森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

映画『猿の惑星』は、ヒトとの最終決戦を経て、次第に文字通り猿の惑星化していくわけですが、今日は映画そのものとは別の視点で考えてみます。木にとってはヒトとサルいずれが支配する世界がいいのか?リブートシリーズでは、製薬企業の中で生まれた幼猿シーザーは、連れて行ってもらったサンフランシスコのミュアウッズ国定公園の中のセコイアの巨木の枝から枝へ飛び移りながら、猿としての本能に目覚めていきます。その時、木々の隙間から見えた金門橋は後に悲劇の舞台となるのですが・・・

セコイアの森はやがてシーザーたち覚醒したサルの「ホーム」となります。その後サルたちは山の奥へと移動してそこに大集団が住む砦を築きます。覚醒したとはいえまだまだ複雑な作業ができないため、使える素材は主に木。丸太を伐って(折って?)並べたり組んだりして寝床や武器を作っています。見ようによっては、アパッチ砦のようでもあり、巨大動物園の屋外展示施設のようにも見えますが結構な迫力。しかし悲しいかな防火設備を備えないその砦は、大火で焼失してしまいます。

砦を追われてもサルたちには地形を生かし、木を使うしかないのです。鋸を持たないサルたちがいくら木を使おうともその量は微々たるもの。やがてサルたちは高い知性を備えるようになると、木だけでなく石も使うようになります。オリジナルの1作ではサルは石造りの家に住んでいました。知能の発達に合わせて、木の利用も飛躍的に進むと思われますが、映画を見る限りでは大量の森林破壊が行われた様子はありませんし、必要以上に自分たちのホームを破壊する理由も見当たりません。

サルたちが支配する世界では当たり前のようにサルと木々の共存が出来ているように思われます。恐らくその世界では、世界一の巨木・ジャイアントセコイアのような大木が森を覆いつくして、原始の森のような光景が広がっていることでしょう。しかしいずれサルも進化し、鋸を作り広葉樹を縦に割る技術を身に着け、木をただの素材と見なし、巨木への畏怖を忘れた時、ヒトと同じような道を歩むのかもしれません。リブートシリーズの中に1編ぐらい、巨大化した原始の森を舞台にした『巨木の惑星』も観てみたい。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2021年3月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up