森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

木材市場などに仕入れに行くと、現場で必要な樹種があるという時以外は、基本的に【森のかけら】や『モザイクボード』など端材の有効活用を視野に入れていろいろな樹種を少しずつ買い集めていきます。この木はカウンターに使うと残りがかけらに使えるなとか。なので1つの樹種だけ大量に買い揃えるなどということはなくて、あれもこれもといわゆる五目買になります。なのでたいした金額を買っているわけでもないのにやたらと伝票だけは多くなるといううのが通例。帰ってからその大量の伝票を見ながら管理台帳に転記するときの満足感よ。

それが昨年からのコロナの影響もありますが、この1,2年は県外に市場にほとんど出かけていません。自分が行かなくとも、参加されている仲間・先輩とSNSを使って市場に出品されてる商品を画像で確認して落札希望値を伝えて代わりに買ってもらう『リモート仕入れ』を最大限に使わせてもらっています。もちろん、ここ一番という時は自分で仕入れに行きますが、市場では乾燥材が出るケースが少ないので、現場で必要なものは基本は自社の在庫品から探す、あるいは同業社から乾燥したものを仕入れるようにしています。

直接仕入れに行けるなら自分が行くに越したことはないのですが、行ってしまうと市場までの経費や配送コスト(遠方だと10トントラックが基準になる)などを考えると、ある程度の量を買う必要が出てきて、結果的に想定以上に買ってしまう。あくまで量で、金額は抑えます!その点、リモートだと、現地での「今ここで出あったこの木を逃したらもう二度と出会えないのでは~!これは私に買えという神の啓示か!?」という強迫観念や自己暗示にかかりにくいので、冷静な判断が出来るメリットもあります。

まあいつもいつもそうだと面白くないのでたまには、無謀な衝動買いもしないと心が不健康になります。しかしこの2年ほど自制をかけたお陰で、在庫の整理が進みました。若い頃に何に使えるか分からないけどとりあえず買っておこうと思った仕入れた材は、やはりいつまでたっても売れません。若かったのでそこまで出口意識もなかったの仕方はないのですが、この2年でそういう材にも見切りをつけて、カットするなどして強引に出口に導きました。もう少し在庫整理出来たら、しっかりした出口意識を持った大人の五目買いします!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up