森のかけら | 大五木材

ホームページにオンラインショップを開設して以来、全国各地から沢山ご注文をいただいているのですが、その中にさまざまな端材を販売する『ちょこっと端材』というコーナーがあります。それとは別に、ちょっとレアな木材については『ちょこっと銘木端材』というコーナーがあって、そこではレースウッドゼブラウッド、バーズアイメープル、パープルハート、サッチーネなどの端材を販売しています。その中でも特に人気の高いのが、人工的に作ったのではないかと思うほどに強烈な色合いのサッチーネ!

材の特徴については『今日のかけら』で紹介していますが、『ブラッドウッド(血の木』という別名を持つほどに真っ赤っかで、製材でもすれば製材機周辺は惨劇の現場に変貌。左の写真は、そのサッチーネを削った際に出た大鋸屑ですが、写真で撮る目視で感じるブラッド感は伝わりにくいかもしれませんが、結構な赤身。弊社に入っているのは、サッチーネを板に挽いたものや加工したものだけなので、サッチーネの丸太を見たことがないのでどれぐらい白太が含まれているのか分かりません。

板やデッキサイズに加工したものは全身赤身なので、挽いたり削ったりしても大鋸屑もサンダーの削り粉もすべて真っ赤っか!通常、濃い赤身の木でも少しは白太部分が混ざっているものなので、挽いたり削ったりすれ赤い大鋸粉の中に多少は白い大鋸粉が混ざるものですが、サッチーネの場合は全身赤身ですので大鋸屑とて貴重。ということで、この真っ赤な大鋸屑も草木染めの原料として販売することにしました。とりあえず現在準備中で、サッチーネだけでなく色合いの強い木の粉を集めているところ。

いずれオンラインショップでも販売するつもりです。今は大鋸屑や大鋸粉でなく材のみの販売ですが、最近特に人気が出ていています。販売しているのは小さなサイズなので、恐らくその色合いを生かしてクラフトや寄木細工や柄、器具などに使われているのだと思いますが、この木を入手した10数年前には「こんな色の強い木は建築では使いきれないか売れない」と相手にもされなかったことを思うと、時代は徐々に変わってきているのか、ようやくそういうステージに辿り着いたのか、いずれにしてもこれから増々人気の出る木です!




オンラインショップ

Archive

Calendar

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up