森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日の愛媛新聞に掲載されていましたが、本日4月26日より愛媛県西予市JR卯之町駅前に建設していた複合施設『ゆるりあん』がオ―プンします。1階には道の駅『どんぶり館』や宇和郵便局が入居し、2階にはハローワークの他に木の玩具などを集めたフリースペースがあります。そこに『木の玉プール』や様々な木の玩具などがありますが、それらを弊社で納めさせていただきました。飲食店なども地元の素材を活用したというのが売りですが、今回の『木の玉プール』も地域材である西予市産のヒノキを使った特別仕様。

昨年納品させていただいた宇和島市立児童館 『こもりん』に続いて『木の玉プール』が常設され楽しめる南予地域で2か所目の施設となりました。コロナ禍の事もあり多少の制限はあると思いますが、小さなお子さんがいらっしゃる方は是非一度はまってしまえばなかなか抜く出せなくなる木の玉プールの魔力に触れてみて下さい。木の素晴らしさについて100の言葉を並べるよりも、木の玉プールの中で無邪気に遊ぶ子ども姿を見れば、その魅力は充分に伝わります。それは言葉で木の魅力を語る事に虚しさを感じるほど。

大人の方でも体感すれば木は五感で味わうものでということを再認識させられます。今回の木の玉は西予市産のヒノキが使われていますが、通常はヒノキより少し硬めのミズキブナ、サクラなどの広葉樹が使用されています。木の玉プールに限った話ではなくて、最近は地域の材を使って作って欲しいという産地限定の話がよくあります。樹種まで特定されるわけではないのですが、細かく産地を指定されると使える樹種というのは限られてきます。何年も前から企画されて準備期間でもたっぷりあるというなら話は別ですが。

乾燥や加工の事も考えると既存の流通に乗っかかっているものという事になるので、愛媛の場合だとどうしてもスギかヒノキになってしまいます。それで何も悪くはないのですが、田舎にこそ見渡す山野にはもっと多くの樹種があります。悲しいかなそのほとんどが利用されてはいません。場所によって生育樹種も異なる森こそは地域ごとの差別化もはかれ、手つかずの地域資源が眠る宝の山。長く生きた広葉樹を活かすには、こちらにも相応の長い時間をかけた粘り強い戦略が必要になってきます。




昨日の続きです・・・カリフォルニア出身クリスは、同郷のピーラーを気に入ってくれたのですが、ついでに室内看板の文字も描いてくれないかということなり、久しぶりに筆を持たせていただくことに。まあこういうのは上手いとか下手とかいう事はさておき、しっかりと思いを込めて描くというのが大切。弊社に残っているピーラーって目(年輪)は詰まっているものの、サイズも中途半端で量もちょっぴりなので、なかなか使いどころが見当たらなくてどうやって世に出てもらおうかと悩んでいました。

店舗の看板については、それを本業とされている企業ともいくつかお取引がありますが、そういう場合はしっかり指定サイズが決まっているので使える樹種に限りがあります。木の看板にしたという場合の多くは、一枚板というパターンが多く特に昨今は耳付きの変形したモノに人気が集中しています。そうなるとおのずと変形要素の強い広葉樹ということになり、針葉樹のあっさりした材は出番が少ないのですが、筆を走らせながらそれなら自社で使おうかとも。

弊社は少人数の会社なので、それぞれが何でもマルチにこなしていかないと会社が回らなくなるので、自分の特技や趣味を仕事に活かしながら働いてもらっています。特に女子チームは多才で経理の正子さんは糸鋸工作の教室にも通っていて、お客さんの注文に応じて糸鋸で加工もしています。製作した作品も人気で普通に販売してます。塗料など担当の奈々さんは絵が上手で、正子さんの加工した作品に彩りを加えたり、会社の看板等はすべて彼女の筆によるもの。

今回のクリスの看板も文字こそ私が描いたものの、着色は彼女に任せて仕上げてもらいました。予想を裏切るカラフルなデザインにクリスも喜んでいただきました。ところで先月、今頃なんですがようやく会社のトイレの水洗化工事が始まり、先日無事に完成しました。壁は昔に自分たちで珪藻土を塗っていたのですが、これを機会にちょっと遊んでみましょうかということになり、彼女に樹の絵を描いてもらいました。樹木に森の動物たちが集まってくるデザイン。出来がよかったので調子に乗って床に根っこのイメージまで描いてもらったら独特の世界観が生まれて、近所の子どもたちにも大好評!もう余った端材には自分たちで加工して絵や文字を描いてアート作品での売りもありだな~♪




先日のあいテレビの取材の続きですが、今回弊社を選んでもらったのは、事前に連絡があった電話で私が伝えた『都市林業』に興味を持ってもらったから。無論我々ビーバー隊としては、SDGsをお題目として活動しているわけでなくて、そのまま朽ち果てさせるのが惜しい、モッタイナイ、それで何かつくれんじゃないの!いろいろな木が見たい!というビーバーの本能のおもむくままにやっている事なのですが。入口はどうだろうと構わないのです。ビーバー隊広報班としては、まるでレジスタンスのように日陰で活動するビーバーの存在を世に知らしめることが大切。

そうすることにより、怪しさが解消され、少しでも多くの樹種と巡り合える可能性が広がるのです。ここで注意しなければならないのは「多くの量」ではなく「多くの種類」ということ。実は今でもバーバー隊の存在を知って、県外からでも「庭の木を伐ったのだけどなんとかなりませんか」という問い合わせは頻繁にあります。一応材木屋なので木には興味満々なのですが、回収業者ではないのでなんでもかんでもお引き取りするわけではありません。都合のいい条件ですが、庭木でも珍しい木が欲しい!

ここでいう珍しいとは、高級なとか価値があるという意味ではありません。供給が不安定だからとか、木が小さすぎるからとか、用途がなさそうだから、という理由で通常の木材市場ではおよそ流通していないだろうという木の事。どこにでもあって沢山ある木は正直こちらもおなか一杯。そろそろ置き場も余裕が無くなりつつあります。ビーバー隊長(三重県武田製材・武田誠さん)のところなどは集め過ぎて倉庫が決壊しかかっています。未成熟な都市林業では回収できる量に限りがあります。

だから今後は各地にもっともっとビーバー隊が増えればいいんです。とにかく集める事に長けた集めビーバー、樹種にうるさい好き嫌いビーバー、果樹園との相性がいいフルーツビーバー、大型のユニックを駆使するビッグビーバーなどさまざまなタイプが増えれば、それだけ多様な樹種が出口と繋がっていきます。トライアルで作ってみた愛媛県産広葉樹限定のモザイクボードの評判もいいので、増産も視野に入れているのですが、そのためにも都市林業の果たす役割が非常に重要になってきます。




先週末に地元のあいテレビの収録がありました。事前に事務所に電話いただいた時に、おっ!もしかして今、弊社が取りくんでいる世界一の樹種数誇る木材標本『森のかけら400』に関する情報がどこからか漏れ出し、すわスクープ取材か?!と思ったのですが、残念ながらそうではありませんでした。とはいえ全然かいけい関係が無いという事もないのです。数年前からよく『SDGs(エスディージーズ』という言葉を耳にするようになりましたが、これはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。今回はこのSDGsテーマの番組に関わる取材でした。

SDGsがどういうものかを伝えるために、それに関わるような企業をいくつかピックアップして紹介するという企画でした。そういう意味では材木屋というのは分かりやすい職業だと思われたのでしょうが、こちらとしてはSDGsなんて意識したことも無ければ、それを売り看板にしているわけでもありません。根本的にやっていることは昔から変わりませんが、扱っている商品が「持続可能な自然素材」というだけで、それを後付けでSDGsの象徴みたいに思わるると背中がこそばゆいのですが。

いろいろ思うところはありますが、何はどうあれ木にスポットライトを当てていただけるのはありがたいこと。ここは「いよいよ時代が追いついて来たか~(笑)」という思い上がりで、来るもの拒まず。ありがたく取材をお受けさせていただきました。今回リポートしてもらったのがあいテレビの山内加菜子アナウンサー。最初に、木に対する知識は少なくてと仰っるので、ならばと宣伝を兼ねて喋りまくり。9時から始まった撮影が終わったのは14時前。番組は5~6分なんですけど、そんな事は関係ありません。

こちらの喉も持続可能性が高い!その中でいろいろな木の話をさせてもらったのですが、そのたびに山内さんが新鮮な驚きの表情を見せていただき(マスクをしているので私がそう感じただけですが)、サービスレスポンスだとは分かりつつも、やっぱり若い人には木の話は「知らない世界」なんだと感じました。山内加菜子アナウンサーの知らない木の世界・・・加奈子の・・・知らない世界・・・はっ!『マツ子の知らない世界』!しかもあいテレビはTBS系列局。これはいける!

という事で取材の途中にこの事が思い浮かんだ私はそこからずっと『カナ子の知らない木の世界』の番組企画を提案。もちろんオープニングは、世界一の種類の木材標本製作を目指す変態材木屋が露払いを務めさせていただきます!いやむしろSDGsきっかけで生まれた発想なので短い5分番組でいいので継続可能な帯番組のほうがいいか。1日1種喋ったとして400日はいけるので休みなしでも1年は頑張れます。『森のかけら400』の発売開始記念と第一回放送日が重なるのが理想の展開。山内可菜子アナウンサー、頑張りましょう(^^♪




アメリカでは昨年からの新型コロナウイルス感染で住宅着工数が大幅に落ち込んでいましたが、新大統領になって政府の経済対策と低金利政策によって脅威のV字回復となっています。その結果、製材市況は急激に反転し産地価格は大暴騰!現地では木材が足りない状況になり、カナダの製品も品薄、その余波で日本への輸出材も大幅に不足する事態になっています。それでも材が足りないので値段は更に暴騰。米材を扱うメーカーからは連日「製品価格値上げのお願い」のファックスが矢継ぎ早に送られてきます。

かつて経験したことのないほど激しいウッドショックとなっています。米材製品が不足しているため、代替材を国産材に求めたために国産材製品も不足するようになってきてこの混乱は今後しばらく続く、いや更にヒートアップすると思われます。材木屋としての王道からは随分と遠いところを歩んでいる弊社としては、今のところ影響は最小限。そのもも日頃から米松の構造材、羽柄材などの汎用性の高い製品を扱っていないので影響も少ないのですが、業界が大混乱する中で自分の立ち位置がどれほど中心からずれているのかを自覚させられます。

とはいえこの状況が長く続くと想定外の多方面に影響も出てくると考えられます。売れなくても困るし、売れすぎるとモノが集められなくて困ると、自然素材に依存する業界としてはほどほどの加減というのが難しい。問屋や材木屋がダム機能を果たしていないという事も事態を悪化させている一因ですが、だからといってこのウッドショックが解消したら、これに懲りて在庫を手厚くするかというと、そんな事はないと思います。極力在庫を減らして売れるモノを売れだけ在庫するというのが今の主流。それは汎用性のある木材についての考え方。

きうちのようにそもそもその材の出口すら定まっていない木材を扱うマニアックな材木屋にはあてはまらない概念です。生材を乾燥させる期間(仕入れ忘れ期間)や、材の存在をPRする期間(自分だけが愛で満足する期間)、削ったり塗装して仕上がり具合を確認する工程(ブログネタの撮影タイム)など、その材がいつでも触れる距離にある必要性があるのです。巷は品不足のウッドショックですが、弊社は(久しぶりに)在庫を整理して、変わった材が溢れるマニア度の高いウッドショップを目指します!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Scroll Up