森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

弊社のオンラインショップに先日アップしてみたのが、ロマンスグレーの渋い『エイジングパネル』。恰好よさげな名前をつけていますが、要は日焼けして灰褐色になった杉板をカットして裏に桟を付けただけのもの。ひと昔前であれば、日焼けして灰褐色になった時点で商品価値は無くなり、焼却炉行きになっていましたが、今やこの質感が求められる時代。そういった材がありませんか?という問い合わせもあるぐらい。狙ってそうしているわけではないものの、材木屋にはどこにも少しはそういう材があります。

弊社でもかつては、『さっさと売らないから売り物にならなくなってしまった材』という残念と失望の材でありましたが、時代は変わりました。もともと商業店舗などでは、昔の古材を装飾的に使うことはあったものの、最近では個人の住宅などでも使いたいという要望が急増。そういうわけで、弊社でも意図せずそうなってしまった材の出口として商品化してみることにしました。それがこちらの『エイジングパネル』。まだ試作段階なので、今後仕様も根本的に変えるのかもしれませんがとりあえず。

試作サイズは430X430X24㎜、エイジング杉板が12㎜で裏の桟厚が12㎜。接着剤で止めているだけですが、反応を見てビスなり金物で接合するかもしれません。実は試しに作っている途中から、それを見て面白がって、本格生産するなら使いたいという人が数人いらして、エイジング材の人気を肌で感じています。試作と言わずにもっと作ってみたらとも言われたのですが、生憎というか幸いというか、そういう風な状態になったエイジング材が少ししかなかったため、パネルサイズで8枚のみの試作。

もしこれで評判がよかったからといっても、すぐにロマンシンググレーが作れるわけではなくて、そこは時間がかかります。ということで、調子に乗って早速エイジング材の製造に入ることに。つまり日焼けさせるわけですが、そこは『モッタイナイイズム』が背骨である弊社のこと、まっさらの新品をそんな事にはしません。ちょうど秋の台風で大雨に晒されて使い物にならなくなってしまった材があったので、それを裏の土場に並べて計画的生産を開始。これから数か月、何もしない仕事があります。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Scroll Up