森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

弊社のわずかな神代木の中で、ひときわ異彩を放つ木があります。それがこちらの『神代朴』。言わずもがなですが、長らく地下で眠っていて掘り出されたホオ(朴)の木です。九州の宮崎県で出土したもので、手に入れたのは10数年前のこと。ご披露しようしようと思っていたのですが、モノがモノだけに何かいいタイミングがないかしらと探っていたらすっかり遅くなってしまい今頃になってしまいました。満を持してのご披露です!実は同時期に同じ『神代朴』を数枚仕入れししましたが、あまり状態がよくありません。

辺材部分はほとんど朽ち果てていて『神代』なんて形容するには申し訳ないような品質ではあるのですが、その中にとんでもないお宝が潜んでおりました!それほど大きくなかったと思われるサイズの朴の樹皮に近い部分ですが、辺材が朽ちてすっかり小さくなってしまっています。それを板に製材してみたのがこちら。普通に考えたらとても使い物にはならないような凸凹の端材・・・だと思われるでしょう。ところがこれをひっくり返してみると!なんということでしょう~!

なんと、この形は~!そうです、本州なのです!北は北海道から西は山口県までが見事に表現された『神代朴の本州』なのです!決して人工的に加工したわけではなく自然だけが造り出した奇跡の造形美。北海道から東北にかけては信じられないくらいの仕上がり!ちょっと琵琶湖が思い切り東北にずれてはおりますが、ちゃんと湖となっています。関西から中国あたりがやや未完成っぽいのですが、もしかしたら地下で神々が作成中だったものを途中で掘り出してしまったのかもしれません。もう少し掘り出すのを待てば見事な日本全体が完成していたのかも?!

とりわけ私が気に入っているのは日本海から北海道にかけての造形。このアングルから撮影したら、これは誰がどう見ても日本でしょう!!朽ちて生まれた凸凹が入り組んだ海岸線を見事に表現!能登半島もあります。綺麗に磨いて額にでも入れて飾ろうかなとも思っていましたが、ここに眠らせてしまってはモッタイナイので、『森のかけら累計70,000個突破記念セール』の目玉のひとつとして思いきって販売することにしました。本当は、四国、九州の神代朴も見つけて『神代朴全国地図』を完成させようと無謀な事も考えていたのですが・・・

自然が造り出した奇跡の産物だけに、全部集め終わるまでにはこちらが化石化しかねません。このまま磨いて飾っていただいてもいいのですが、楽しみ方のひとつとして高級ジオラマという手もあるので、ご参考までに「北海道で(苫小牧あたり?)、下北半島を背に怪獣ガヴァドンと戦うウルトラマン」を設えてみました。数百年かけて自然が造りたもうた産物に不遜?いやいや、これは日本地図として表現してこそ意味があるのです。オンラインショップ〔かわりものカテゴリー〕にて絶賛発売中ですので、物好きな方是非どうぞ!!

http://shop.morinokakera.jp/?pid=135530700




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Scroll Up