森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

いよいよプロ野球も大詰め。前半戦の調子だと愛しの阪神タイガースがそのままぶっちぎりの優勝かと思われましたが、昨年の最下位であった伏兵ヤクルトの脅威の快進撃で攻め込まれて近年稀にみるドラマチックな展開になってきました。日々、阪神が勝ってヤクルトが負けたら勝率がこうなってどうなってと妄想が膨らんで仕事も手につかない有様。26日の阪神の最終戦でも結論が出なかった場合は、11月1日まで結果が持ち越されるという歴史的大接戦!

コロナの影響もあって昨年に引き続き今年も無観客になったり入場制限がかかったりと、宿泊まで含めると早くから予約をしないと甲子園(京セラ)遠征が出来ない地方の虎党にとっては我慢を強いられる1年となりましたが、この時期まで楽しませてもらっれ大満足です!願わくば有終の美を迎えたいところですが、主力選手の怪我や離脱でベストメンバーが組めない中での泥臭い勝利に感激しており、来年以降の黄金時代の到来に期待も膨らみます。髙橋遥人も復帰後は無双の活躍を見せてくれたし、来年は藤浪晋太郎とともに左右のエースとして頑張ってもらいたい!ということで恒例の2021年の私的タイガースの振り返り。

ドラフトでは高知の森木大智が取れたし、2位の鈴木優斗、3位の完全試合男・桐敷拓馬と、上位3人は木にちなんだ選手が選ばれたのは嬉しいというか今後のネタになりそう(笑)。いつもならば甲子園に行って来ましたと、試合の勝ち負けに関わらずブログにもアップするところですが、コロナ禍ということもありちょっと控えておりました。今年の野球観戦は、3月に京セラでオリックスとのオープン戦2試合(この試合で、今年宮城紅林、宗、杉本のブレイクを確信)。6月に甲子園でDeNAとの2連戦、7月に初めての次女と一緒に甲子園で巨人戦、同月松山坊ちゃんスタジアムでジュニアオールスター戦、8月に同球場でヤクルトVS巨人の2連戦と合計8試合。コロナ禍の中では致し方ない数字です。秋にはファームの四国遠征(香川、高知)があるのですが今年はそれも中止。今年はファームも日本一になるほど強かっただけに残念・・・

翌年の日程はだいたい年明けの2月ごろに発表されるのですが(今年はオリンピックもあって早めでした)、日程を見ながら泊まり込みで行ける試合を探すのが恒例の楽しみ。来年こそは甲子園・京セラで最低でも10試合は観戦したいと思っています。そんなに熱入れてたら仕事にならないと思われるかもしれませんが、この熱量が遂に仕事につながることにもなったのですが、それはまたタイガースの祝優勝・日本一のブログででもご紹介します。望めば夢叶う!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up