森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

ほとんどの材木屋、製材所さんはこれを見て、「廃棄処分すべきゴミ」あるいは「チップ」、なかには「バイオマスの原料」なんて思うひともいるかもしれませんが、いずれにせよ『必要部位を取った処分すべき残り物』という認識だと思います。実はこれ、弊社で『マツの木杭』を取った時の端材です。大五木材における木取りの優先順位の上位については昨日触れましたが、造作や家具を頂点に、その下には【森のかけら】や『モザイクボード』など30~35㎜角仕上がりの自社制作商品の貴重な原料という出口が控えています。

そうして【森のかけら】などの原料(40×40㎜の角材)を取るために更に細かく挽き割ると、残りはこんなペラペラなものになります。【森のかけら】では丸みは使えないので、耳のエッジの緩い部分などはどうしても使えません。そうやって残った、申し訳程度に樹皮に身(肉)がついた部分。これでもまだ焼却炉には行きません。ここから更に厚みが薄い商品、うちの場合だと仕上がりが厚み10㎜の『誕生木ストラップ』を木取りします。樹種によっては別のストラップに。

そうして残ったのがこちらの、触ればそれだけで折れてしまうような本当にペラペラの部分。さすがにここまで来ると、これを割ったり削ることの方が危険なので、これでようやく原料という名前が外れます。それでも少し肉付きよければ焼却炉ではなく、『ここ掘れワンワンお宝発掘』コーナーに移送。これはこの袋の中にあるもの無料なので、クラフトとかされる方どうぞご自由に発掘してもって帰ってくださいね、というコーナーです。残念ながら今の私の物差しでははかりきれなかったモノも、違う人の物差しだと生かせるかもしれないという大五木材の最後のセーフティーネットです。

それでも端材視点で見れば、「その上から目線が人間の傲慢さなんじゃ!まだまだ護摩木だっって、マッチ棒の軸だって、割り箸だって、取ろうと思えば取れるじゃろうが~!骨までしゃぶって使うというならせめてそれぐらいしたらどうじゃ~!」と怒られてしまいそうです。本当はここからもう一段階何かを取り出せればいいのですが、あまり行き過ぎると端材に軒先貸して母屋を奪われかねない(既に一部そうなりつつ場所もある)ので、心を鬼にして端材たちの声から耳を塞ぐか、体中にお経を書くしかないのです、合掌。

 




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Scroll Up