森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

★今日のかけら・#078【椴松/トドマツ】マツ科モミ属・針葉樹・北海道産

折角、北海道からわざわざトドマツ王子こと吉田良弘さん[㈱ヨシダ:代表取締役]がご来店されたので、本日は『トドマツ』にスポットをあててみます。トドマツはマツ科モミ属の常緑高木で、エゾマツと並んで北海道を代表する木のひとつで、【森のかけら】にも含まれていてその知名度から考えればもっと早くに取り上げるべき木なのですが、四国に住む私にとっては馴染みの薄い木なのです。全国的な視点で日本の森を見た時に、北海道のエゾマツ、トドマツは当然外せない重要な樹種でした。

ところが個人的には【森のかけら】を作るまで北海道産のトドマツを実際に見たことも使ったこともなかったのです。勿論写真や画像では見ているし、情報としては知っていたものの、そのものに触れた事がありませんでした。エゾマツのほうは、たまたま昔目にする機会があったのと、『木のもの屋・森羅』で家内が仕入れた全国各地の木工品の中にエゾマツ製の経木(きょうぎ)懐紙とかがあったので、見たこともないわけではなかったのですが、いずれにせよ大きな意味での「材木」としては見たことがありませんでした。

トドマツは、マツ科であるもののモミ科ということで、アカマツやクロマツなどのいわゆるマツよりもモミに近く、色合いもモミのように心材と辺材の差が明確でありません。北海道全体の森林面積のおよそ3割がトドマツという事(人工林の蓄積量の中のおよそ4割を占める)で、資源量も多い分、その用途も広く、軽量で色白で加工性もよいことからさまざまな分野で利用されています。中でも卒塔婆などの葬祭具経木漬物樽、米櫃、茶道具箱、食品の保管箱など有名で人々の暮らしを支えてきました。

吉田さんのところでは主に土木資材、建築材、梱包パレット材などに利用されています。圧倒的な資源量がそれを支えているようですが、集材は周辺100キロにも及ぶのだとか。本州でのスギやヒノキの役割を担っているように思われます。【森のかけら】のラインナップに加えた際は、他の北海道産の広葉樹も欲しかったので、別の製材所に依頼したのですが、数年前から吉田さんにお願いしてトドマツを送っていただいています。そうして届いたのがこちらのトドマツ。開封すると北海道の香りが?!続く・・・




木に貴賤なし!が私の信条ではあるものの、得手不得手はあって、実はマツ全般がちょっと苦手だったのです。厳密に言えば、生材のマツ。フローリングなどの製品となったものは、苦手どころか歓迎するほど好きですが、未乾燥のマツが苦手なその理由は2つあって、その1つがしつこいマツヤニ(松脂)でした。しかしこちらはハンドボールクリーナーによって解決。もう1つの理由もそのヤニに関する事なのですが、加工時の目詰まり。弊社では基本的にオイル塗装なので、仕上げは超仕上げではなくサンダー

超仕上げとは、加工された材を再度カンナで薄く削って仕上げる技法の事で、より滑らかさや光沢を得ることが出来ます。一方でサンダー仕上げとは、表面をベルトサンダーなどで磨いて仕上げる技法の事で、艶や光沢は無くなるものの、塗料の吸い込みが良くなります。オイル塗装をする場合にはサンダー仕上げの方が適しているとの判断から弊社ではサンダー仕上げを基本としています。マツの場合、見た目には溢れ出るようなヤニが見当たらなくとも、サンダーをかけるとすぐに目詰まりしてしまいます。

それですぐにエンドレスベルトを取り換えなければならなくなってしまうのです。他の樹種であれば何度も使えるベルトが、よく乾燥したマツであればそれほどでもないものの、生材だったり乾燥が甘いと1回の加工で完全に目詰まりしてしまうこともあって、これが続くと結構な出費。そういう理由で生のマツが苦手になり、マツの丸太の仕入れには二の足を踏むようになりました。なので今回も積極的に働きかけたわけではないのですが、木との縁も一期一会ですので、あえて苦手な分野にも飛び込んでみました。

そしたら、マツヤニクリーナーとの出会いがあって、苦手な理由の1つが解消。更にもう1つの苦手理由を解消できる画期的な商品(目詰まりしたベルトサンダーにこすり当てると目詰まりを除去できるベルトクリーナー)にも出会うことが出来ました(まあこちらは現在注文していてまだ使ってはいませんので、実際にどこまで優れものなのか検証していませんが)。これも『かけらの神』のお導きだと思っています。そういう道具を与えるから、マツも毛嫌いせずにきちんと出口まで面倒見ろよとの、無言の圧力




きっとマツを挽かれる製材所などでは、当たり前の話なんだと思うのですが、私はそれまでヤニは材木屋の証として耐えるものという前時代的なものの考え方だった(ただそういうものを探すのが面倒くさかったとも言う)ので、このモルテンのクリーナーは衝撃でした!最初、どれほどのものかと少し疑っていたものの実際に使ってみたら、ヤニが落ちる落ちる!あれほどしつこかったヤニが掌から浮き上がるように剥がれていくではないですかっ!これは素晴らしい~。今まで知らずに随分損をした気分。

成分は界面活性剤と石油系溶剤とのことですが、クリーナーだけでなくハンドボール専用のマツヤニまで販売されていました。落とした後若干石油臭さは残るものの、どうせすぐに掌は木の匂いで包まれます。あまりに気持ちよくヤニが落ちるので、初めて使った日は何度も何度もそれを繰り返してしまいました。ヤニからの解放がこれほど爽快な気分になるものだったとは!そこから先はマツの整理にも気持ちが入って、作業もスピードアップ。3t車山盛り3台分ぐらいあった板も綺麗に桟積み完了しました。

誰かにやらせればいいのにと思われるかもしれませんが、こうやって桟積みしてこれからひたすら太陽と風に任せて1,2年は乾かしていくわけですから、それがどういうものであったか自分の目で見て、記憶に焼き付けておかないと、乾燥後にどういう価格設定にするのか、どのサイズの板をどういう用途で使うのかなど戦略も練れません。なによりこれからしばらくは会えなくなるのですから、乾燥して立派に成長する前の姿を見ておかなかったら、とても1,2年も辛抱して待つことなんて出来きるわけがありません

直径600~800㎜ぐらいの立派なアカマツでしたが、ヤニっ気の多いのと少ないのが混在していて、ヤニの多い方は切った小口から水飴のように溢れ出しています。一方でヤニっ気の少ない方は表面もそれほどねとつきがなく、小口からの滲み出しも見られません。さあこれから長い乾燥期間を経てこれらがどういう風に成長変化していくかが楽しみです。乾燥の経緯を確認するために、数枚は倉庫に立て掛けて様子を見ていくつもりです。これで私の中のマツの苦手意識は少し薄れたものの、実はもう1つ苦手な理由が・・・




ある研究によると、およそ全ての色について女性は男性よりも色を識別する能力に優れており、より細かな色の違いを見分けることが出来るそうなのですが、高校生の娘たちと話しているとそれはよく分かります。男が識別能力に欠けるという事もあるかもしれませんが、それよりも細かく識別する事自体に興味がないということもあると思います。娘たちが話している服の色の微妙な差にどれほどの意味があるのか、それが分からない・・・。これは男性が、というよりも私個人的な見解です。

視力とかいう話ではなくて感受性の問題なのかもしれませんが、服とかだけでなくて仕事である木の色についても言えることで、そもそも持っている語彙が少ないという事もありますが、木の色合いの微妙な違いを言葉で表現するのがとっても苦手。木の場合、伐採直後こそ水分が多くて瑞々しいものの、しっかり乾燥してしまえば全般的に色が淡くなるので、その違いも本当に微妙になるため、違いを伝えること自体容易ではありません。このブログを書いていても的確な表現が出来ず臍を噛むことしきり。

分かりづらい色の区別の中でも特に黄色が苦手なのですが、『カーキ色』なんて未だにどれがそれ何だかよく識別出来ません。薄くて淡い黄色ぐらいの表現で別に困ることのありませんが、先日加工した木材の利用用途に「カーキ色」の名前が!その木とは、中南米産のクワ科の広葉樹『タタジュバ(Tatayuba)』。国によっては『モラル(Moral』とも呼ばれる木で、高いものでは40m近くにまで成長する大木ですが、私も出会ったのは数年前の事で、未だにその明快な用途は定まっていません。

とりあえあず仕入れてみたので、これから探り探り適性を見つけていこうと考えているところです。気乾比重0.77で、非常に重硬でシロアリにも強く耐久性も高いため、海外では船材としても有力だそうです。他にも橋や桟橋など水に浸かる重構造物やボート、水槽にも利用されるのですが、材質以上にこの木を有名にさせているのはその色合い。仕入れた時は、表面がすっかり日焼けしていて濃い赤茶に退色していて本来の色合いが分からなかったのですが、削ると鮮やかなオレンジ色が現れました。




森のかけら】では国内外の240種を揃え、それ以外にもマニアックな材を扱い、『木に貴賤無し』をモットーとしている弊社ですが、本音を言えば苦手な木もあって、あえて無理してまで集めない木もあります。苦手とは具体的にどういうことかというと、材に癖があって取扱いに特別なノウハウが必要とか、その木のネタが少なくて盛り上げにくいとか、単に出口が少なくて売るのが下手とか理由はさまざま。木としてメジャーでネタも山盛りなのですが、ちょっと苦手としていて申し訳なく思っているのが実は意外にも『マツ』。

誕生木の1月にも選定しているし、ここが松山市という場所であるという事も考えれば、不遜な話だと思うのですが・・・。ひと口にマツといっても、アカマツクロマツ、エゾマツ、トドマツ、カラマツ、ヒメコマツ、更に海外まで含めるとベイマツ(ダグラスファー)サザンイエローパイン、メルクシパイン、ロシアンラーチなど樹種は多岐にわたります。森のかけらでもその中から5種をセレクトして『松の5かけら』を作っているぐらいですから、マツは仲間の多い木です。

更にその中でも丸太、耳付き板、製品など形状もさまざまで、フローリングやパネリングなどの最終商品に関しては日頃から大変お世話になっています。ここで私が苦手と言っているのは、耳付き板など丸太を挽いた状態のマツ。飴色に輝くマツの光沢などは大好きなのですが、私に距離感を抱かせる最大の要因はその重さとヤニ。小さな材の場合はそうでもないのですが、ちょっと大きな耳付き板とかになると、乾燥したといってもかなりの重量。私の場合、材を持った時、納品時の事までイメージします。

最終的に自分も納品に関わることになるので、若い頃にはそうでもなかったもののさすがに最近はあまりに重たい材は少し辛くなってきました・・・。まあそれは人数でカバーも出来るのですが、問題はヤニ(脂。マツにとっての生命線であるのですが、若い頃からどうにもこのヤニが苦手で、ついついマツと距離を置いてしまうことに。昔、長野で初めてマツの脱脂乾燥を見たときは衝撃を受けたものです。私が高校生の頃に建てた実家の床に使ったマツは、今でもヤニが噴出しています。ヤニも木言葉同様に長寿です。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up