森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

DIYで自由に壁面をアレンジできる『モザイクタイル』も、『森のかけら』たちと同様に端材生まれの商品。いや、現状を正確に正直に告白するならば「もともとは端材で作っていた商品」。というのも弊社でオリジナル商品を作り出したきっかけは、倉庫に溢れる端材をどうにかしたいという思いからでした。決して高尚な理念などではありません。ただただ端材を捨ててしまうのがモッタイナイという思いのみ。『森のかけら』や『モザイクボード』、『森のりんご』などそれぞれのサイズに合わせた商品が完成。

まだまだわずかではありますが、どうにかそれぞれの商品にささやかながら固定ファンも出来ました。お陰でリピート注文もいただくようになりました。一方で、更に端材の細分化が進む中で『誕生木ストラップ』などの新商品も生まれました。それに伴い、企業からのノベルティなども注文も増えてきて、次第に増えた出口に適した端材が欠品する事態に!まあそれはそれで嬉しい悲鳴なのですが、根底にあるのはケチ根性ですから、大きな板を小さく刻んでいくことにものすごい抵抗が・・・。

それでどうにか倉庫の中で埋もれた端材を探しまくる捜索が続きます。数時間もかけてようやく端材を見つけたりするのですが、費用対効果だけで考えれば割には合わないかもしれませんが、この捜索によって別の商品に使えるサイズの「埋もれた端材」が見つかる事も多いのと、結果的に倉庫整理となっています。なので私の中では、「海の中を攪拌させ水温が適当な温度になっていく台風効果」とポジティブに捉えています。この『モザイクタイル』でも樹種不足が起きていて、一部では「非端材」も使われています。

どうしても色目の濃い木や縞柄がある木など個性的な木の端材から先に売れていくので、その端材も早々に底を尽いてしまいます。それでサッチーネパープルハート、ゼブラウッドなどの木は慢性的に端材不足。何度も捜索を重ねているのでこれらの端材は埋もれていないことは確認済み。それで端材でないまともな板を割ったりしていますが、どういう形になれ適正な価格で売れていけば問題はないのですが、気持ちの問題で、大きな木はなるべく大きく使いたいという古い材木屋気質が抜けきらない、それはそれで大切な素養だとは思うのですが・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up