森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。
今日11月5日は『大五の日』で、天候に恵まれたことも平日ながら倉庫の前にも商品を広げてお客様を待ち構えています!まだ途中ではありますが、倉庫の中もだいぶ整理が出来てゴチャゴチャ感もわずかながら薄れつつあります。ドン・キホーテのような圧縮陳列がオモシロイ(ものは言いよう)という一部のフェチなお客様もいらっしゃいまして、埃の中からお目当ての宝物を見つけるのが楽しいと仰っていただくものですから、ついつい私も増長してこれがいいんだと誤解してしまいます。

ところで、愛媛県松山市ではこうして恒例の『大五の日』が開催されていますが、遠く離れた石川県金沢市でも本日は『ミニ大五の日』が開催されているのです。全国に拠点を置く木材流通の大手、㈱HIKARIさんのウッドステーション金沢(石川県金沢市かたつ21番地)の定例市が開催されているのですが、そこに「北陸地区・森のかけら特命店」である㈱ムラモト村本喜義社長が単身乗り込まれて出店されています。その貴重なブー巣を『森のかけら』や『モザイクボード』など弊社の主力商品が独占!!

5日の大五の日とHIKARIさんの市がかぶる日に仕込んだ企画だと思われるかもしれませんが、実はそうではなくてたまたま偶然なのです。しかもこれ、こちらからお願いして無理強いで持って行ってもらっているのではなく、村本さんが自主的に出店されているのですから、『森のかけら』たちに対する深い愛を感じずにはいられません。き本人は素直じゃないので「持って行くのが軽くて片付けも楽なんで」なんて仰るかもしれませんが(笑)、商品コンセプトに理解・共感してもらっているからこそ

同じ材木屋といっても村本さんとは売り方のスタイルも商品の品添えも大局的なほど違うのですが、材木屋の本懐の部分では考え方が一致していて、何かと相談させてもらったり情報をいただいています。弊社はメーカーなんてたいそれた立場ではありませんが、思いを持って作ったモノをこういう形で自分以外の方が売っていただけるってとてもありがたい事。弊社の商品は競争力も無いし安いわけでもないので、コンセプトに共感していただく事が生命線。なので誰が売るか、誰から買うかが重要




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up