森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

山の日恒例の石鎚山のイベントは、ロープウェイ乗り場から少し離れたピクニック園地というところで開催されます。最初の数年は、あちこちどの場所がいいのか試していましたが、最近はここに定着しました。このスペースは石鎚登山道とは完全に離れていて、家族連れでバーキューをしたり、冬にはスキー、夏にはグラススキーやウォータースライダー、スラックラインなどが楽しめる場所として整備されています。なのでここに来られる方たちは登山目的ではなくてここが目的でやって来てのんびり過ごそうと思われているので在時間も長い。

そのためしばらくは芝生で楽しく遊んでいた子供たちも休憩がてら集まってきて、木の玉プールに入ったり、木工をしてくれます。端材などを用意しての木工体験では、毎年ここで夏休みの工作をこなしくいくつわものもいれば、どうやって家まで持って帰るのかと親を困惑させるような巨大オブジェを作り上げる子もいます。最初は遠巻きにみていた親御さんも、こうしたほうがいいとかボンドが多いとか遠隔操作していたのに、そのうち我慢できなくなって参戦し、子ども以上に熱くなって自分の作品を作り上げるのも恒例。

毎年その日にここでバーベキューをされる家族連れや友達グループもいて、そんなところの子供たちは常連さんで、道具の使い方も手慣れたもの。「今年はこんなもの作ったよ」と見せてくれますが、他人様のお子さんながら、去年に比べて急に背が伸びたりしていたり、おとなびていたりして驚かれることも。子どもって今までは出来なかった事が、ある年齢から急に出来るようになったりしますが、そういう成長の過程の中にも木のモノがあるといいなあと、こういう姿を見ていて感じます。森のかけら」20段積みも続々とクリア!

少し前にこのブログでも紹介した木製バランス遊具『Wobbel(ウォーベル)』をこの日も持ってきましたが、こどもたちに大人気!こどもたちに下手な説明は要りません。めいめいが楽しく遊び方を考えて楽しんでいました。自分でもいろいろ商品を考えたりしますが、多くが素材中心の物語性を帯びた感性商品のため、使い方を訊ねられるのが苦痛でして(自分で考えろよ~!なんて腹の中で思ったり)、そんな事をヒラリと乗り越えてこどものハートをわしづかみにしているWobbelを見るたびに、これぞ『本物の木の出口』と感服します。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up