森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

静謐な空間の中で神聖な祈りを捧げる場所、ここ三重県の瀧原宮パワースポットとしても有名な場所です。隊長(武田ビーバー製材の武田誠さん)から、瀧原宮に連れて行ってもらえると分かってから、事前に予習をしておこうと瀧原宮の事を調べていると、ゼロ磁場で有名な長野県伊那市の「分杭峠」と同じく、中央構造線上に位置することから同様のエネルギーを感じられるパワースポットであるということを知り、『ムー世代』としてはこれは現地で検証せねばなるまいということで、三重に旅立つ前日に慌てて方位磁石を購入。

私は物理や数学が大の苦手の文系ですが、同様に理系が不得意という方のために一応ゼロ磁場について基本的な説明をしておきますと、地球にはS極(北極)とN極(南極)があります。地球そのものが大きな磁石なのですが、このS極とN極が地表付近でぶつかり合って、互いの力を打ち消しあっている地点がいわゆる『ゼロ磁場』というもので、ゼロというのは磁場が無いという意味ではなくて、2つの巨大な磁場が拮抗してる状態の事です。そこから目に見えないエネルギー(気とも呼ばれる)を発しているということなのです

私、こういう話大好きで、ゼロ磁場は活断層の付近などによく見られますが、前述した『分杭峠』はその中でも日本最大のパワースポット。テレビなどでもよく取り上げられるので、いつか行ってみたいと思っていたのですが、突然別のゼロ磁場に行けることになり非常に楽しみにしていました。特に瀧原宮の場合は、そのエネルギーが宮内の木に影響を与えたのではなかろうかという「異常現象」が見られる、材木屋にとってはたまらない場所なのです。それがこちらの根元の方から時計回りにねじれた『ねじれ杉』!

まるでカラマツのような見事なねじれっぷり!これだけねじれているにも関わらず、木そのものは真っすぐ天に向かって伸びているのです。宮内のすべての杉がそうなっているわけではないのです。周辺の大きな杉は普通。周辺をよく見てみると、脇の方にもう1本ねじれている杉がありました。これぞゼロ磁場のパワー!と勢い盛んに持参した方位磁石を取り出して、ねじれ杉の元へ。私のイメージとしては激しいスピードでS極とN極が入れ替わり針が振り切れんばかりにグルグル回る、という感じでしたが・・・

実際には、ねじれ杉の傍とそこから少し離れたところだと少しだけ方位がずれているのかなあという微妙なもの。いかんせん安物の方位磁石を買ったためか、気のエネルギーをうまく受け取れなかったのかもしれません。あるいは私自身の心の穢れが原因なのかも・・・。純粋に参拝に来たというよりは、これから足を踏み込みビーバーハウスの結界を超えるための勇気と力をいただきに来たみたいなものでしたから。それでも俗世間とはかけ離れたような静謐な空間で、ビーバーハウスに行くための精進潔斎ができた気分。ところで材木屋としては、このねじれ杉の中身が気になるところ。板に挽くなど畏れ多い話ですが、さぞや異形なる姿が現れるに違いないと思われるのです。『磁場ゼロ杉(過ぎ)』だけに!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up