森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20100331 アバターいよいよ明日から新年度が始まります。大きな変化の1年でしたが、来年もっと大きなうねりが、遥か沖の方でビッグ・ウェンズデーの胎動が伝わってきます。今年度以上に激動の1年になりそうです。それも望むところ!多くの方との出会いで随分世界も広がりました。『アバター』の惑星パンドラに迷い込んだのかと錯覚するほど、きらびやかなまぶしい世界も体験させていただきましたし、まだまだ木材業界に潜む未知の野獣達とも遭遇させていただきました(身に覚えのある方、あなたの事です!)。新たな扉を開けるたびに、どこが不況なんだと驚愕しつつ己の努力不足を感じております。

20090707 久万郷2地元の木材業界に同世代が多く、そのほとんどと固い結束で結ばれているというのも天佑だと思います。ならばそれを活かさない手はないし、志ある者は更に人のつながりを広げてくれます。今後の展開の中で異業種とのコラボも増えてくると思いますが、根っこは『』であることは変わりません。職種としての材木業にこだわるのではなく、あくまで『木を扱う人』としてこだわっていきたいと思います。学者やコレクターになってもいかず、それで商いをしつつも目標とするところは、『木の好きな変な小理屈じじい』です。『カールじいさん』のように改心はしません、出来ません!

CAZB96I8 【森のかけら】もお陰様で世界への扉を開ける事が出来ましたが、世界の木材フェチ、いや木材ファンを満足させるような新商品の開発も必要です。安定供給を確立するためにも旅にも出ようと思っています。最近全国各地から道場破りのようにやって来る木材馬鹿者どもの所にも行って酒を、いやお話をしなければなりません。新しい潮流になりそうですが、こういうのはあまりきっちりした形にせずに、あくまで自然体がいいですね!しかし、江戸のこだま浪花のブラックパイソン越前之国の赤まむし・・次々と現れる奴等の目的は何なのでしょうか?いかん、脱線しそうです!彼(→)もなぜ?

R0014306しかしこの数年の新たな出会い・体験で、少々は感性の波を乗りこなすコツも会得しました。本当のサーフィンは全く出来ませんし、泳ぎも得意ではありませんが、感性の波だと溺れても死ぬことはなさそうなので思い切って波乗りに挑めます。もうそろそろ、『いつかきっと』は卒業し、『明日ではなく、今日きっと』やるを実行しようと思います。理屈をあれこれ考えるのは性に合いません。やってみて失敗でも死ぬこたあないと腹をくくって動きます。次第に役者も揃って参りました!春の陽気で暖かくなってきたせいでしょうかか、胸の奥の方がなにやらザワザワとしてきましたぞ!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up