森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

大五木材社外ショールーム』とも呼ばれるお弁当作家尾原聖名(みな)さんの自宅に少し前から、タイからの留学女子高生が滞在中。折角なので日本の風物詩を楽しんでもらうおうということで、夏のマストアイテム「そうめん流し」をする事になり、我が家にもお声がかかり私と娘がお邪魔しました。食に対して研究熱心な聖名さんは、最近では上棟時のお祝いのお弁当分野にも進出~!大工さんの知り合いも多くて、当日も大工さんにそうめん流し台を製作してもらっていました。

 

こういうちょっとしたモノを簡単にパパッと作ってしまう姿には男でも惚れ惚れします。女子なんか特にそうでしょう。大工さんと近いところで仕事をしている関係で、なぜか小器用に思われることが多く、家内や子供たちから日曜大工で作り物を頼まれたり、一般の方がやって来られてちょことしたものを作ってくれ(これぐらいのものならプロだから簡単に作れるでしょう的に)と頼まれることがありますが、近くで仕事をしているからといって、その技術が身についているわけでは無い。

 

なのでいつも残念な結果に終わってしまうことが多いのです。それでも少しはその期待に応えねばと、仕事の段取りとか作り方を観察するようにしているのですが、当日は流れてくるそうめんを捉えるのに必死で目が届かず。タイガールも不慣れなそうめんに多少の戸惑いはあったものの、楽しみながら上手に流していました。聖名さんのところの小学生の娘さんともなかなか息のあったいいコンビぶりを披露。ここにいると、これからも日本の食事文化をたっぷりと堪能できそうです。

 

タイから数人が留学しているそうですが、全国各地に散らばってホームスティするそうで、松山に来ているのは彼女一人ということ。タイといえば、弊社にとっては『かけらコンプリーター・山東智紀さん』がいらしていて、フェイスブックを通じて日々タイの動植物や暮らしの情報を得ているので、気持ち的には遠い国ではありません。タイガールに出身地を聞いたら山東さんのお住いのところとはだいぶ離れたところでしたが、これも何かのご縁と日本の木のモノをプレゼントさせていただきました。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up