森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

鳥谷選手の退団と同じく残念だったのが、阪神タイガースの投手陣の屋台骨を10年の長きにわたって支え続けてくれた剛腕ランディ・メッセンジャー選手の引退です。毎年ほぼ200イニング近く投げながらも故障知らずの剛腕は、大の日本好きで遠征に行った各地のラーメンを愛した大和魂を持ったナイスガイでした。今年は開幕から我慢の投球が続いて、ファームでの調整もしながらの投球でしたが、全盛期の勢いは取り戻せませんでした。ランディがいるうちに優勝してほしかったなあ・・・

ほぼ2mの長身のランディと173㎝の梅野選手との身長差30㎝の凸凹バッテリーがもう見れないと思うと寂しい。その梅野選手が、ランディの引退に寄せて語った、「(ランディとバッテリーを組んで)成長させてもらった。感謝しています」の言葉も胸を熱くします。引退試合前の練習ではチーム全員が揃いのランディの背番号54の入ったシャツを着て引退に花を添えましたが、いかにランディがチームメイトから愛された選手だったかが分ります。嗚呼、本当なら鳥谷選手の引退試合も甲子園で壮大にしてもらいたかったなあ・・・

最後の試合後は、家族も呼び寄せて奥様とはグランドでアメリカ人らしく熱い抱擁をして、最後はチームメイトと集合写真。ランディには4人も子どもがいるのですが、引退といったってまだ38歳ですから子どもだってまだ幼い。野球選手としてはひと区切りですが、人生はまだまだこれから。スポーツ選手引退のニュースを見て、その年齢が自分より全然若いのに、と思い出してから随分経って、今はその世代が監督までしているぐらいなのですから。そういえば当初は同じように高身長体型のスタンリッジと見分けがつかなかったことを懐かしく思い出しました。

引退と言えば、敵ながら偉大なプレーヤーであったジャイアンツの阿部選手の甲子園での最後の打席は感動しました。ほぼ同世代の阿部と藤川球児選手のストレート対決にはしびれました!1級ごとに湧き上がる大歓声。うなる豪速球、全身全霊のスイング!グランドに流れるふたりだけの凝縮された時間。故障や挫折を乗り越えた互いのチームの看板選手だかたこそ、そに一挙手一投足にファンが思いを寄せるのです。ふたりが背負ってきた重圧やプライドが交錯する素晴らしい対決でした。勝つ野球も大事ですが、見せる野球も大切。ランディも阿部選手もお疲れ様でした。次のステージでの活躍も期待しています。




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Scroll Up