森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20090721 藤山さん2今宵は、カウンターなどの木材で関わらせていただいた【Blue Marble/ブルーマーブル】さんのレセプションにお呼びいただき、関係者が多数集まり盛大に開催されました。こちらのお店は、松山市大街道で【naturel/ナテュレ】を経営されている藤山 健オーナーの別形態のお店です。いつもお世話になっているエス・デザインスタジオ佐野さんが、プロデュースされた関係で、カウンターなどの木材を使っていただく事になりました。自然派志向のお料理を出されるオーナーの意向と、無垢の天然素材がピッタリマッチしたようです。右の男前がオーナーの藤山さん。

 

さらに、縁があるというか、このビルの4Fには、弊社の【森のかけら】の新しいロゴやホームページなどを作っていただいた、パルスデザイン大内さんのオフィスがあり、その階下にはこれまた【森のかけら100】をご購入いただき、お付き合いのある弁当作家尾原ミナさんのオフィスがあるという奇遇です!そこに、このたび【Blue Marble】さんが入られ・・・レセプションでは、ビルのオーナーである青葉土地コーポレーション田中啓文社長にも、【森のかけら】ご購入の内諾(!田中社長、ありがとうございます!)を得ましたので、もはやここは【森のかけらビル】では・・・!私は密かにそう呼ばせていただいております。

 

20090721 スタッフ

スタッフの皆さんも元気で若くて気持ちいいです。おいしい料理とお酒をたっぷりいただきました。こういうお店はやはり、料理の味も勿論ですが、お店の雰囲気やスタッフの方の作る空気みたいなものも大切だと思います。最後まで笑いが絶えないレセプションについつい長居させていただきましたが、とても和やかに対応いただいたスタッフの皆さんの笑顔が印象的でした。正式なオープンは8月2日ということです。頑張ってください!

 

それでは、お店で使っていただいた木材のご紹介。カウンターとテーブルには、樹齢は150年にならんとする【秋田杉】を使っていただきました。加工から塗装までの経緯については、佐野さんのブログに詳しいので、そちらも是非ご覧下さい。秋田杉の名前は、建築とか木材にあまり興味のない方でも知っているくらい有名で、『日本三大美林』のひとつに数えられます。【青森ヒバ】、【木曽桧】を加えた、天然に自生する美しい林相の事を指しています。しかし地域性の問題もあり、このあたりで秋田杉が使われる事は稀です。地元の久万杉ほもとより、屋久杉魚梁瀬(やなせ)杉吉野杉などの名だたるブランド杉が豊富に存在する西日本では、秋田杉の影は薄く、ものの本などで「あの日本三大美林の秋田杉~」として、使われるよりも『語られる存在』に近いかもしれません。物流の問題もあるでしょうし、そこまで遠い秋田の杉に固執する方がいるかという事です。そのため、このあたりでは秋田杉といえば主もっぱら『高級天井板』として使われる事が多かったように思います。

 

20090721 ブルーマーブル 秋田杉3秋田杉の魅力は、木目が通直で均質な事で、天井に貼るとその木目が優雅で品があります。業界では『にぶさん』という呼び方をしますが、これは板の厚みが『二分三厘』(約7㎜)ということに由来しており、秋田杉の代名詞のように使われていました。しかしそれも長引く建築不況で安価な印刷物に取って代わられました。それらは節のない木目の大人しい部分を選んで加工していますが、東北の厳しい気候の中で、積雪と戦った歴戦の証である節にも秋田杉の魅力はあります。

 

20090721 ブルーマーブル 秋田杉長さ4m幅600㎜、厚み80㎜の大きな節ありの耳付板をカウンターに1枚と、テーブルに2枚使っていただきました。片耳をストレートカットして、オスモカラーのラーチ色で着色したので、一見杉っぽくありませんが、その触感の優しさはまぎれもなく杉です。ダイナミックな節と柾目部分の上品さが混在しています。皆さんがしきりに表面をなでていただきました。秋田杉ならではの、均質な木目の詰まり具合がほどよい触り心地を与えてくれるのでしょう。私にはその光景が、遠い秋田からよくぞ愛媛まで来たなとねぎらっていただけているように映り、感慨深いものがありました。

 

さすられるほどに、なでられるほどに、『秋田の杉』は『愛媛の杉』になっていくのです。

この項、まだまだ続きます!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年12月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Scroll Up