森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

今日のかけら・#193 【バルサBalsa マメ科・広葉樹・中南米産

 

森のかけら240】における鬼門のひとつが、「世界でもっとも軽い木」の称号を持つ『バルサ』です。文字通りその軽軟さは、スポンジか発泡スチロールのごとし!他のかけらと持ち比べてみれば、「おお~っ!」という感嘆の声が聞けるのは間違いありません。更に、『リグナムバイタ』を片方の手に、『バルサ』をもう片方の手に持ち比べる『世界最重量VS世界最軽量対決』は、鉄板の人気を誇り、どこに行っても行列が出るほどの人気!しかしそれゆえに世界最軽軟の木は辛い運命を辿る事に・・・

皆から愛される『バルサ』は、どこでも誰にでも手厚い(手荒い)歓迎を受け、軟らかすぎるその体はあっという間にボロボロに・・・。掌で思い切り握るだけでダメージを受けるほど繊細な・・・いやいやこれも宿命です五感で楽しむ木の正しい愛され方なのでしょう。しかし、加工や取り扱いの際の気遣いは半端ではなく、ちょっとの事ですぐに凹んでしまうナイーブな性格は、私のような大雑把人間には不向き!それでも『世界最軽量』の感触を味わってもらうためも次の入荷を急がねば~!

その特徴については、実際に入荷した際に触れますが、今日はその用途について。バルサと聞いて、男の子がまず頭に浮かぶのは「模型飛行機」!・・・だと思っていましたが、最近の子供たちには馴染みがないようです。それを売っていた模型屋や玩具屋も すっかりなくなってしまいましたし、そういう手作りのアナログなおもちゃに興味もいかないのでしょう。私も昔はよくプラモデルを作ったものですが、精巧などとは縁遠いチープなものでもそこに手作りの愛着と満足感があったものです。

さて、その昔の懐かしい手作り感とバルサの用途を繋ぐもの、それが『ウルトラセブン』なのです!今愛媛県美術館で開催している『館長 庵野秀明 特撮博物館』にはまだ行けてないのですが、それに関連したラジオ番組があり、配達中の私はラジオから流れる懐かしい特撮の話に耳を傾けていました。するとその中で関係者が、話の流れの中でひと事だけ触れられた「バルサ」という言葉を私の中の高性能セブンイヤーは聞き逃しませんでした。それは、名作・ウルトラセブンとともに・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Scroll Up