森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日の続きです。こちらの現場では、無垢の木を各種使って頂きました。お施主さんも工務店さんと一緒に数回足を運んでいただき、実際に木を選んでいただきました。フリーリングやパネリングなどの製品の場合、個体差はあるもののある程度サンプルでも理解できます。しかし、1枚板のダイニングテーブルやカウンターの場合はサンプルという訳にはいきません。今時ですから、デジカメで画像を撮って送信して確認という事も出来ます。私もときどき活用していますが、それでも木の質感や微妙な色合いは伝わりません。画像は確認程度にとどめ、最終的には出来る限りご来店いただき現品で確認していただくようにしています。今回も先に画像を送らせていただいた後にご来店いただきました。

しかし時には、「高橋さんに任すから」と言われて一切確認にも来られないお施主さんや工務店さんもいらっしゃいます。それはある意味信頼されている証拠ではあるのでしょうが、やはり本音は見ていただきたいです。無垢の1枚板の場合、耳の角度、全体の雰囲気、節の有無やその位置、カスリや細かな傷、木目、色合い、仕上具合などチェックしなければならない項目が多く、それら全てを託される訳ですから責任感重大です。値段というよりも『感性』に合うかどうかという事の方が重要です。提案するこちらの『感性』が問われます。見積りにもなるべく、サイズ以外のコメントを付けて、特徴を理解していただくようにしています。

calzdb6n

前置きが長くなりましたが、昨日の『ヨーロピアン・ウォールナット』の座卓以外にも、同じスペースに『フレンチチェリー』の耳付の1枚板のカウンター、その腰壁には柾目の『タモ』のパネリング、キッチンカウンターにはストレートの『ブラックチェリー』、畳コーナーの床には『信濃松』の幅広のフローリング、その上に『』の囲炉裏セット、その部屋に『エコップ』の棚、そして1階のフローリングは1820x90x15mmの1枚板のソリッドの『オーク』です。

 

catow4h8

全体的にオイル系の塗料でブラウンに着色していますので、画像からは質感が伝わりにくいかもしれませんが、このコーナー全体が木の空間です。この右のスペースに、例の『ヨーロピアンウォールナット』の座卓があります。『フレンチチェリー』の耳付の1枚板のカウンター、『タモ』の腰板パネリング、『ブラックチェリー』のキッチンカウンターです。

 

 

cabbyiwc

こちらの『』の囲炉裏セットは、久万銘木㈱さんの製作された商品です。床は長野県産の『信濃松』の150㎜幅フローリングです。ダイナミックな節を生かした商品ですが、囲炉裏セットと合わせて華やかな松づくしです。門松にも使われる松は、その枝振りの華やかさと長寿なことから『縁起木』ともされています。

 

 

ca3g6h90

その畳コーナーのカウンターには、『エコップ』の落ち着いた1枚板。塗り壁との相性も良く、上品にお納めていただきました。

久し振りに1軒で多種な材を使っていただきました。この日は気持ちがいいぐらいの晴天で、それぞれの木に春の日差しが眩しく差し込んで、ここで始まる暮らしの先行きを暗示しているようでした。これから木に囲まれた暮らしをご堪能していただきたいと思います。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up