森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20100414 朝日新聞 英語版記事①

朝日新聞のネットの英語版に、『Loopto』の記事が掲載されていましたと、愛媛銀行の三宅さんよりメールがありました。早速覗いてみると、『Ehime 』の文字が!残念ながら英語が苦手なので原文では理解できず、自動翻訳にてどうにか内容を理解。原文でスラスラ理解できれば格好いいんですが。まあ英語よりも先に自国の言語もろくに理解出来てませんから、まずはそちらから頑張らねば。ブログを始めてから尚更自分の語彙(ごい)の少なさに呆れており、この言葉昨日も使ったなあと思いながらも相応しい言葉が出ずに使い回しばかりしていて本当に恥ずかしい・・・。

CA343929さて記事の内容は、変なイギリス人が(変なとは書いていませんでしたがたぶんそういうニュアンスだと思います!)愛媛で面白いことを始めました・・・というご紹介ではありましたが、こういう風に記事に取り上げていただくのはとてもありがたい事です。特に『Loopto』は海外に向けての情報発信なので、海外向けとか海外のメディアに関心を持っていただくのは大歓迎。そういう取材の申し込みがあれば喜んで喋るのですが、日本語で!熱い通訳がいないと伊予弁の熱意が伝わるかどうか心配ですが、そこは熱き大和魂を持つ変なイギリス人・トムがいますから!

R0013536

三宅さんもトムと同類の変な銀行マンです、次々と私に『面白い人』をご紹介いただきます。初めてお会いすると、妙な笑いを浮かべられる方もいらして、(ああ、この人が例の、みたいな感じで)三宅さんは相手の方にどういう風に紹介しているのか心配になる事も多々ありますが、そうズレてもいないんでしょうね、きっと(やや自覚もありますので)。同感性価値創造推進室の小池陽一郎さんも気分が良くて実に楽しい人です。中央のナイスな笑顔の人(後ろが三宅さん、その後ろで天を仰いでいるのが変なイギリス人)。まあどうしてこの人たちはこんなにお酒がすきなのでしょうか!

20100414小池さんは楯山親方(元玉春日関)と大学の同級生で、相撲マニア(!)で、大学の時は確か海外文学を専攻していてシェークスピアを学んでいたはず(きっと)。おおっ、相撲にイギリスといえば、乙亥相撲の町・野村町出身にして横綱・照国の名をいただく私に、イギリス人のトムとつながりました!こういう風に『森(ひと)の5かけら』も生まれていくのです。みんなどこかでつながってます。彼等金融マンらしからぬ変で楽しい人融マンのお陰でいろいろなメディアで取り上げていただきありがたいですが、やはり次は海外ですな!

★楯山親方は14日来松されて、県庁で会見され、愛媛でもスカウト活動を始められるようです。いでよ、第二の玉春日!同郷の一員として楯山親方のご活躍を祈念しております。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up