森のかけら | 大五木材

4月4日は地元のローカルルールで、会社はお節句休みでした。もう40年も続いている慣習なのですが、毎年県外の取引先からは「会社の電話が通じないが何かあったのか?!」と同じ質問をいただいております。つぶれたりしたわけではないのでご安心ください。ところで、年に数回あるかないかの平日の休みで、子供たちもちょうど春休みで、女子チームは遠方にお出かけしましたので、久しぶりに息子とふたりで映画を観に行くことに。珍しく二人の意見が一発で一致して決まったのが『キングコング 髑髏島の巨神』!

そういえばここしばらく仕事が忙しいこともあって映画館からすっかり足が遠ざかっていました。嗚呼、映画館の中のポップコーンとジュースの混ざり合った甘ったるい匂いが郷愁を誘う~。朝一で並んでいい席を確保しようと意気込んで中に入ってみれば人もまばら。うちは節句休みでも世間は普通の火曜日の朝。いきおい休んでここに座っている自分が不安にあっているものの、今どきどれぐらいの会社が節句休みしているのかよく分かりませんが、周辺の大工さんは休んでいるので、いいんだぞと自分を納得させます。

そんなもやっとした不安は、コングの咆哮によってすぐに吹き飛ばされました。なるべく事前情報を入れないようにしておいたものの、映画の予告編で既に全身を見せるという怪獣映画のタブー破りはかなりの自信の現れだと理解し、相当に期待して臨みました。結論から先に言いますと、親子で大満足!コングが暴れるシーンはほぼ昼間で、昔の怪獣映画にありがちな「暗闇の中で想像力をフル回転させながら妄想の怪獣を楽しむ」という、予算不足を想像力で補うという観客の思いやりは一切不要でした。

CG技術のレベルの向上のお陰で、明るいところで全身を思いっきり見せながら戦うというのが昨今の怪獣映画の流れのようで、むしろここまで作りこんでるぞ~!とこれみよがしに見せつけられるので、昭和の怪獣世代としては何か気恥ずかしさすら感じてしまうような不思議な感覚。まあそれでも、こういう様々な種類が登場する怪獣映画ではありがちな、なぜあいつと戦わないんだ~というマッチメイクの緩さによる消化不良もなく、まんべなく「敵」とたっぷり戦ってくれて怪獣ファンの溜飲を下げてくれたのです。




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up