森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

私のとっておきだった墨流しのクロガキが手元から無くなって数日後のこと、再び「大洲の異能なる変態さん」からご連絡がありました。お店で大人数のパーティなどをするときに料理を乗せるための木のプレートを探しているとの事。それでご来店いただきいろいろ見てもらったのですが、長さ1m前後の小幅の『エンジュ(槐)』が、辺材と心材の色のコントラストが面白いということで、数枚ご購入いただきました。辺材分部に多少ダメージがあったりピンホールもありますが、そんな事を気にする人ではありません!

そしたらついでに欲しいものがあると、またもや危険な倉庫の奥へ!そこにあったのは例のクロガキの挽き落としのペラペラの薄板。もともと仕入れた際は厚みが5寸近くもある分厚い板だったのですが、それでは中身の美味しいところを味わいつくせないと思って、私が半分ぐらいに製材したのです。その際に、少しねじれがあったのでレベルを出すため補正して挽いた時に出来たペラペラの薄い板。厚みは薄くともその体には立派な墨流しの柄が刻まれています。しまった、これも見られていたか!後悔先に立たず・・・

もう先に親が取られてしまっているのですから今更何を言おうと防ぎきれるものではありません。どうぞどうぞと差し出しました。といっても挽き落としの薄板で端は割れて反ってもいます。これをどうやって使いこなせるものか思っていましたが、お店を訪れて納得。あのクロガキを厨房のカウンターとして、そこから立ち上がって壁面にその薄いクロガキは使われていました。塗料を施されて黄色と黒の縞柄は明瞭に。嗚呼、ここまで使い切っていただけたんだなあと脱帽です!木を単なるマテリアルと考えていたら思いつかない発想。

うちの倉庫で初めてクロガキを見たあの日あの時、堀江君の頭の中にはこの光景が浮かんでいたのでしょう。私の大好きなクロガキに素晴らしい舞台を与えていただき本当に感謝です。木を高く買っていただくのも勿論嬉しい事なのですが、木に惚れて買っていただくというのはそれ以上に嬉しい。木は決してひとのためにだけ生まれてきたわけではない。ならば木を使う者はその木に感謝し敬意を払い愛を注ごう!さあ、木を愛するフェチの皆さん、大洲の『Horie Gastronomy Inc』に美味しい料理を食べに行こう。愛ある異能の変態に会いに行こう

Horie Gastronomy Inc(ほりえ ガストロノミー ) 

定休日 :不定




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up