森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

いよいよ『おとなの部活動』として公式の最終イベントが終わりました。四国中央市のまなべ商店さんで2日間にわたって開催された『えひめのあるうれしい日』が盛況のうちに終了。私は仕事の関係で最初の日にしか参加できませんでしたが、天気にも恵まれ沢山の方がご来店。次から次へと入れ代わり立ち代わりまなべ商店ファンがやって来られて、まなべ商店さんがどれほど地域に密着しているのかを強く感じる一日となりました。こうして参加メンバーが一堂に揃ってイベントを開くのも本当にこれが最後。

まさかここまで続くとは、ましてここまで大所帯になるとは思ってもいませんでしたが、縁とは不思議なものです。お陰で畑違いの異業種の方とも沢山知り合いになりましたし、そういう出口を得ることも出来ました。それぞれに情報発信力があって、異常なほどにキャラの立っているメンバーが集っていることもあって、それぞれの店のファンもかなりマニア度が高い!活動の後半は女性が急増したこともあり、弊社の客層とはまったく違うアウェイでのイベントでの戦い方も勉強させていただきました。成果は別として。

会場となるまなべ商店さんが、四国のおいしい食材を扱うお店という事で、まな板やカッティングボード、お箸、スプーンなどの木の食器もいろいろお持ちしていたのですが、一緒に出店されていた地元・四国中央市の『くう食堂』さんに耳付きの大きな木のまな板をお買い上げいただきました。恥ずかしいので顔出しはNGということですが、逆にそれで木の大きさが分かると思います。大量に入手したモミジバフウユリノキの丸太ですが、その一部は輪切りに製材してもらっていて、そのうちの数枚を磨いて仕上げたものです。

早い段階で芯に穴を開けて、割れが放射状に広がるのを阻止していたのに、展示会当日気を許した隙に直射日光を浴びてしまい少し干割れが出てしまいましたが、それでバックリ割れるようなことはありません。昔は材木業界でまな板といえば、ヒノキの長方形のモノが定番でしたが、最近では円いイチョウ,ホオをはじめ、樹種もキリ、カヤ、ヤナギ、カツラと樹種も広がり、形も輪切り、変形から厚みもさまざま。こんな身近な生活用品すらまだまだ出口は広がりそうで、いかに自分の頭が凝り固まっていたか思い知らされる。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up