森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

先日、数年ぶりに商品を海外に発送。すっかりEMS(国際スピード郵便)の書き方も忘れるぐらい久し振りの「輸出」でした(笑)。今回のお届け先はタイでしたが、送料¥2,400。EMSは、世界120以上の国や地域に低価格で迅速に荷物や書類を送れるありがたい国際郵便サービスですが、送れる上限があって、地域によって条件が異なります。タイは、縦×横×高さの三辺の合計が1m以内。送るモノのサイズにもよりますが、タイまで¥2,400って、考えたら相当安い。海外販売って大仰に考えがちですが、送料だけ考えたら案外ハードル低い。

 

EMSだと最大で30キロまで送れるので、【森のかけら】も問題なく送れます。今まで、通常の箱入りの状態の【森のかけら100】を海外に発送したことはなかったので、実際どれぐらい送料かかるのか計算してみました。中身のセレクトにもよりますが、桐箱に入れた状態で重量はおよそ2~3キロ。とりあえず2,500gで計算してみると、EMSで台湾、中国、ラオス、ベトナムまで¥3,800。ニューヨーク、ドバイ、ニュージーランド、アラスカまで¥5,200。イタリア、オーストラリア、ロシアまで¥5,800。南アフリカ、アルゼンチンまで¥8,800。

調べてたら面白くなって、いろいろな地域ごとに料金検索してみました。ちなみに南極におけるフランスの地域は、EMSは使えませんが、日数かかる船便なら¥2,900(航空便なら¥5,900)、安いっ!これならいくらかこちらで送料負担してもいので、南極まで商品送ってみたい(笑)。一介の材木屋にとって海外にモノを売るなんて昔は夢物語でしたが、【森のかけら】などのオリジナル商品を作り始めてから海外販売も少しだけ意識するようになったものの、まだまだ遠い妄想の世界の話でした。

それがこの数年で、商品を台湾で販売してもらったりして、少し距離感が縮まっていました。台湾で生まれたご縁がたまたま同時期に2つ無くなって、具体的な海外販売への扉が閉ざされたかた思っていたら、この数ヶ月で偶然海外とのご縁がいくつか重なりました。タイへの商品発送、中国向け越境ECセミナーへの参加、木工材を求めてフランス人のご来店、フィンランドのハッリ・コスキネン氏の設計したホテルへの納材直接関係ないですが金沢の村本さんがアフリカのガボンに行かれる(笑)、これは引き寄せの法則?!

参加した中国向け越境ECセミナーでは、中国におけるオンラインショップ販売の現状と取り組みなどをお聞きしましたが、低リスクで中国向けに小口で販売できるシステムが急速に確立していて、行政や自治体からの支援も厚くなっています。以前は送料が大きな障壁だと考えていましたが、こうやって調べてみればたいした障壁でもない。やはりもっと本格的に海外を目指してみよう!しかもなるべく遠いところから。となると身近なところでは村本さんのガボンルートに絞るしかないか。ああ早く伝票の住所に「Africa Gabon」と書きたい!




オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2020年10月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Scroll Up