森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20130604 1さあ、全国木青連の『かけらの仲間』紹介もいよいよ佳境。最後はかなり濃いいメンバーが揃いました!かつて総務委員会に出向させていただいていた当時、一緒に汗を流していた頃とは人も姿もすっかり変わってしまった(?!)東京都の『新木場のブルース・ウィルス』こと向殿長敏君〔秋川木材㈱・代表取締役〕。額には岩手に捧げる「じぇじぇ」の文字がクッキリと刻まれています。身を削ってでも場を盛り上げるその生き様こそが彼が誰にでも愛される理由。

 

20130605 3関東地区からもう1組。こちらはネットで親密にお付き合いさせていただきながら、リアルでお会いするのは今回初めてという不思議な感覚。千葉県富津市の『飲まずに死ねるか!千葉のビールキング』こと高梨悟さん〔㈲高梨木材・代表取締役〕とコンビの吉野文男さん〔㈱ヨシモク・専務取締役〕。高梨さんは、弊社の商品の多くをご購入いただいている真性の『かけらファン』。空白だった千葉にも新たに大きな2つの柱が立ち上がりました~!

 

20130605 2

続いては、福岡県朝倉郡の『眠れる木の真価を叩き起こす木挽きモンスター』こと杉岡世邦君〔㈲杉岡製材所・専務取締役〕。まあ、木を語らせれば彼の右に出る者はいないでしょう!理路整然でありながらもとことん熱い!聴いているこちらが火傷するほど熱く木を語る九州男児。西日本新聞に連載を持ちいずれは印税でも食っていかれることでしょう。溢れる木の知識で全身武装したモンスターがいるんですから・・・日本は広い、福岡の懐の深さ恐るべし!また腰を据えて木の話しましょう~!

 

20130605 4そして今回の大会のもうひとつの大きな目的、それが彼に会う事!大阪が生んだ『顔で笑って心でなぐる・竿を握ったナグリスト』こと橘明夫君〔㈲橘商店・代表取締役〕。私にとって最近もっとも旬な男!恐らく全国でも数えるほどしか存在しない名栗加工の専門店の四代目。その野望と好奇心は、国産材や外在の垣根をひょいと飛び越えて、木の真髄が現れるまでなぐってなぐって殴りまくる。その意識と感度の高さには惚れ惚れします。詳しくは、いずれ改めて〔橘明夫特集〕にて。

 

20130605 5以上が今回全国大会で再会を果たした(初めてリアルで会った)『かけら』を寛容な心で受け入れてくださった熱き材木人の皆様たち。少しずつですが『かけら』が熱病のごとく全国各地の熱き男たちの魂の中に増殖中!今回ご紹介させていただいたメンバーはごく一部。一部とはいえ、かなり濃厚で個性的な方ばかり・・・。新しく若手の方々ともつながりが増えました。業界の未来を憂う声などどこ吹く風、木材野郎の未来は明るく元気!さあ、明日も木を売って夢を語ろう~!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
Scroll Up