森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

少し前にその制作過程をブログでアップしていたモザイクテーブルですが、先日納品させていただきました。ご注文いただいたのは、お弁当作家として各方面で大活躍されている尾原聖名(ミナ)さん・太郎さんご夫妻。このたび山越に新居を構えられる前からの古いお付き合いです、今までにも弊社のイベント等でもいろいろお世話になっていたのですが、新居建築にあたってテーブルをはじめ家具や内装材のご注文をいただき、引き渡しの日に、テーブルや椅子をお届けにあがりました。

 

20151122 2当日はお引き渡しという事で、設備のご説明等もありましたので、後日改めて落ち着いてから撮影に伺わせていただくつもりなのですが、まるで大五木材のショールームのごとくいろいろと弊社の商品をお使いいただいておりますので、それぞれについてご紹介させていただきます。コラボハウスさんの設計・施工で、自宅でお料理教室も開催される予定という事で、キッチンがふたつ並んだ特別な造り。テーブルはモザイクボードを2枚剥ぎ合わせて、角を丸くしてエッジをつけてます。

 

以前からよくお問い合わせをいただいていたのですが、実物がなかったことから商談が進まなかったのですが、これを機会にこの仕様で規格化。同サイズを事務所にも展示しております。当然のことながら、仕様は同じでもモザイクボードの樹種やバランスはその時の端材状況に大きく左右されますので、その時々で赤身が強かったり、黒味が多かったりとそれぞれ。長方形のモザイクボードを丸くカットしたりするので、どうしても製作過程で端材が発生しますが棟梁が棚として活用していただきました。

 

他にも郵便受けなどに使っていただきました。そもそも『モザイクボード』という商品が端材を捨てるのがモッタイナイという発想で生まれたものですから、そこから再び発生してしまった端材だって無駄にはしたくありません。その思いが強すぎて、当初は材が無駄にならないスクエアなものばかり考えていましたが、あまりそこにこだわり過ぎていると折角のモザイク柄がモッタイナイ呪縛で自由な発想が出来なくなっていたので、頭を切り替える事に。それで生まれたのがこういうモザイクチェアー。続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年8月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up