森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

20120509 1いよいよ本日より、【森のしるし 戦国家紋シリーズ第一弾】が販売開始です!詳しくは、ホームページ「商品紹介」の中の「森のしるし」をクリックしていただければ詳しい説明を書いております。一部内容が重複しますが、販売開始の日ですのでブログでも触れておきたいと思います。【森のしるし】こと、木製のマグネットが初めてこのブログに登場したのは、昨年の年末に「エコプロダクツ2011」の時でした。ノベルティグッズとして採用していただいた事が契機となり商品開発へ!

 

20120509 2あれから半年、寝かしに寝かせて満を辞しての販売開始となりました。当初はレーザーでの加工を視野に入れて進めてきましたが、ユニークで技術力の高い「はんこ屋」さんとの出会いがあり、はんきに方向転換。それから一気に話が進み、そこからは商品製作そのものよりも、いかに物語を膨らませるか、その味付けや盛り付けに時間を費やしてきました。共通のスペックで多種類というコンセプトはお手の物ですの、後はそれをどれだけ集めたくなるかの仕上げが肝心です。

 

20120509 3現在日本には約3万もの家紋があるとされています。西洋の王家の紋章などと違い、ほとんどの家に家紋が伝わり権力の誇示としてではなく、子孫や一族の繁栄や絆を願うシンボルとして伝えられ使用されてきました。日本の苗字はおよそ30万とされていますから、10家にひとつは同一の紋を持っている事になりますが、それは世界に類をみない日本独自の文化で、植物や動物、器物、文字や図符を取り入れた家紋は、日本のオリジナルなデザインです。

20120509 4しかしその家紋を何のテーマも無しにただ沢山作っただけでは意味がありません。どういう意図でどういう組み合わせにして、どういうテーマを持たせるか、それこそがコレクターの収集魂をくすぐるのです!それで第一弾として選んだのが、家紋としては鉄板の『戦国武将シリーズ』です。そもそも家紋は長い歴史の中で手が加えられ洗練されてきたもので、「いつ誰が作った」という明確な記録はありません。その呼称も時代や地域で異なるものも多数存在します。なので文献を調べていけば調べるほどに、どれが正しくてどれが誤りなのか・・・。明日に続く!

 

詳しくはこちらをどうぞ→【森のしるし 戦国家紋シリーズ第一弾




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up