森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

以前にこのブログで書きましたが、弊社のある場所が「宮内伊予柑発祥の地」ということで、会社の周辺では柑橘の栽培が盛んです。そのお陰で、ミカンをはじめ剪定したいろいろな果樹の樹を分けていただいています。時には果実のなりが悪くなって根元から伐採した大物が手に入ることもあって、これぞまさに地の利!先日も近所の農家の方から声がかかり、スモモ(李)の大きめの幹を分けていただきました。直径およそ300㎜オーバー、二股に分かれていたり、伐採の理由となった腐りはあるものの、使いどころはたっぷりあります!

スモモの中でも『大石早生』という種類で、以前にも別の農家の方から『大石早生』と『サンタローザ』を分けていただきました。その時のスモモがつい最近やっと【森のかけら】として世にデビューしたばかり。建築用材と違ってこれらの木は人工乾燥機に入れるわけにはいきませんので(木が小さくて曲がりくねっているので、急激に乾燥させると暴れたり割れたりして使い物にならなくなる)、時間をかけてジワジワと天乾させるしかないので、モノになるのは相当の時間が必要になります。なのでこのスモモも世に出るのは数年後。

農家の方から伐採したから取りにおいでとお声をかけていただいたものの、仕事が忙しくて4,5日の間取りに行くことが出来なかったのですが、そしたらその間に伐採したスモモの幹に花が咲いていました!通常であればそのまま置いておくと芯割れが進むのでさっさと割るのですが、樹木としてはその生を終えるはずの幹の枝からいじらしく咲いたスモモの花を見ていると、さすがに花もろとも製材する気にはならず、しばらくの間放置することに。端材まで細かく仕分けしていると金の亡者のように思われますが、私とて人の子。

ささやかな一輪の花に震える心も持ち合わせているのです(笑)。その一方で、スモモの精霊がその様子を見ていて、「心優しき材木屋よ。その花を救ったお前の優しさに免じて、果実種の幹をお前に授けよう!」なんて事が起きないかなあと、腹黒い事も妄想していたりしているのですが、そのせいかどうか、昔に一度だけたまたま手に入ったので、バリエーションのひとつとして【森のかけら】に加えてみたものの、一時は欠品後に入手する方法すら分からず困っていた果実種ですが、いつの間にか自然に集まってくるように・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up