森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。
★今日のかけら #063【神代朴/ジンダイホオ】 モクレン科モクレン属・広葉樹・宮崎産

土中に数百年もの間埋まっていて、道路工事などで偶然掘り出された木、土埋木(どまいぼく)。「埋もれ木」とも呼んだりしますが、あまりにも長く地中にいたため、地下水や土中の成分、圧などによって元の木とはまったく異質なものに変成し、色合いも風合いもすっかり元の木とは違うモノに化けてしまうものもあります。愛媛でも稀に出土するものの、訊こうが温暖なこともあってか、コンディションのよい状態で出てくることはほとんどありません。

弊社にある土埋木もそのほとんどが東日本で掘り出されたものです。経年変化によって独特の風合いを醸し出していて、ものすごく雰囲気があるのですが、中に炭化しかかっているようなものもあり、本来の木の性質は既に損なわれてしまっています。なので乾燥に伴いどういう風に変化していくかが分からないので、精度が求められる用途には使いにくく用途も絞られます。若い頃にその面白さに惹かれて土埋木で建具を作って痛い目に遭いました。

何事も経験です。ところでそんな土埋木の中でも、とりわけ保存状態がよくて、木目や色合いなど総合的に判断して銘木的な価値のあるものについては、特別に「神の代(みよ)から土中に眠り続けられた木」として、『神代(ジンダイ』という冠が授けられるという話は以前にも書いた通りです。銘木の世界では神代と呼ぶには、最低でも500年~1000年ぐらいは土の中でお眠りいただいていないと、ふさわしくないとも言われていたりします。

そういう意味では弊社はあまりに気軽に神代を使いすぎていて大変不遜ではあるのですが、500~1000年ものの歴史的価値のあるような高級銘木とは縁の無い零細材木屋ゆえ、どうかご容赦いただきたい。そんな弊社にある神代木といえば、秋田富士とも呼ばれる名峰・鳥海山から出土した『神代杉』や『神代欅』。旭川から出土した『神代楢』や『神代楡』、『神代タモ』。珍しいところでは『神代胡桃』なんてものもありますが、銘木屋からは笑われるレベル。明日に続く・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Scroll Up