森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

遅ればせながら今日から、『8月の適材適所』を発送しています。ここ数ヶ月すっかり1月遅れが常習化しており反省しているのですが・・・決して確信犯ではないです!なんとか今月は月内にお届け出来るように仕上るつもりです。手書きの拙文ですが、楽しみにしていただいている奇特な皆さん、今しばしお待ちを!

20090902 エコップその『適材適所』の私の欄で(右半分のページ)、アフリカ産のマメ科の木【エコップ・ナガ】を取り上げさせていただきました。紙面に限りがあるので、そこで書ききれなかった補足です。別にネタばれのような内容ではないので、『適材適所』がお手元に届く前にこちらをご覧になっても問題ありません。多少内容はかぶりますが。もともと、このエコップの板は和室の床材(とこざい)の床板や地板用に製材・加工された物で、厚みは35㎜と少々薄いのですが、長さは4000㎜で、広いものは幅が750㎜もあるので、厚みさえ納得してもらえればカウンターにも有用です。

20090902 エコップ2マメ科の木らしく木目がくっきりと際立っていて、上品な雰囲気が漂います。画像の板は無塗装ですが、オイルを塗るとやや濡れ色の濃い茶褐色になります。そもそも高い精度が求められる床の間材用に乾燥させてあるので、このサイズでありながら信じられないくらい乾いています。しかも、ワイドプレーナーで加工してありますので、この後の加工作業はかなり軽減されます。木目も床の間を前提としているので、全体的にもかなり整っています。

 

上の画像の小口に緑のテープが巻いてあるのは幅350㎜です。このサイズだと住宅のカウンターとしても少し狭いかもしれませんが、4000㎜の長物で反りや狂いがないという事が最大のウリなので、出来れば長さを切らずに長いままで使っていただきたいです。一般的に木目のくっきりした木は、長く木取りするとベタ反りしやすい傾向がありますが、このエコップはねじれもほとんどなく、長いまま使える木です。

20090902 エコップこれだけのサイズで、材が安定していて即納できるというのは本当に貴重です。耳を擦り落としたストレート・カットですが、厚みが薄い分だけカウンターにも似合います。カウンターとしても有用ですが、ダイニングテーブルとしても使えます。ただしどちらの場合も、長いまま使う場合は、念のため反り防止のアリ桟を入れることをお忘れなく。今この状態では安定していても、現場の状況次第では反ったり割れることもありますので、あまりに過剰に期待するのは禁物です。

「エコップは何故【森のかけら】に入ってないのですか?」という質問を受けましたが、荒材で35㎜しかありませんので、この板からは【森のかけら】は作れません。たまたまこの板はありますが、これ以外のエコップは入手予定がありません。目の前まだリスト未掲載の木が大量にありながら、それから【森のかけら】を作り出せないというのは臍(ほぞ)を噛む重いです。簡単に手に入らないからこそ価値や感動もひとしおなのですが・・・。

あまり聞き慣れない名前でしょうが、『エコップ・ナガ』、材があるだけの供給です。是非この機会に使ってみようと思われる方はお早目にご連絡下さい。価格は、このままの現状渡しで、最小サイズから最大で¥60,000~¥130,000/枚(消費税・送料別)です。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up