森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

本日も『モザイクタイル』の話ですが、更に調子に乗って遂に手を出してしまったのが禁断の甘い果実、『ビンテージ・モザイクタイル』。誤解があるといけないので正確に言うと、『ビンテージ風』。ジーンズなどで使われることの多い「ビンテージ(Vintage)」ですが、本来の意味は葡萄の当たり年に作られた上質のワインを示す言葉だったそうですが、それから転じて、「年月を経て深い味わいが生まれたもの、年代物の名品」などの代名詞として使われるようになった言葉です。


楽器やオーディオ、時計、車、衣料品などの名のある職人の手によって作られた名品に冠せられ、商品に箔をつける言葉なので軽々しく使うべきでないというのは百も承知ながら、商品の狙いを一発で理解していただける言葉としてビンテージの名を冠させていただきました。しかし、長い年月を経てほどよく経年変化して味わいが生まれたものではなく、古っぽく見えるように人為的に『エイジング加工』したものですから、あくまでも『ビンテージ風モザイクタイル』ということです。

 

20160311 3新品に故意に傷をつけたり、引っ掻いたり、汚したり、塗装がところどころ剥げたような塗装を施して、使い込んで古びたようにみせる技法ですが、男の子なら一度ぐらいは戦車や戦闘機などのプラモデルでやった経験があるのではないでしょうか。プラモデルなどの世界では、風化させるという意味で『ウェザリング(weathering)』などと呼ばれることもありますが、いずれにしろ「汚して価値を高める」という特殊なテクニックで、遂に私もこの分野に手を出してしまいました。

 

20160311 2これは否定的な気持ちで言っているのではなく、逆にこういう事が好きゆえに歯止めが効かなくなってしまうのではないかという心配から今までは決して手を出さなかったのです・・・。子供の頃から好きなものにはのめり込む性格で、特に絵を書いたりモノを作るのは大好きだったので、集中すると本当にご飯も食べなくなるぐらい。それでは仕事にならなくなるので長らく封印しておいた「汚し作業」、アート気分で手が止まりません。毎晩お風呂で油性分気を必死で洗い落とす日々・・・。




 先日発売を始めた『モザイクタイル』ですが、予想以上に評判がいいので調子に乗って生産急増中!「慣れ」というのは偉大なんもので、当初は四苦八苦していた作業も、ドンドン効率化が進み、恐ろしいほどのスピードで生産力アップ!通常もっとも価値が高い無節で綺麗な部分を「ノーマル」とし、通常は欠点扱いされる節や傷、ピンホール(虫穴)を「キャラクター」としたことで、今までその取扱いに手を焼いていた問題児が急にスポットライトを浴びる存在に大変身することに

 

それだけでも『モザイクタイル』を作ったことの意義があると思っています。えらいもので、そういう視点でものを見始めると、節も傷もないノーマルなタイルがなんとももの足りなく感じられるようになってきて、節はないか、傷はないか、虫穴はないかと探している自分がいる始末。まだ本格的な販売に至っているわけではありませんが、売れ始めると大ブレイクしてしまうのではないかと、取らぬ狸の皮算用中で、在庫だけは急増しております。後はいつ火が点くのかを待つだけ。

 

ということで、こんな感じで続々と仕上がっていますが、こうなったらこうなったで、もう少し厚みにも変化があったらいいのになんて声も聞こえるように。確かに今は平面でのバリエーションなので、これに厚みのバリエーションまで加わると面白い・・・いや、待てよ。それだと、何か似たような商品がなかったかしら?そう、それだと『モザイクウォール』になってしまうではないか!端材ベースで、なるべくシンプルな加工で、という切り口なのでどうしても似た結果になってしまうのです。

 

ということで、厚みはバリエーションは見送ることに。むしろサイズを増やすよりも樹種が増えるほうが面白そうなので、ここからは樹種を増やしていく方向に舵を切ることしました。生産量が上がるにつれて、在庫の保管体制が問題となってきましたので、これもフローリングの端材を利用して在庫品の保管と展示を兼ねた収納箱を作ることに。ああ、これがあれだけ売れたらどれだけこの箱作らないといけないんだろうと妄想が頭の中を駆け巡る・・・モノづくりはこの頃がが一番楽しい!




20160213 4日も『モザイクタイル』の話です。何より皆がひとつになってものを生み出すという過程こそが重要なのであって、手作り感満載の『モザイクタイル』などはまさにその典型。自分たちが関わって作ったという根源的な喜びのあるものって、対面で売るときにいかに強い根拠になることか!ところでこの施工方法ですが、裏面にボンドでも使って自由に貼り付けて下さいという甘えのない商品ですので、施工方法も自分で考えるのが楽しいというDIYを楽しむ方を対象と考えています。

 

20160213 2ところで気になるお値段の方ですが、80X80X10㎜の『キャラクター』¥60、『縞柄』と『ユニ』が¥50、『ノーマル』が¥40。2倍サイズの160X80X10㎜の『キャラクター』¥120、『縞柄』と『ユニ』が¥110、『ノーマル』が¥80。1/2サイズの40X80X10㎜が『キャラクター』¥60、『縞柄』と『ユニ』が¥50、『ノーマル』が¥40(いずれも消費税別)。種類がいくつかありますが、80㎜サイズが基本なシンプルな短歌設定です。

 

20160213 3とりあえず300~400枚作ってみました。これから販売を始めてみて、評判がよければ定期的に作っていくつもりです。なので、現在のところは鬼のような注文が舞い込んできても対応できませんが(捕らぬ狸の・・・)、今後樹種やサイズも徐々に増やしていきたいと考えています。これがうまくいけば、かなり有効な端材の出口が確立されることになります。そしていずれこのモザイクパネルに触発されたアーティストが現れ、巨大なモザイクパネルアートを作成し世界的話題に・・・

 

20160213 1と、妄想は翼を広げて既に飛び立っておりますが、まあ地道に加工していきたいと思っています。ようやくこれで今年1つ目の商品が生まれたわけですが、なかなか残りが埋められない『今日のかけら』も含めて、出口商品の開発を急がねばならないと思っています。周辺環境を見回すと、南洋材をはじめ入手ルートがどんどん痩せていっており、世界の多様な木をいつまで集め続けられるのかかなり不安になっています。だったらやっぱり端材は置いといた方がいいのかと・・・迷宮。




20160212 1昨日に続いて、新商品『モザイクタイル』のご紹介です。マイナスをプラスの価値に変えるということが、この商品のコンセプトで、節やカスリ、ピンホール、他と馴染みにくい強烈な縞柄やユニフィンガージョイント部分など、通常では問題視されるネガティブ要素にスポットを当てて、それらこそが輝く世界としてこのステージを作り上げました。節なんか使えない!虫穴さえ開いていなければなあ~!なんて声にムズムズしていた私の中の偏屈なひねくれ者魂に火がついてのです!

 

 

20160212 2実際加工して並べてみると節やピンホールのある個性派たちがなんと輝くことか!しかしそれらだけではあまりに濃過ぎるので、やはり全体のバランスとしてはノーマルも必要です。さまざまな個性がバランスよく並ぶということが重要で、結果として倉庫に眠る様々な種類の端材が活用できる場所がまたひとつ出来たということになります。形を整えることは勿論大切ですが、こういう商品コンセプトの骨格をきちんとしていないと、何のために何をどう作るのかがすぐにぶれてしまうんです。

 

20160212 3特に原料が端材であるからこそ、そこをきちんと詰めておかないと、ただ余り物でなんでもかんでも適当に作ってしまった副産物みたいなものになってしまうのは嫌なので、後付けではなく最初からキッチリコンセプトは固めておくように心がけています。それと具体的な商品とがなかなかうまくつながらず、完成するまでのもの凄く時間がかかったり、消滅してしまうアイデアも無数にあるのですが、それらの夢の残骸を乗り越えてようやく1つ、また1つと新商品が生まれていきます。

 

モザイクボードなど大掛かりで特殊な技術が必要とされる商品は別にして、端材ベースのオリジナルな小物商品を作るうえで重要なことは、なるべく自社内で完結できること。原材料がほとんどゼロに近いという端材の最大の恩恵を生かすためにも、加工賃をなるべく抑えて低価での販売を目指さねばなりません。少人数のわが社では、スタッフ全員が多能工的に、塗装から加工、磨き、袋詰めまでなんでもやります。年々身につけた(つけさせられた)技術もアップし生産性も飛躍的に向上。




久しぶりの新商品のご案内です。昨今のDIYブームに便乗したというわけではありませんが、最近弊社にも「自分で加工したい、取り付けしたい、アレンジしたい」というお客さんが多数起お越しになられます。それで、一般の方が手軽に、自由に、しかも低コストで施工できるインテリア商品として作ったのがこちらの『モザイクタイル』!プロ仕様というわけではありませんので、仕上がりも多少誤差のあるザックリ仕様です。数ミリの誤差が気になる神経質な方にはお薦めしません。

 

20160211 2メープルアカシカ、オーク、バーチ、ブラック・ウォールナット、ビーチなどなどの世界各地の木を原料としていて、サイズはおよそ80X80X10㎜が基本。節などのコンディションに合わせて、大きくいくつかのグループに分けています。大きな節や割れ、虫穴のあるものを『キャラクター』、縞柄やカスリ、筋などのあるものを『縞柄』、無節の素直なものを『ノーマル』、フローリングの継ぎ手部分が含まれるものを『ユニ』と分けていますが、基準は弊社の独断と偏見。

 

20160211 3その80X80X10㎜が2つ繋がったものもあって、例えばそれがノーマルだと『2ノーマル』、ユニだと『2ユニ』と呼びます(160X80X10㎜)。またそれを縦に二つ割したものは、『1/2ノーマル』、『1/2ユニ』(160X40X10㎜)。80㎜を基準値としているので、どれでも組み合わせられるようになっています。こちらのサイズにもそれぞれキャラクターや縞柄、ユニなどがあるので、組み合わせ方によってはかなりバリエーションが増えると思います。

 

20160211 4これらすべては、植物性オイルで塗装されていて、軽く面を取っています。フローリングや内装材の場合には一般的には歓迎されない節やカスリ、ピンホールなどですが、それも森で生きた証であり、木々の個性。なんとかそのマイナス部分をプラスに出来ないかということを考えていて、この商品はそういう個性を前面に押し出しています。80㎜角の世界においては、節もピンホールもないノーマルはむしろ味わいがなくてつまらない。個性溢れる木こそが歓迎される世界なのです




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up