森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20150218 1トロイと『トネリコ』の話の続きです。古代戦争では武器として利用されたトネリコですが、平和な時代になるとトネリコはその特性を活かして暮らしの中に溶け込みます。粘り強さと強靭な事から、スキーの板、杖、平行棒、農具の柄などに使われました。野球のバットにも使われたともいわれていますが、それは同類のアオダモと混同しているのかもしれません。いずれにせよ握って強く振り回すような道具にはもってこいの材と言えます。

 

20150218 2 北欧では、トネリコは湿った立地を好むことから、水の壊滅的な力からひとを守ってくれる魔力を秘めていると信じられてきたようです。またトネリコは海神ポセイドンの神木とされていたことから、当時の船乗りや漁師たちは、船が転覆しないように護符としてその木切れを船に持ち込んだり、船の細部の仕上げ材に使いました。また雨との関連付けからこの木を雨乞いの儀式にもトネリコは霊力がある樹として使われました。

 

20150218 3また俗信では『傷の木』とも呼ばれ、その樹皮はよき傷薬として、蛇に噛まれた傷を治す特効薬として使われてきました。『医学の父』と呼ばれた古代ギリシャのヒポクラテスもトネリコは、痛風やリューマチの治療薬や利尿作用のある良薬として用いたと記しています。19世紀のイギリスとフランスでは、熱が出たり歯痛がある時には、手足の爪を切ってトネリコの樹の下に埋めれば治ると信じられていました。

 

20150218 4それは人間にだけ有効なのではなく家畜にも効く特効薬とされていたことから、アルプス地方以北では家畜の飼い葉としてニレの葉についで昔から農場の近くに植えられていて、今でも古い農場や城砦には残っています。北欧の神話の中には、「この世で最初の男はトネリコの木から作られ、最初の女はニレから作られた」との記述があるように、北西ヨーロッパにおいてトネリコはもっとも権威のある落葉樹であるとされています。更に明日に続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up