森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日、仕事で松山市内の御幸~道後のあたりを通っていたらたまたま道路工事をしていて、普通通らない蜜へ誘導されたのですが、そしたらそこで思いがけない僥倖がありました!以前に大人の方向けの出前木育授業をした際に、まだその当時は我が家の庭先にあって初夏には鮮やかな青紫色の花を咲かせていた『ジャカランダ』の話をしたら、参加者の一人が「御幸にも有名な大きな木がありますよね」と仰いました。噂には聞いていたものの実際に見たことがなかったので曖昧な返事でお茶を濁しました。

それでいつか姿を見ときたいなと思いつつ月日も流れ、そのうちに我が家のジャカランダも根が伸び過ぎてブロック塀を崩壊させる危険が出たので泣く泣く伐採してしまい、御幸のジャカランダの事もすっかり忘れていました。だから目の前に見覚えのある青紫色の花が飛び込んで来た時には思わず急ブレーキを踏みそうになりました!すっかり油断していたので通り過ぎてから「!」となり、仕事で急いではいたものの、このタイミングを逃すともう会えないような気がして、Uターンして撮影タイム。

そこには幻想的で美しいジャカランダの花がたわわに咲いていました。神々しいまでのそのお姿をたっぷりとカメラに収めさせていただいた後は感傷にひたりながらしばしジャカランダを愛でておりました。道行く学校帰りの小学生たちからは怪訝な視線を浴びたりもしましたが気にしません。おっさんはジャカランダを愛でているのだ!『熱帯の桜』とも呼ばれるジャカランダ・ミモシフォリア(J. mimosifolia)、『紫雲木』という素敵な和名があります。我が家でも毎年この季節になると青紫の花が咲き、散った足元の花弁すらも美しかった。

無くなって改めてその花の美しさがかけがえのないもののように思えてきます。その後、やっぱりもう一度ジャカランダの花を見たくなって、造園屋さんに手頃な苗木を探してもらってます。今度はいくら根が伸びても大丈夫な場所に植えてやります。伐った我が家のジャカランダは、『森のかけら400』に加えるつもりですが、大量にあるわけではないので材の確保に行き詰まり。結果的に自分の首を絞めてしまうリスクもあって最後の決断前に躊躇していまいた。しかしこれを見てしまうと加えずにいられない。我が家に彩を添えてくれた思い出に感謝も込めて。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up