森のかけら | 大五木材

一日限りのイベントですが毎回楽しみにして来られる方もいてお馴染みさんの顔に出会えたりすると嬉しいものです。木の玉プールだけではなく、木のおもちゃやクラフト商品の販売、自由に木工体験ができるコーナーなども設けているので、時が経つのも忘れて親子で木工に没頭する親子の姿も。時間が限られていることもあって、金槌やノコギリを使ってトントンギコギコというわけにはいきませんので、木のコマに色付けしたりストラップにお絵かきしたり、ボンドで貼り付けしたりというシンプルなものでしたが結構人気。


まあこの場所で大きな木工作品を作っても持って帰るのだけでも大変ですので、これぐらいの方が後の憂いがありません。どちらかというと子供よりも親の方がはまってしまうパターンが多いのですが今回は、のめり込んでくれた子供たちが沢山いまして、中でもこちらの彼は、自前のキャラクターまでお持ちという事で、楽しそうにマグネットにキャラを描き込んでいました。阪神タイガースの帽子を被っている子に悪い子はいません、実に素直で爽やかな少年でした!

こちらは少年の数ある手持ちのキャラクターのひとつである『つつみなし』。本人の説明によれば、『包み紙の無い飴玉』ということです。弊社でも新たにオリジナルの新キャラの開発に余念がありませんが、オリジナルキャラを持っているというのは強いですね~。この写真に写っているのは『森のしるし』の台木で、通常はここに家紋をスタンプしていますが、ちょっと問題のあるB品をイベントに使わせてもらっています。子供たちにはA品もB品も関係ないようで、要はそこに何を描くか。

うまく書けたから持ってお帰りと言ったら、これはここで出会った記念に私にくれると。裏面には名前まで書いてくれて、「(ぼくの事を)覚えておいて欲しいから書いた(なので、あげる)。」なんて感動的な事を言ってくれました。ありがたく頂戴しましたが、いつもここで弊社がイベントしていると思ったようで、またやりたかったのに残念と名残惜しんで、どこに行けば会えるのかと。私が「松山」と答えると少年の住まいは新居浜だったようで、新居浜にはいつ来るのか?と聞いてきます。

残念ながら今のところ私自身は新居浜での仕事の目途はありませんが、家内は木育イベントで県内いろいろなことろを回っていて、近いうちに新居浜も行くらしいので日時や場所の確認をしていました。またの再会を約束して別れましたが、そのピュアな心に私も清められる思い。こういう子供がいつかモノづくりや目覚めたりするのかもしれませんが、木の事についても興味や関心のありそうな子供を見ていると、正しく導けたり話しの出来るおとなとの出会いがいかに大切なのかを考えずにはいられなくなってしまいます。少年よ大樹を抱け!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up