森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

どうも今年は『カキ(柿)』にご縁があるみたいで、またまたカキの木が弊社にやって来ました~!前回前々回のルートとは別の『都市林業ルート』から立派なカキの幹をいただきました。といっても庭木や街路樹の2次利用を考えている都市林業ルートなので、巨大なテーブルサイズの一枚板とか、銘木の誉れ高い墨流しのクロガキだとかいうものでもありません。量にすればわずかこれだけですが、こうしてご縁のあるところから少しずつ少しずつ集めていくというのが都市林業の本懐です。

活動の成果をすぐに数字で求めたがる傾向にありますが、植林された木を計画的に伐採する経済的な林業活動と違って、いついかなるタイミングで何の木がどれだけ伐採されるか分からない都市林業は、亀の歩みのごとく少しずつ少しずつです。それでもこうして材が集まり始めてきたという事は大きな前進です。私の場合は、『森のかけら』という出口があるので変わった木でも、それが少量でも受け入れやすいのですが、この出口を作るという事が材を集める以上に難しく、それこそがビーバーの使命。

このカキはいつもお世話になっている造園屋さんからいただいたのですが、どれぐらいのサイズをどれぐらいに伐っておけば加工しやすいかを把握していただいているのでとても助かります。しかもこのカキ、結構通直だったうえに伐採したタイミングがよかったのか、割ってもまったく挽き反りもなく、水分も適度に抜けていてコンディションも抜群!わずかな量ではありますが、今まで挽いたカキの中では最高によかった!「銘木的な価値」のよかったではありませんよ、あくまでも「かけら的価値」!

いろいろな樹種を扱うようになると、建築や家具的基準にでは見えない測れない価値が見えるように。今回は『森のりんご』サイズも確保出来ましたが今後の乾燥が重要という事でいつもは使わない「小口に新聞貼り」で割れないように願掛けをします。首位を独走するわが阪神タイガースにあやかり、デイリー新聞の佐藤と大山がアベックホームランを打った日の新聞を使用。これできっと上手く乾いてくれるはず。新聞を見て「これがOS砲の記念すべき1発目やったんだ~」と懐かしく思い返す頃が使い時です。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up