森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

標高1982m、愛媛が誇る西日本最高峰の山、石鎚山。40歳半ばまで一度もお山登りしたこともなかった信仰心薄き私が、この5,6年前の間に10回以上も訪ねることになろうとは。といってもその内、頂上の天狗岳まで登ったのは2,3回だけでそれ以外は、お山登りの入口も入口の、麓駅からロープウェイで登っただけなので、正確には石鎚山の市口に行ったという事ですが・・・。まあそれでもこの5,6年は、8月11日の『山の日』に家内と石鎚山に行くという事が通例となっています。その目的は、石鎚登山ロープウェイ㈱さんからお声をかけていただいている山の日のイベントに出店するためです。今年のテーマは、『石鎚で冒険王になろう!』ということで各種イベントが賑やかに開催されました。

台風が接近していて開催が心配されていましたが、霊峰・石鎚山のご加護か、当日は日焼けが心配になるほどの見事な日本晴れ!昨年は大雨で愛媛県は大きな被害が出ましたが、台風の風については松山に住んでいて風の脅威をあまり感じたことがないのは、山そのものが御神体とされる石鎚山の強大な力のお陰だと思っています。ほとんど信仰心のなかった私にすらそんな事を思わせるようになるのですから石鎚山恐るべし!さて、当日は朝の9時頃に麓に着いたのですが、既に駐車場は満車に近い状態でした。

これは、前日や早朝から天狗だけ目指してお山登りに来られた信仰心の厚い方たち。山の天気は変わりやすいので、天気のよい日に集中するため、お盆休み期間中にお山登りしようとするとどうしても集中してしまうのです。恐らくその日などは、天狗岳付近はかなり混雑していたのではないかと思われます。しかしそのお陰で眺めは最高!日差しは強いものの爽やかな風が吹いて絶好のイベント日和。数年前までは子供たちも一緒でしたが、次第に部活だの補修だので来れなくなって、すっかり夫婦ふたりが板につくようになりました。

この数年毎年同じようなスタイルで出店させていただいているので、毎年楽しみにやって来られる家族連れもいらして、中には顔馴染みになって声を掛け合う方もいらっしゃいます。中には、このスタイルで夫婦で全国各地のイベントに出没している露天屋だと思われている人もいるのではなかろうかとも思うのですが、もうあえて否定もしません。なんなら尋ねられたら、そうですと言ってしまいかねないほどに、この数年で大五木材における仕事の軸足が非建築分野に移りつつあるからです。材木屋?いや、木のもの屋でございます

というか、もうあまり建築とか家具とかクラフトとかジャンルの色分けをすることに興味は無くて、どういう分野であれ木を使っていただける方と一緒に木を使った仕事がしたいのです。たまたま住宅分野の中で、弊社が得意とする種類の木が使われなくなってきている(私がそういう木に対して急激に興味を無くしている)という事もあって、今は建築以外の分野に積極的に関わっているという状況なだけで、自分が好きな木が活かせれるような場面があるのならば、何の分野でもいいのです。イベントの様子は明日・・・




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up