森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20120814  1以前に、イシムラトモコ建築設計設計もみじ建築施工のゴールデンコンビが手掛けた『チカミハウス』さんの完成見学会についてご紹介させていただきましたが、お施主さんのご好意で先日「完成慰労会」を催していただきました。『チカミハウス』の工事に関わった職人さんたちが勢揃い。弊社はメンバーの中でほぼ唯一の、施工の絡まない納材業者だったのですが、ありがたくもお声をかけていただき、遠慮なく参加させていただきました。場所は、道後石手の老舗料理旅館『栴檀』さん。

 

20120814  2美味しいお料理に舌鼓を打ちながらしばし歓談した後は、出席者それぞれが『チカミハウス』施行中の思い出を語る事になりました。そもそも昭和初期の古民家の改造という事でしたが、なるべく使えるものは使おうという事で、施工期間は半年以上にも及び工事に関してもそれぞれに苦労があったようです。今回弊社は施工が伴わなかったので、初めてお聞きする話ばかり。聞けば聞くほどに、『チカミハウス』がいかに困難な現場であったかを実感。松田棟梁の言葉にも思いがこもります!

 

20120814  3私はタモの木の事などを比較的まじめにお話させていただきましたが、途中から『笑わせるネタ』の折り込みが「強要」、いや自主的にされるようになり、皆さん面白おかしく思い出が語られていきました。本当は結構厳しい現場であったはずなのに、それが笑いに転化され施主さんはじめ皆が笑えるという事は、やり遂げた実感があるからこそだと思います。業者全員が「妄想建築家」㊧と「頑固棟梁」㊨の旗のもとガッチリ一枚岩になった現場であった事を確信する宴となりました。

 

20120814  4今回は工事中にあまりお施主さんと材料についてお話する機会がありませんでしたので、妄想建築家さんのお許しをいただいて、宴の席でお施主様ご家族の隣に席に座らせていただきいろいろお話させていただきました。世代的にも家族構成も似ていて、共感できる部分も多く、もっと早くお話させていただきたかったと悔いるばかり・・・やはりもっと頻繁に現場に通わなければならないと深く反省。それでも最後にこういう機会を与えていただき本当にありがたい事です。

 

20120814  5最後のお施主さまのご挨拶で、「引っ越して暮らしてみてもなかなかこの家に馴染めない。それはどうしてかと考えてみたら、皆さんのこんな熱い思いのこもった作品だから。皆さんの思いをしっかり受け止め咀嚼して、我々の家となるように大切に暮らしていきたい。」と、身に余るお言葉。子どもさん、奥さんからも御礼の言葉をいただき、妄想建築家作+頑固棟梁演出の長きにわたった『チカミハウス劇場』の最後は感動のフィナーレとなりました。素晴らしいご縁に感謝いたします。『チカミハウス』に幸あれ!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Scroll Up