森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

201004225月の8日(土)、9日(日)の2日間、ロープウエイ通りの『えひめイズム』にて、木のイベントが開催されます。タイトルは『森のかけら物語 ~木と語ろう、木を語ろう Vol.1~』、そうです【森のかけら】メインのイベントを開催していただきます。もう既に週代わりのような勢いで、各出展企業のさまざまなイベントが開催されて、たくさんの人が集まっているようですが、遂に弊社にもお声が掛かりました。『えひめイズム』は単なる物産館ではありませんので、やはり情報発信していくという事を実践していかなければなりません。そのためには、出展企業自らが行動しなければ!

R0016125なによりも自分の声で喋るのがイチバンです。しかし2日間ありますから、ず~っと喋りぱなしとう訳にもいきませんので、木にまつわる企画が必要です。本日は、その企画の打ち合わせです。『エスデザイン』の佐野さんと『えひめイズム』の菅さんとでご相談。私は企画やアイデアは出てくるほうだとは思うのですが、思い浮かんだものを行き当たりばったりで羅列していくだけなので、佐野さんのような交通整理に長けた方がいないと、中身が盛り沢山の割りにシチャカメッチャかです。私のアバウトな提案を1つ1つ冷静的確に整理していただけます。

3まさに『必殺!仕事人』ならぬ『必殺!仕分け人(これはあくまでも賛辞ですぞ!)。以前ご紹介した『少し大きめの忍びの者・パルスデザインの大内さん』とともに絶妙のコンビです。お二人を見ていていつも思うのは、『ひとの話をよく聴かれる』という事です。相手が最後まで言葉を言い切らないうちに、自分が喋って言葉を被せてしまう私にとって、とても尊敬できる大人の対応です。気をつけてはいるのですが、とにかく忘れっぽいので今思った言葉は口に出しておかないと勿体無い、という焦燥感に常に支配されているのかもしれません。ほぼ無意識に喋っていますので質(たち)が悪いですね・・・。

DSCF0484 20100114 テレビ東京取材⑫それはそうとイベントの方は、結構盛りだくさんな内容になったと思います。両日とも①『森のかけら講座』を1~2時間ほどさせていただきます。講座といいましても講師は私ですので、難しい話は一切しません、出来ません!いつものネタである木の名前の話やエピソードをご紹介させていただくというような内容になると思います。その講座以外の時間は、そのスペースで簡単な踏み台を作れる木工体験(有料です)。③『大切な人への一筆献上コーナー』では、10日が母の日という事なので、【木言葉書:きことのはがき】の中の『親愛なる母の木に捧ぐ』栂を使って、母親へのメッセージをその場でしたためていただきそこから投函していただきます。またイベントコーナーの壁際には、④『ちょこっと端材』コーナーを設置して50円~10,000円程度の材を陳列・販売します。⑤『レーザー工房・絆』さんによるレーザーの木彫実演販売。⑥『木の名前当てクイズ』などなど・・・。

 

5配置や備品の事なども含め佐野さんがしっかりコントロールしていただきました。とりあえず形は出来ましたが、まあ後は実際にやってみないと分からない事もありますが、なんとかなるでしょう!いろいろなイベントで場数を踏ましていただきましたので度胸だけは身に付いてきました。腕のほうは相変わらずですが・・・。仕分け人はこの後も予定がビッシリのご様子でしたが、最後は童心に返っていただき少しだけ和んでいただきました!イベントの詳しい内容は『えひめイズム』のHPをご覧下さい。こちらでも後日改めてお知らせ致します。お楽しみに!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Scroll Up