝心なところを聞き逃してしまいました。

番組の事に話を戻すと、番組のコンセプトである「愛媛のいいとこ探し」は、担当ディレクターが地道に地域を歩き回って探すもので、取材の数日前に担当ディレクターがぶらりと弊社にもやって来られました。裏の小屋で子どもたちが遊んでいる姿が眼に映って、ここはなんだろうと思って訪ねて来たのです。次がこのあたりの地域の特集なので、平田町周辺で面白い人・場所ありませんか?という事だったので、思いつくひとを幾人か紹介させていただきました。そしたら倉庫にあるいろいろな木にも興味を持たれたようで、木の事にも質問が・・・

こうなったらこっちのもの!少しでも食いついたと思ったら決して逃がしはしません。一気に木の話で畳みかけてこちらに関心を向けて、木のモノも番組で取り上げていただくことになりました(笑)。後日MCの星加奈緒さんが取材に来てもらい、『木のもの屋・森羅』の木の雑貨や小屋で遊ぶ子供たちなどと合わせて、【森のかけら】などもカメラに収めてもらいました。木の専門番組でもないのですが、あとは編集お任せという事でいろいろ喋りまくっているうちにすっかり外は真っ暗になっていました。

こういうお昼の情報番組ってどうしても万人受けする食べ物を取り上げることが多くて、木とかにスポットライトがあたることって珍しいと思うので本当にありがたい事です。恐らく住宅に関わる建築資材だけしか置いてなければ、そこまで興味も持ってもらわなかったと思うのですが、暮らしの身近なところで使う木のモノだったり、いろいろな種類の木があるという面白さが目を引いたのだと思います。やっぱり方向性は間違っていなかった!放送は2月16日(日)、11:45~。内容は観てのお楽しみですが、いろいろな意味で編集の神の降臨を願う




このモクコレの顛末記の冒頭で、商品の値札などを作るのが間に合わず、展示会の前日に宿泊したホテルで慌てて作ったものの、それをホテルに置き忘れるというう大チョンボをしたのだが災い転じて福となすとなりました、と書きましたが本日はその説明。今までいろいろイベントに出展してきましたが、何が当たるやら分らないという不安もあって、自社の商品をあれもこれも並べたりしていました。結局見るひとも説明する側もポイントが絞り切れずただ漫然と商品札の数字を追いかけるという事がありました。

その反省から今回は、『森のかけら』と『森のりんご』、『誕生木』の3点に絞り込むことにしました。それだけだとテーブルがスカスカになるので、一応『森のたまご』と『木言葉書』も展示はしましたが、あくまでもこちらのPRポイントは先の3点。たったそれだけの値札すら忘れるってどういう事と思われるでしょうが、そこは小心者の私の事、値札といっても価格の横には説明文などをあれこれ細かく書き込んでいました。それを忘れて来てしまったので、もう当日は値札も商品名も一切なし。ただし個別商品のチラシは先行して会場に送っておいたのでたっぷりあります。

足を留めて商品説明でも聞いてやろうと思ってくださる奇特な方にはチラシを手に取りな説明すればいいかと思っていました。そしたら、今までの展示会ではほぼ買う気もない(というか木に興味もなさそうな)のに、もの珍しさから立ち止まって、展示価格を見て「これがいくらになるの?」と尋ねられて、安く卸せないと答えるとそそくさとその場を離れるバイヤーが沢山いて、正直「掛け率だけにしか興味が無いんかいっ!」と苛立つことが多くありました。そもそもバイヤー向けの商品ではないモノを持って来ていたのが場違いだったにかもしれませんが。

私の中ではどこかのお店に卸させていただくというよりは、直接消費者に販売したいと考えていたので、出展するイベントとの適性も無かったのだと思いますが、なかなかそういう展示会に巡り合えませんでした。それが今回は、価格も提示していなかったからか、掛け率などを尋ねて来られる方はほとんどいらっしゃいませんでした。木工関係のショップや行政の方も立ち寄っていただきましたが、値段よりも商品コンセプトやものづくりの背景に熱心に耳を傾けていただく方ばかりで、私としてはまさに我が意を得たりの展開となったのです!

特に各地の自治体の方々からは、それぞれの地域資源である木材の『非建築分野での出口』について、かなり突っ込んだところまで対話させていただきました。街路樹や灌木などほとんど利用されていない木の活路と、ただのモノにしないための物語性の付加などについて。聞けばこちらとしては羨ましくなるような素材がほぼ活用されていなかったりしていて、いっそのこと手を組みませんかみたいな話まで。お会いした方、お話を聞いて下さった方すべてに感謝します(^^♪

 




昨日ご紹介した戸田昌志くんが、このイベントの最後の来客者となりまして、さまざまな地域・職種の方が入れ代わり立ち代わりお越しいただいた2日間のモクコレも無事終了となりました。私的には久しぶりに沢山のお客さんと続けて話しまくって、予想通り喉を傷めましたが大満足な2日間でした。今回は『森いづる愛媛』チームとして出展したものの、自社の事だけで精一杯でしたが、皆それぞれ心地よい疲労感に包まれました。片岡伸介くん-Ast-ブックカバーを購入した水野斉くん。こういう心遣いが、出来る男!

井部健太郎君は、新ブランドの『MOTOMOTO KUMA』を立ち上げて、自社のロゴ等を一新した際にデザインを手掛けてもらったデザイナーの工藤波夫くんと手を組んだスマートなカードケースのみで勝負!しかもまだ価格設定前の参考出品という事でしたが、その洗練されたデザインに多くの人が足を留めて、価格はいくら?正式な発売日はいつから?と質問する人が絶えませんでした。久万高原産のヒノキを薄く削った極薄突板シートを素材に使い、試行錯誤を経て生み出したこだわりの逸品で、私も正式発売が楽しみ!

健太郎君の会社は大林業家で、本来はもっと川上側の仕事をする人間なのですが、川下の出口について熱心で今までも数々のオリジナル商品を生み出しています。日頃から、山側の人間はもっと川下の事を知らなくてはならない、が口癖で本人がまずそれを実践しています。健太郎君は私より1歳下なのですが、同じ地域に同じ志を持った同世代の人間が要るという事がどれほど心強いことか!いつでも直接会っていろいろ相談出来る距離感というのはとても大事で、今回でも彼がいなかったら出ていなかったかもしれません。

いくら自分独りだろうと吠えてはみると強がりは言ってみても、周囲に理解者がいないというのはやはり寂しいもので、ここに辿り着くまでにけもの道で迷ったり息絶えていたかもしれません。仲間は大事!その健太郎君はFM高知からも取材を受けていて、センスあるものは見る人が見れば分るようです。また、mogana(もがな)槙野賢児くんの神棚も、ヒノキの柾目を使った斬新なデザインで、既に幾つかの神社などでも採用実績があり、多くの方から質問を受けていました。ここに徳島克次くんの木遊舎の定番の愛らしい木のおもちゃが加わり、バリエーションのあるチームだったと思っています。それぞれにターゲット層も違っていますが、ブース内を巡ってくださる方も多くて、チームを組んだ意義はそれなりにあったと感じました。

今回我々のブースではあえて『愛媛県』という事を全面に押し出してPRしなかったので、商品を気に入った方が後から「これはどこで作っているの?」と尋ねられる事も多かったのですが、何県で作っているからという事より先に商品ありきだと思っています。こういうイベントだからそういう問いもありますが、実商売になればそんな事は関係ない話。私たちはあくまでも、このイベントはこの後の商売のためのPRの場として考えているので、愛媛県の名さえ宣伝出来ればそれでいいだなんて微塵も考えてもいません。

そんな事を言うとお世話になった行政の方には怒られそうですが、ここでいくら県の名前をPRしたところでその場限りの打ち上げ花火。それからいかにビジネスに繋げていくかという事が展示会の目的だと思って来ているので、成果は名刺の数ではなくて、その後の展開。今回のイベントにあたり何かと骨を折ってくれた愛媛県林業政策課竹本憲生君に報いるにはそこしかないと思っています。今後も頑張りますと竹本君は言ってくれましたが、頑張るのは君じゃない。ここから先頑張らなければならないのは我々なのだ!

 




昨日のブログで、いつか木の本を出すのが夢と書いたら、今までに『適材適所』やこのブログで散々木の事書いているのに今更「これから消えゆく紙媒体」なんかで本出さなくもいいうやろ~なんてお声をいただきました。違うんです、神とデジタルメディアでは全然違うんです!昭和世代としては、新書をめくった時のページの間から漂うインクの匂いと最初に折り目をつけるドキドキ感。やっぱり紙なんです。そんな木の本を、間違いなく私より先に出すであろう材木変態男がこちらの『浪速のブラックマンバこと戸田昌志くん。

戸田君は大阪の茨木市にある(資)戸田材木店の専務で、確か年齢的には私より10歳ぐらい年下なのですが、私の会った中ではいわゆる「世代間最強の木フェチ」。正真正銘の真性ド変態です!私の木の話は主に、本当のような嘘のような、嘘のような嘘の話(結局全部嘘かいっ!と突っ込まれるような)が主で、けもの道を往く外道にふさわしいそれなのですが、昌志くんの持ってる知識は王道のそれで、話もアカデミックなデータに基づいていて理路整然。悔しいけれどどう逆立ちしたってその分野では太刀打ちできません。お世辞抜きに凄いです。

その戸田くんですが、SNSでは繋がっていても今までたまたま機会がなくて会えていなかった『金沢のうながっぱ』こと水野斎と顔合わせに導きました。うわ~、変態同士の歴史的共演!このふたりに共通しているのはとにかく経験値が半端でないので「生きた木の情報」をふんだんに持っている点。都会との交流が遮断された四国の島国の材木屋の悲しさで、私は商売としての木に関する経験値が圧倒的に低くて、私の知識は本で得たものばかりで薄っぺらい。その嫉妬心、悔しさが私のものづくりの原点ともなってはいるのですが。

本当はもっとマニアックなトークをしたかったのですが、一応私は出展者という立場があるので、お客様の相手もしなければならず、隣で盛り上がる二人の会話に聞き耳を立てていました。三人での初めての記念写真。大阪の人間はカメラを向ければ本能的に何をすればいいのかお分かりなので助かります(笑)。今回のモクコレで感じたのは、今まではアウトサイダーであった我々が表に出れそうな場面が確実に増えてきているということ。好きなことが商売に結び付いて、好きな人と共に仕事が出来る。けもの道も往くひと増えて少し開けてきたようで、お日様のひかり届く




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up