森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

松山市内で開催された、松山市役所産業経済部地域経済課主催の『台湾ビジネスセミナー』に参加させていただきました。ジェトロ・アジア経済研究所新領域研究センターの佐藤センター長による「台湾の現状」と、魔法網際股份有限公司の我らが松本眞司総経理による「台湾で開いた店の現状報告」の2部構成です。愛媛・松山と台湾の関係については、今までにも何度か紹介してきましたが、松山市は台湾の台北市と友好交流協定を結んでいて、台北松山空港と愛媛松山空港を結ぶチャーター便が就航しています。

余談ながら松山市は他にもアメリカのサクラメント市、ドイツのフライブルク市などと姉妹都市関係にあり、松山市内の通りに「サクラメント通り」、「フライブルク通り」の名前が冠されています。台湾の話に戻りますが、台湾には世界最大手のスポーツ自転車メーカー・ジャイアントがあり、海峡を横断できるサイクリングロード「瀬戸内しまなみ海道」に力を入れている愛媛県にとっては関係性の深い共通点も多く、今後も観光、文化、スポーツなど様々な分野での両都市の交流が期待されています。

そういう地盤があって、松山と台湾の相互理解と交流を深める拠点としてのコミュニケーションスペースとして『168 PLACE(いろはプレイス』さんが開設されました。2014年のオープン以来、弊社も商品を出品させていただいています。ちなみに『森のかけら』は『夢的碎片』、『森のしるし』は『森林的徽章』、『誕生木』は『森林誕生樹』と訳したいただいています。まだまだ台湾の木材マニアの琴線に触れるには至っておりませんが、手に取って見れるものがそこにあるというのは相当な強みです。

今回のセミナーは、これから台湾に進出しようとか、台湾の企業とビジネスを始めたいという方向けだったようで、台湾で女性初の総統になった蔡英文政権の課題など台湾の現状についてかなり時間が費やされ、168 PLACEの現状と展望については時間が足らず駆け足での紹介となってしまい、松本総経理のディープで生々しい台湾ビジネスの裏側ネタを期待していた私としては物足りなかったのですが、公の場では喋れないようなダークサイドについては、お酒の席で個人的にご教示いただこうかと考えております。

それにしても海外ビジネスについてはこの数年で環境が激変。最後のフロンティアとばかりに、日本国内の本社を畳んでまで意気揚々と中国に進出した企業の悲惨な末路を見るにつけ、中国は恐ろしい国であると思わざるを得ません。更に大統領の弾劾、相次ぐ財閥の経営危機でもはや死に体の韓国、暴走止まらぬ北朝鮮と、混迷の続くアジアにおいて、残された聖地は親日の台湾しかありません。数年前には想像もしなかった台湾とのご縁が、それぞれ違う土壌から幾つか生まれ始めいずれ1本に繋がりそうな「胸騒ぎ」が・・・。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up