森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

昨日に続いて映画の話です。先日観た、『シェイプオブウォーター』(The Shape of Water)について。監督は、あのロボット映画の金字塔『パシフィック・リム』を作ったギレルモ・デル・トロリドリー・スコットと並んで、次に作る映画が待ち遠しくてたまらない、必ず新作を映画館で観なければならない映画監督のひとりです。次にデル・トロが撮るのは、声を失った女性と半魚人の恋を描いた映画という情報が流れた時から、必ず観に行くと決めていたのでなるべく余計な情報は入れないようにしていて正解でした。

これを書いている今もあまり情報入れていないので間違いあるかもしれませんが、こういう映画は自分の感性で語るべき映画だと思うのであまり人の意見は読まずに書いています。上映時間が2時間を超えていて、最近寝不足の私としては途中で眠ってしまわないかと心配していましたが、本当にあっという間の2時間で睡魔に襲われる暇もありませんでした。まだ観ていない人、これから観ようと思う人は読まない方がいいかもしれませんが、これはデル・トロの『異形なるモノへの愛』に溢れた映画です。

半魚人といえば、過去に『ヘルボーイ』でも登場させ、そこでも半魚人の切ない恋を描いていましたが、今回はそれがスケールアップして昇華されたスピンオフのようでもあるし、人魚が閉じ込められている研究室は前に見たような設定で、続編でも観ているかのような錯覚に陥りました。今回の半魚人はアマゾンで現地人たちから神と崇められていたが、米軍に捕らえられ軍事研究のために秘密裏に連れてこられたという設定ですが、台詞で語られるのみで、具体的な映像はありません。その普通にそこにいます感がまたいい。

『ヘルボーイ』も『パシフィック・リム』もそうでしたが、普通ではない異形なるモノが存在する理由をくどくどと説明したりせずに、それが現実、それが当たり前と受け入れた前提で物語はスタートします。なのでこういうテーマを扱っていてもデル・トロの映画は暗くならずにどこか明るく前向き。言葉を失った清掃婦のサリー・ホーキンスが半魚人と恋に落ちたあたりからみるみる表情が魅力的になっていくのですが、彼女を支える脇役も素晴らしくて、こんな奇想天外な話なのにグイグイのめり込まされていくのです。続く。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up