森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日の続きです・・・カリフォルニア出身クリスは、同郷のピーラーを気に入ってくれたのですが、ついでに室内看板の文字も描いてくれないかということなり、久しぶりに筆を持たせていただくことに。まあこういうのは上手いとか下手とかいう事はさておき、しっかりと思いを込めて描くというのが大切。弊社に残っているピーラーって目(年輪)は詰まっているものの、サイズも中途半端で量もちょっぴりなので、なかなか使いどころが見当たらなくてどうやって世に出てもらおうかと悩んでいました。

店舗の看板については、それを本業とされている企業ともいくつかお取引がありますが、そういう場合はしっかり指定サイズが決まっているので使える樹種に限りがあります。木の看板にしたという場合の多くは、一枚板というパターンが多く特に昨今は耳付きの変形したモノに人気が集中しています。そうなるとおのずと変形要素の強い広葉樹ということになり、針葉樹のあっさりした材は出番が少ないのですが、筆を走らせながらそれなら自社で使おうかとも。

弊社は少人数の会社なので、それぞれが何でもマルチにこなしていかないと会社が回らなくなるので、自分の特技や趣味を仕事に活かしながら働いてもらっています。特に女子チームは多才で経理の正子さんは糸鋸工作の教室にも通っていて、お客さんの注文に応じて糸鋸で加工もしています。製作した作品も人気で普通に販売してます。塗料など担当の奈々さんは絵が上手で、正子さんの加工した作品に彩りを加えたり、会社の看板等はすべて彼女の筆によるもの。

今回のクリスの看板も文字こそ私が描いたものの、着色は彼女に任せて仕上げてもらいました。予想を裏切るカラフルなデザインにクリスも喜んでいただきました。ところで先月、今頃なんですがようやく会社のトイレの水洗化工事が始まり、先日無事に完成しました。壁は昔に自分たちで珪藻土を塗っていたのですが、これを機会にちょっと遊んでみましょうかということになり、彼女に樹の絵を描いてもらいました。樹木に森の動物たちが集まってくるデザイン。出来がよかったので調子に乗って床に根っこのイメージまで描いてもらったら独特の世界観が生まれて、近所の子どもたちにも大好評!もう余った端材には自分たちで加工して絵や文字を描いてアート作品での売りもありだな~♪




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Scroll Up