森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

★今日のかけら 【ヒッコリー】 hickory クルミ科・広葉樹・北米産

とりわけ珍しいという木ではないのですが、なかなか縁がなく出会うことが出来ませんでした。私も所属している愛媛木材青年協議会で「『どうぞのいす』を子供達に贈る」という活動をしているのですが、その絵本がとても好きで子供が小さい頃はよく読んでやりました。香山美子先生の親しみのある語り口と柿本幸造先生の温かみのある絵が子供達にも大人気です。本が好きになるか、嫌いになるか、子供の頃の読み聞かせは本当に大事だと思います。

その両先生のコンビ作は多いのですが、「どうぞのいす」に続くお気に入りこそが、「ヒッコリーのきのみ」です。この本を子供に読んでからというもの、「ヒッコリーってどんな木?見てみたい」とせがまれます。しかし当時うちの会社にヒッコリーはなく、恥ずかしながら私もヒッコリーを扱ったことがありませんでした。木を見たことはありましたが、なにぶんヒッコリーでという注文が入りることももなく、またわざわざヒッコリーを勧める業者もいなく、そんなことでずーと縁がなかったのですが、実は子供に見せてやりたいという一身で探していました。

 

しかし出会いにくいという事は、あまり需要がないということでもあります。ヒッコリーの木はしなやかで弾力がありかつてはスキー板としてよく利用されていました。いまではほとんど見かけることはなくなったようですが・・・衝撃の吸収力が高く曲げにも強いよいう特徴があるので、スキー板のほかにもハンマーピック斧の柄にも最適だとされています。他にも釣竿とかドラムスティックゴルフクラブラクロスのラケット車輪のスポークはしごの踏み子など結構用途は広いのです。けれども国内で有名なのは材料よりも、肉の燻製用チップの方かもしれません。いい香りがつくようです。スーパーなどでも販売しているのでよく見かけることもあると思います。

植物学上トゥルーヒッコリーピーカンヒッコリーも分類されます。ピーカンヒッコリーの方が褐色なのですが材の性質そのものはほとんど変わらないようです。レッドヒッコリー、ホワイトヒッコリーと呼び分けることもありますが、これは心材に近い赤身か、辺材の白身かの違いだと思います。散孔材なので、肌目は結構ザラザラした感触ですが仕上がりは綺麗です。オイルを塗っても木目は明瞭ではありません。白太部分も淡い褐色で、ホワイトアッシュと比べても少しくすんだ印象です。クルミ科と聞くと軽いのではと思うかもしれませんが、比重の06~1でかなり重たいです。伸縮が出やすいのでよく乾燥した木を使う必要があります。

弊社ではヒッコリーの挽板と平板があります。挽板は長さ1.8m~2,4mで幅が127~279mm厚みが32mmで60枚ほどあります。倉庫の奥の方にしまっているので画像は後日アップします。耳を断っているので幅剥ぎの家具などに使うつもりです。これはよく乾いていますがやはりズシリとした重量感はあります。もうひとつの平板は長さ2,8m~3,0mで幅300~700mm厚み50~70mmの物が6,7本ありますが、これは・・・重いっ!かなりうちの倉庫で眠ることになりそうです。この木のクラックのひどい部分で『森のかけら』を作ったのですが、案の定乾燥が甘く縮んでしまいました!やはりあせっては駄目ですね。ちなみに値段は¥80,000~¥180,000/本です。挽板の方はご希望があれば見積り致します。

ヒッコリーの木はリスとある約束をしています。これこそ動物界の素晴らしい循環システムです。どんな約束か?知りたい方は是非「ヒッコリーのきのみ」を買って読んでみてください。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年8月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up