森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

私はあってが弊社にやって来た木材は骨までしゃぶりたいという強欲な人間なものですから、どうしても材の足が遅いというか回転が悪いのです。入ってきた材が、そのまま全部すぐに右から左へと売れる、なんていうのは材木屋の理想といえるありがたい商いなんでしょうが、私の場合はそれだとモッタイナク思えて・・・。それがまだスギやヒノキのように日頃からよく目にしている木であれば、そこまでは思わないものの、変わったりした木だと「自分を素通りして売れてしまうなんて口惜しい!」完全にアウト!

梱包をさばいて1本ずつなめ回すように見て、写真を撮って、自分の肩に乗せて重さや質感を確かめながら倉庫に立て掛けて、値札をつけて、しばらくの間ひとりでニヤニヤしながら眺めては悦に入り、少しぐらい加工をして刃物切れや塗装のノリを確かめて、また写真を撮って、図鑑とかで情報を集めて、たっぷりブログに書いて、それから少しずつ売れてく、というのが私の望むべき姿。経営者としては完全に失格。自分でも分かっているのですが、こればかりはどうしようもない。その木と少しでも関わりあいたいッ!

そんな青臭いことを言い続けた結果が今の倉庫に反映されていて、さすがに私も猛省して、かけら70,000個突破記念という事もあってロングセールである程度昔から眠っている材を回転させようという事にしたのです。そんな思いが神様に通じたのかどうかは分かりませんが、いつもは全部売切れるまでに半年ぐらいかかっている『カランタス』の梱包が、珍しく入荷後およそ1週間で完売!商売としては滅茶苦茶ありがたい事なのですが、そうなると私の中のビリー・ミリガンが目を覚ますのです!

まあ今回はギリギリのところで覚醒させなかったのですが、今回ばかりは一度ブログで書いた材については、『泣いて馬謖を切る』覚悟で売り切ろうと思っています。カランタスは細幅に加工して、天井や壁材としてよく使っていただいているのですが、今回は材に印刷してある文字とかが面白いと気に入っていただきまとめてのおとな買いをしていただきました。市場ではいまひとつ知名度が低く、存在感も希薄なカランタスですが、オイルを塗ればチークと見間違うほどに重厚さと落ち着きが出てきます。モノは使いよう。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up