森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

木は山だけにあるのではない』そんな事を言った10数年前、同業者からは「何を戯言を!」と相手にもされませんでした。材木屋は、木材市場か製材所から木を買うモノという固定観念があって、その道から外れるものは負け犬、アウトサイダーと思われていました。当時はまだ街路樹などを入手するルートも分からず、またルートがあったとしてもそれからどうするかという事が自分の中で定まっていなかったので、街路樹の伐採現場に遭遇すると、「あれが全部廃棄されるのか・・・モッタイナイなあ」と唇を噛んでいました。

それから月日は流れ、【森のかけら】や『モザイクボード』、『森のたまご』、『森のしるし』などさまざまな樹種の多様な出口が定まり受け入れ態勢が確立。するとそれまでどうやって繋がればいいのか分からなかった造園屋さんとの関係が、向こうからやって来るという幸運にも恵まれ、造園屋から材木屋へのパイプラインが出来ました。その後はどうやって繋がったのかも分からないぐらい自然な流れで次々と複数の造園業者とも繋がり、受け入れの条件を厳しめにしないとダムが崩壊しそうな勢い。

街路樹や公園だけでなく個人の庭から出てくる庭木の話もあるのですが、愛媛の山から産出するのを待っていたらいつのことになるのかわからないような樹が、不意に持ち込まれてきたりと、庭木の多彩なバリエーションはとてもありがたい。とはいえ、木であればなんでもかんでもというわけではなく、ある程度の大きさ以上という事にしてもらっています。大きさだけの条件だと、それを軽々と乗り越えてドンドン集まってくるのが『クスノキ』。庭木や街路樹の中でも圧倒的なボリューム!

全国の巨樹ランキングの上位を独占するクスノキですから、その一族も大きく、受け入れのひとつの基準である尺上(約300㎜オーバー)もクスノキに限っては低いハードル。以前は特定の樹種ばかり集まっても仕方がないと考えて制限していましたが、今では新たな出口も出来て、それはそれでどうにか使える目途も立ちました。しかしあまり入口を緩めすぎると『楠専門店』みたいな事になってしまいます。キャパオーバーにならないように入口と出口のバランスを操ることが庭木・街路樹材を扱う者にとっての命題




ある時に突然ある樹種の端材がまとめて入ってきたり、同時期に各地から同じ材に注文が入ったりと、「端材世界」にも「モッタイナイ神の見えざる力(あるいは気まぐれ)」が働いているとしか思えない事がありますと言ったら大袈裟かもしれませんが、そう感じることがよくあります。「捨てる神あらば拾う神ある」と言われますが、誰かがいらない、売れないといったものが、ご縁があってうちに流れてきて、待ってましたと喜んで買っていただく方に巡り合ったりと世の中不思議なご縁でつながっています

出だしが多少大仰でしたが、先日弊社にやって来たのがこちらの『シラカシ(白樫)の端材』の梱包。まだ【森のかけら】にするぐらいのシラカシの端材は多少残っているものの、いずれ仕入れておかねばと考えていた私にとってはまさに僥倖!とりあえず市場でシラカシは仕入れているものの、生材なので使えるレベルに乾燥させるまでに数年かかり(乾燥機に入れると割れやねじれ出やすいので極力自然に乾かしたい)、在庫が無くなった時に谷間が出来そうで心配していたのです

シラカシという樹種特定の注文なんて、年に数件ぐらいではあるものの、弊社に声を掛けてこられるのは大概ホームページで検索されていろいろ探して辿り着かれた場合が多いのです。折角期待して声をかけていただいた時に「ありません」とは極力言いたくない。そもそもシラカシの場合は、建築材のような大きな用途ではなく、柄とか棒、器具などの小さな用途がほとんどなので、特に小さな注文に対しては「うちが何とかせねば!」と勝手に燃えてしまうのです。

という事で思いがけず手に入ったシラカシは、丁寧に1本ずつ加工して店頭とオンラインショップで販売していこうと思っています。端材ですので大きなものはなく、すべて長さも1m以内。幅もせいぜい ㎜、厚みも25~30㎜程度で、本当に『小さな出口』対応用です。太鼓の撥(バチ)や柄として時々まとまった見積もりが来るのですが、こちらに余裕があって注文が入って欲しい時には波静か。在庫が少なった頃に、それでは足りないぐらいの量の問い合わせ。これも材木屋を傲慢にさせないためにモッタイナイ神の見えざる力(あるいは気まぐれ)が働いているのか?




雨が多いと気になるのは雲の大きさばかりだけれど、心の広さに比べてみれば別にたいしたことじゃない♬って、さだまさしさんの歌がありましたが(HAPPY BIRTHDAY )、雨が続くと材木屋が気にするのは木のコンディション。弊社の小さな倉庫に入る材には限りがあって、倉庫の中に入りきらなった材は外の差し掛け屋根の下で保管しています。でっかい倉庫でもあればいいのかもしれませんが、大きいと大きいなりに使ってしまうので結局同じことだと自分に言い聞かせています(涙)。

いったんしっかり乾燥してしまえば、実は少々雨に濡れたぐらいでも大丈夫なモノなのですが、それにしても濡れないにこしたことはありません。なので、風の向きも考慮して、ここぐらいまでだと雨が吹き込まないだろと数センチのせめぎあいが繰り広げられています。手前の方の木は濡れてもひと風吹けばすぐに乾きますが、風が強くて奥の方にまで雨が吹き込むと厄介。風通しが悪いと、しばらくすると見たくもない光景にお目にかかることもあります。

ちゃんと名のあるキノコの仲間だと思うのですが、私にとってはエイリアンが材木屋の商売を邪魔するために宇宙から持ち込んだ細菌兵器としか思えません!私の中では映画『宇宙戦争』の凶暴エイリアンの姿がオーバーラップしています。きっとそのうちここから何か最悪な胞子が飛び出してきてひとを襲うに違いないッ!この丸太は、直径が小さくて形がいびつだったので、製材できずに半割だけして、何か使い道でもあれば儲けものと外に積み上げていたモミジバフウです。

なのでエイリアンに宿主にされても痛くもかゆくもないのですが、侵略されてはたまらないのでどうにかせねばならないと思っていたら、さすがにこの暑さで敵もまいってしまったようで、すっかり弱体化してしまいました。エイリアンといえども地球の今年の異常な暑さまでは計算にいれていなかったか。当初はラーメンに入っているキクラゲのようにプニプニして思わず採取しそうになったほどでしたが今は見る影もなし。エイリアンの野望こうして果てて、材木屋の平和は守られたのです。




昨日に続いて『森のたまご』の話です。『プレミアな端材』(あくまでも私の独断と偏見ですが)の出口として『森のりんご・プレミアム』を作りましたが、あんまりに幾つもあちこちにプレミアムの出口を作りすぎると折角のプレミアム感が薄くなってしまうので、ここではあまりプレミアさにはこだわっていません。スギヒノなどの汎用性の高い針葉樹とは差を明確にするため一応、ベーシックとスペシャルとプレミアの分類はしています。

今後も『プレミアのたまご』はあまり増やしていく予定はありません。現在プレミアとして在庫があるのは、『ウェンジ』、『ゼブラウッド』のみ。最初は『チューリップウッド』や『キングウッド』、『リグナムバイタ』なども作ったりしましたが、人気・販売の両面でも『森のりんご』とは大きく差がついたので、プレミナな木材の出口は今後は『森のりんご』に集中していく方向です。それ以外の新しい出口が見つかれば方向転換の可能性はありですが・・・。

『森のかけら』や『森のりんご』に比べると商品としての立ち位置が弱いこともあって、作ってはみたものの販売的には苦戦しているのですが、それでも直角が多い弊社の商品の中では貴重な曲線を持つ商品なので、普段見ることの少ない曲面が見れるというだけで自分的には満足しているのです。まあそれでは商売にはなりませんので、少しでも多くの方にその存在を知っていただこうということで、オンラインショップでも販売させていただくことにしました。

スギクスノキオニグルミなどの身近な木でも作っているので、『森のりんご』よりはリーズナブルな価格でいろいろな種類の木の曲面と触り心地を楽しみたいという方は是非どうぞ!自立できるので、集めてただただひたすらに眺めていたいというコレクターにはうってつけの商品かもしれません。たまごの裏面には3ケタの数字がレーザーで彫ってありますが、『森のかけら240リスト』の番号です。なおプレミアの木は『プレミア36』のリストに準じています。




商品が揃っていないからというわけでなくて、ただただ私の怠慢でオンラインショップにアップできていなかった『森のたまご』ですが、ようやくオンラインショップでもお買い求めいただけるようになりました。今頃?って感じで大変恐縮なのですが・・・ここで改めて商品の説明もさせていただきます。端材の出口の基本である【森のかけら】ですが、当初から50や60㎜もあるものを小さく削る事に抵抗がありまして、わずか数㎜の差(かけらは仕上がり35㎜)なのですが、その数㎜が焼却炉の塵となるのはどうしても許せない・・・という『モッタイナイ』から生まれたのが『森のたまご』。

同時期に『森のこだま』という商品も作っているので話をややこしくしているかしれません。Lサイズのニワトリの卵ぐらいの大きさで、自立するのが『森のたまご』で、それよりふたまわりぐらい小さくて自立できないのが『森のこだま』です。似たような商品が同時期に出来た理由は上述通りなのですが、商品名をつける時に大いに悩みました。私の中では先に『森のたまご』があって、後から『森のこだま』が出来ました。自立するのにたまごってどうなの?と思われるかもしれませんが『たまご』という言葉を使いたかったというのが本音。

 

問題はそれより小さな楕円形の商品の名前。形だけで考えればこちらの方がより『たまご』らしいものの、卵型のものをうまく言い表して分かりやすい言葉が『たまご』と『こだま』ぐらいしか思い浮かびませんでした。もちろんそれぞれの頭にはシリーズ商品としての『森の』という言葉が付きますので、それを付けた上での言葉の響きも大切にしたかったのです。より小さな玉ということで、『小さい玉木(こ)の玉(木の葉などの〔こ〕)のダブルミーミングから『森のこだま』に決定しました。

そういう命名の裏話もありますが、大きさが違うのと自立するかぐらいの違いしかないため、混同される方も多くて、イメージ的には小さな方を『森のたまご』だと思い込まれているケースも多々あり。せめてしっかり用途が分かれていればまだ区別しやすいかもしれませんが、そこは弊社の『森のかけらシリーズ』の共通コンセプト『楽しみ方も自分で考えてね、そこを考えられるのも木の魅力』なんて、ハナッから「作り手側が放棄」してしまっているので余計に混乱するのだと思います(笑)・・・続く




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Scroll Up