森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

以前に製材所からもらって来たマツの木の端っこの切り落とし。形がいびつで割れてねじれてそのまま廃棄されてしまうはずだったもの。誰が見たって「ゴミ」にしか映らないでしょう。そんなものもらって来てどうすんの?と思われるでしょうが、うちは製材所ではないのでこういう丸太の形のままの引き落としやいわゆる端材は自社では発生しないので、『丸太状の端材』に対する妙な欲求があるのです。いや、もうあこがれに近いようなものかもしれません。自分でもよく分りませんがきっとただの無いものねだりなのだと思います。

前に職業体験で地元の中学生を受け入れた時に、そのマツの輪切りの年輪を数えてもらいましたが、几帳面に年輪を数える彼らにとってはその輪切り丸太が割れていたり反っていることは関係ありません。彼らにとっての興味は、年輪幅が広くなっていたり細くなっていたりして、どうして年輪幅にこんなに違いがあるのかなあという事や、数えた年輪が80以上もあって自分の祖父や祖母よりも長く生きてきたという事実に向かいます。木は長生きするということを耳で聞くのと、実物を見ながら数えて感じるのとでは受け取り方も随分と違うはず。

木の仕事をしているとどうしても、まっすぐな木、ねじれていない木、節の少ない木など、人間の都合で『使いやすい木』が「いい木、良い木」で、そうではないものは「使えない木、悪い木」と考えてしまいがちです。事実この割れて反って歪な輪切りのマツだって、材木屋なら誰も見向きもしないことでしょう。これには価値が無いと思っているから。でもこのマツの年輪を数える彼らにとっては、初めて見る木の輪切りだったのです。彼らがそこに「いきものの足跡」を感じたとしたら、それだけでこの輪切りには充分な存在意義はあったのです。

『木の価値』を考えるとき、今までのものさしだけでは測れない魅力や楽しさや驚き、可能性なども基準にしようと意識はしているつもりですが、ついつい日頃の仕事に流されて、古いものさしで木を見てしまいがち。店にやって来る子どもたちのピュアな「この木、超かっこいい~!」とか「やべえ~」という言葉にハッとさせられることしばしば。そのたびに、また古いものさし出してたことに気づいて、ものさしを取り換えています。世の中に使えない木などなくて、あるのはそこに使えない脳があるばかり、猛省の日々。

今日のかけら番外篇・E048メルクシパインMerkusii pine   マツ科・針葉樹

先日、【森のかけら400】を作る!と宣言していろいろと波紋を巻き起こしていますが、それはそれとして、新しい仲間の候補に上げている木の中には、日頃からよく手にしている木もあります。そう聞くとおかしな話だと思われるかもしれませんが、その1つが『メルクシパイン』です。タイやインドネシア、ミャンマーなど東南アジアに広く分布する熱帯のパインの代表格で、積層フリーボードとしては昔から日本に大量に輸出され、弊社でも昔から取り扱ってきました。最近でこそ減ったものの今でも何かとお世話になっています。

なので非常に馴染み深くて、しょっちゅう手にした木なのですが、そのメルクシパインも【森のかけら】となると、とても遠い存在なのです。積層フリーボードは海外の工場で加工され完成したものが輸入されています。長さは4,200㎜で、幅は500または600㎜、厚みは25または30㎜が企画サイズということになるため、35㎜厚みの【森のかけら】をそこから取り出すことは出来ないのです。その積層フリーボード以外のサイズで日本に入って来ているメルクシパインを私は知りません。あとわずか数ミリの事なのですが、その数ミリが高くて遠いハードル。

北欧風のインテリアがブームになっていた数年前の頃であれば、単に『パイン』と言えばフィンランドやノルウェー産の北欧産の『オウシュウアカマツ(いわゆる北欧産のレッドウッド)』を指していましたが、今は一般の方は『パイン』と聞くとどの種類のパインの事をイメージされるのでしょうか。DIYをされる方ならホームセンターで見かけるこちらのメルクシパインの方をイメージされるのかもしれません。そういう意味ではもしかしたら、同じマツ科でも国産のマツよりもこちらのパイン(マツ)の方が馴染みがあるかもしれません。

私自身にとっても若い頃から馴染みのあるメルクシパインはどうにかして今回の【森のかけら400】には加えたいところなのですが、そうやってメルクシパインの事を考えていたら、突然そのご縁が巡ってきたのは、もう『引き寄せの法則』としか思えない!積層のフリーボードになる前の短尺材のそれがたまたま手に入ったのです。これは、『かけらの神』のご褒美かと舞い上がってものの、よくよく確認してみたらこれも厚みが足らず・・・。それでも少しはハードルが下がって、邂逅まで距離が縮まったような気がするのは私の思い過ごし?

オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Scroll Up