森のかけら | 大五木材


当ブログに記載の商品の料金、デザインは掲載当時のものであり、
予告無く変更になる場合がございます。
現在の商品に関しまして、お電話、又はオンラインショップをご覧ください。

道後のホテルで行われた『おとなの部活動/えひめのあるくらしの卒業式』の際に、思わぬ邂逅がありました。食事をしたフロアにはテラスに出られるようになっていて、いい気分に酔ったおとなたちは照明に照らされていたいい雰囲気のテラスで記念写真を撮ろうということになったのはごく自然の流れ。それでテラスに出ると、なんとそこには今までに見たこともないサイズの1本の『オリーブの古木』が鎮座ましましていらっしゃるではないですか!辺りが暗かったので、はっきりは分かりませんでしたが身の丈は枝先まで含めると3m程度?

傍らの看板には、「スペインから来た樹齢約250年のオリーブの古木」と記されてありました。後から調べてみると、1760年頃にスペインで芽吹き、2014年に船で運ばれてきてこの地に根づいたものだそうです。スペインではオリーブの木は太陽の樹と呼ばれ、古代より人々の生活に密接にかかわってきました。イタリア料理店などではオリーブで作られたプレートやサラダボウルなどの食器がよく使われていますが、最近はアフリカのチュニジア産の比較的安価なオリーブがよく使われています。癖のある濃淡の縞柄は国を問わず魅力的!

オリーブの木については、以前に香川県小豆島のオリーブ絡みで触れていますのでこちらをご覧下さい『今日のかけら/オリーブ』。当日は夜でお酒も入っていたこともあって250年生のオリーブの古木の樹勢までよく分かりませんでしたが、そもそもオリーブの木そのものが長寿で、200年、300年なんてまだまだ若造の部類。本場のギリシャには2000年もののオリーブもあると聞きますが、あくまでも推定年齢なのでどれほど高齢なのかは怪しいところ。まあそれほどまでにギリシャでは古代からオリーブとの結びつきが深いという事なのでしょう。

ちなみに日本のオリーブの聖地・小豆島にもスペインから海を渡ってやってきた1000年のオリーブの木がありますし、大阪の枚方にある樹木葬専門の霊園には500年と1000年のオリーブがあります。ぜひ一度お会いしたものです。古代ギリシャではオリーブは聖なるものとされていて、オリーブに傷をつけたり破壊するのはご法度とされていました。そのためこのような高齢のオリーブが残ってきたのでしょう。高齢木が残るには木そのものの性質以上にその木を取り巻く環境と理解が大切だなあとつくづく感じた次第。

3月に四国中央市のまなべ商店さんで開催したイベントでファイナルを迎えた『おとなの部活動/えひめのあるうれしい日』ですが、本日はその打ち上げ。どちらが目的かすらも分からないほどに、会場をどこでするかということだけで大いに盛り上がり、あちこち候補地が上がったものの最終的に松山市内のホテルに決定。3月で5年間続いたこの活動にもひと区切りがつきました。なのであくまでもお題目としては『おとなの卒業式』。こういう際には誰一人欠けることなく必ず全員が揃うというのがおとなのおとなたる所以。

普段の打ち上げでは途中で帰るメンバーも、腹をくくって飲めるようにそのままホテルに宿を取るなど準備も万端。さあ飲むぞと勢い勇んで会場に赴くと、驚きのオープンスペースのホール。ただでさえ、地声が大きく、我れが我れがと他人の話にかぶせていくことが持ち味のわれらおとなメンバーにとってこのオープンスペースはかなり忍耐を強いられることになるのでは!いやいや我々も良識のあるおとなとして最後ぐらいはシックに料理を楽しみながら、静かに思い出を振り返りましょう・・・化けの皮が剥がれるのにそう時間は必要なかった!

他のお客さんが引き上げるのに呼応するかのように徐々にわれわれのボルテージもあがり、いつもの豪快な笑い声に包まれました。おとなの部活動、こうでなくっちゃ!当然そこだけでは飲み足らず、その後はみんなで道後の町に繰り出すことに。4月の平日の夜という事もあって、道後の夜はひと気もまばら。観光にやって来た一団という体で、地元とおぼしき方に撮影を依頼し、閉店前の道後伊織店にも乗り込み店頭で大騒ぎ。さあ夜の道後で飲みなおそうぜと酔った一団が町を徘徊。周囲からはさぞ異様な集団に見えたことでしょう。

三澤厚彦さんの巨大なクマの前でこれが木彫りで無いのだこうだとグダグダ、昨年夏にオープンした道後温泉別館 飛鳥乃湯泉の前でふろに入るわけでもないのに料金がどうだのお湯の質はどうだのグダグダ、初めて愛媛にやって来た観光客という設定のコントが長引きすぎて、辿り着いた頃には目的の店は閉まっておりました。それでは泊まっているホテルの一室に持ち込もうということになってコンビニで飲み物、食べ物を文字通りのおとな買い。破れんばかりにパンパンに詰め込んだビニール袋を持って部屋に。

するとその部屋の鍵が見当たらないというお約束のコントをひと通りやり終わってようやく2次会が開催。宿泊者は浴衣に着替えていて、気分はおとなの修学旅行。もうすぐ枕投げでも始まらんばかりのノリで、ほとんど過去の思い出を振り返ることもなく、話題が次から次へと移ってあっという間に1時間、2時間・・・。そもそもは、ものづくり中小企業者の団体が、中長期的な戦略を描き、異分野の業界と連携し新たな需要開拓に取り組む事業というファンドでしたが、このチームワークは恐らく今後末永く語り継がれていくであろう、阿吽の呼吸で結び付いた奇跡の連携!卒業後もすぐに再会(再開)しそうで怖いほど!楽しすぎるご縁と素晴らしき仲間に感謝。

オンラインショップ お問い合わせ

Archive

Calendar

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Scroll Up